• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【占冠の湯ノ沢温泉】日帰り入浴でしょっぱい冷鉱泉が楽しめる森の四季

2014/7/18

湯ノ沢温泉

湯ノ沢温泉は札幌市と帯広市の中間に位置する占冠村の温泉地。富良野国道(国道237号)から少し入ったところに一軒宿の森の四季が標高約400mの山の中にポツンと建ちます。占冠の中心からは10kmほど離れ、このあたりには飲食店やコンビニなどはありません。占冠と言えば星野リゾート トマムが有名で、スキー場・雲海・アイスビレッジが人気です。占冠はアクティビティも豊富で、夏や秋はラフティング・クライミング・フットパス・登山、冬はスキー・スノーボード・スノーシューが楽しめます。また、金山湖からも比較的近いですよ。

▼ロッククライミングの聖地「赤岩青巌峡」
湯ノ沢温泉

トマム雲海テラス

星野リゾート 雲海テラスは帯広市の北西に位置する占冠村トマムにある人気の観光スポットです。リゾート地として有名で、夏はゴルフ、冬はスキーやスノーボードが盛況。2005年からは、夏場にスキー場のリフトを活用した雲海テラスを開始して、またたく間に人気観光スポットになりました。標高1088mに設置された雲海テラスには、カフェがある他、ヨガを開催しています。新鮮な空気を思いっきり吸い込んでくださいね。駐車場は無料。記事はこちら

▼雲海テラス
トマム 雲海テラス

金山湖

金山湖は南富良野町にある人造湖。金山ダムが1967年に完成して生まれました。北海道唯一の中空重力式コンクリートダムで、高さが約74mあります。ダム湖百選にも選ばれました。年間74万人も金山湖と金山ダムに訪れるほど人気がある観光地なんですね。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼金山湖
金山湖 南富良野

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは森の四季です。

森の四季

森の四季は1977年に開業した小規模温泉宿。現在は株式会社スポートピアが運営しています。2012年にリニューアルし、建物の外見と内装は山小屋に似た雰囲気で、なかなかのオシャレさです。建物内にはレストラン「森の四季」もあり、日帰り入浴者も利用できます。日帰り入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
占冠の湯ノ沢温泉

浴場には内湯と水風呂とサウナが1つづつ。白壁と木板を組み合わせた浴室はこじんまりとしていて、10人が入れるかどうかという大きさです。それでも太陽の光が降り注ぎ、気持ちの良い空間でした。

▼内湯が2つ
占冠の湯ノ沢温泉 森の四季

タイル張りの内湯は4人くらいが入浴できそうな大きさで、加温された冷鉱泉が使われています。水風呂は1人用で、天然源泉掛流の冷鉱泉で、蛇口から生冷鉱泉が出ています。水温は8度で、超冷たいです。

▼冷鉱泉の内湯
占冠の湯ノ沢温泉 森の四季
▼淡い黄色
占冠の湯ノ沢温泉 森の四季
▼温かい内湯
占冠の湯ノ沢温泉 森の四季
▼内湯
占冠の湯ノ沢温泉 森の四季

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、淡黄色、透明、塩味、無臭。飲泉が出来るようなので、蛇口の水を飲んでみるとかなりの塩っぱさ。慢性消化器病と慢性便秘に効果が期待されますが、あんまりたくさんは飲めませんでした。温泉成分の総計は9.627g/kg。なかなか濃い温泉です。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。

私が入浴した森の四季の雰囲気を動画で確認できます。

▼森の四季の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物冷鉱泉(中性等張性冷鉱泉)
源泉の泉温 8.0℃
ph 6.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、甲状腺機能亢進症、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。幼児:200円。
営業時間 11:00~20:30
休日 不定休、年末年始
駐車場 50台有
電話番号 0167-56-2311
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 694 752 866*60

宿泊施設リスト

湯の沢温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

森の四季(Mori-no-Shiki)
Booking

Comment

Comment