• 温泉
  • FamousSpots
  • EasternArea

【知床斜里のウトロ温泉】日帰り温泉と観光が楽しめる温泉地

2014/6/15

ウトロ温泉

ウトロ温泉は知床半島の中間にある斜里町ウトロの温泉街。別名知床温泉と呼ばれ、温泉施設が16軒程あります。積丹と弁邊礼文(豊浦町礼文華)とともに北海道三大絶景の一つと言われ、昔から知られた景勝地でした。1971年に温泉の掘削に成功し、知床五湖やカムイワッカ湯の滝といった知床半島の北側の観光拠点として発展しています。オホーツク海に沈む夕陽や羅臼の山々の景色も美しく、人気のある温泉地です。
ウトロ温泉マップ

▼オロンコ岩からみたウトロ温泉街
斜里のウトロ温泉

温泉街は漁港側と高台側に大きく分かれていて、漁港側に道の駅 うとろシリエトク・お土産屋さん・海産物販売店・飲食店・コンビニ・ガソリンスタンド・オロンコ岩・観光船の発着所があり、高台側に夕陽台・知床国設野営場・足湯シリエトク・レストランがあります。ウトロ漁協婦人部食堂・番屋・波飛沫・荒磯料理 くまのやが人気です。温泉街ですが、自然に囲まれているので、鹿や熊の目撃があるとか。鹿ならいいんですが、熊だと危険なので、早朝の散歩は気をつけた方がいいですよ。

▼夕陽台
斜里のウトロ温泉
▼ゴジラ岩
オロンコ岩 ウトロ 知床国立公園

夏や秋は知床クルーズ・自然散策、冬は流氷クルージング・流氷ウォーク・スノーシュートレッキングと年中楽しめる場所です。イベントは、知床流氷フェスが冬に開かれます。また、札幌とウトロの間には、イーグルライナーが走り、路線バスよりも早く到着することができます。

直通バス

■札幌からウトロ
23時15分 札幌発イーグルライナー

■ウトロから札幌
09時20分 ウトロ発イーグルライナー

オロンコ岩

オロンコ岩は知床のウトロにある高さ60mの巨岩。ウトロ港にあり、近くにはゴジラ岩や三角岩もあります。巨岩がゴロゴロしている地域です。このオロンコ岩には由来があり、昔、オロッコ族といういたずら好きな部族がこの巨岩を砦にしていたが、アイヌの人々にいたずらをする日々で、それに堪忍袋の尾が切れたアイヌの人々は鯨の模造をつくり計略をもって退治したとか。アイヌに伝わる伝説です。オロッコ族は実在の民族で、ロシアのサハリンに住んでいます。実際にあったお話かもしれません。入場料と駐車場は無料。詳しくはこちら

▼オロンコ岩
オロンコ岩 ウトロ 知床国立公園

知床五湖

知床五湖は知床半島にある原生林に囲まれた5つの湖とその景観を楽しめる観光地。秘境として有名です。手付かずの自然が楽しめる場所として、年間50万人が訪れます。冬は閉鎖され、5月~11月までの間のみ観光が可能です。敷地内には高架木道と地上遊歩道の大きく分けて2つの散策路と知床五湖フィールドハウスとパークサービスセンターの2つの施設があります。パークサービスセンターはレストハウスで、お土産や軽食を販売している他、トイレも備えられています。駐車場は有料です。詳しくはこちら

▼知床一湖と知床連山
知床五湖 ウトロ 知床国立公園

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯の滝は世界自然遺産になった知床にある日本でも数少ない滝の天然露天風呂。カムイワッカ川に温泉が流れ込み、滝になった場所に滝壺が生まれて、天然の湯船になりました。全部で4つの滝壺がありますが、現在は落石の危険があるため、一番手前にある一の滝までしか登ることができません。入場料と駐車場は無料。詳しくはこちら

▼駐車場附近から見たカムイワッカ川
カムイワッカ湯の滝 ウトロ 知床国立公園

フレペの滝

フレペの滝は知床半島の斜里町にあり、垂直に切り立った100m近い高さの断崖絶壁の割れ目から地下水が流れ滝になったもの。別名は乙女の涙。ホロホロと滝の流れる様子がもの悲しく見え、そう呼ばれています。景色がとても良く、ウトロ崎灯台やオホーツク海がとても美しく感じるスポットです。詳しくはこちら

▼フレペの滝
フレペの滝と遊歩道 ウトロ 知床国立公園

オシンコシンの滝

オシンコシンの滝は知床にある名瀑。落差80mのチャラッセナイ川の流れが二股に分かれて見えたので「双美の滝」とも呼ばれています。岩にぶつかって水が泡だち、白くなって見えるのが面白いですね。「日本の滝100選」にも選ばれているだけあり、迫力があります。一番上の展望台スポットは滝の水しぶきでかなり濡れるので、ご注意ください。国道334号沿いにあり、立ち寄りやすい観光スポットです。便所と売店があります。入場料と駐車場は無料。詳しくはこちら

▼オシンコシンの滝
オシンコシンの滝 ウトロ 知床国立公園

プユニ岬

プユニ岬はオホーツク海につき出した岬です。ここからウトロ港を一望でき、オロンコ岩やゴジラ岩もスッポリ画面に収まるビュースポット。夕陽の名所として、訪れる人がたくさんいます。流氷が一面に広がる冬の景色も壮観です。入場無料。詳しくはこちら

▼冬のプユニ岬
冬のプユニ岬

ウトロ漁協婦人部食堂

斜里町宇登呂漁協にあるウトロ漁協婦人部食堂。ゴジラ岩の麓にあります。近くにはオロンコ岩もありますね。建物はまさに漁港の食堂といった雰囲気。食堂内はそれほど広くはなく、カウンター席のみ。家族連れはちょっと辛いかもしれません。詳しくはこちら

▼ホッケが大きい
ホッケ定食 -斜里のウトロ漁協婦人部食堂-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは、夕陽台の湯、知床グランドホテル北こぶし、知床第一ホテル、知床プリンスホテル 風なみ季、ホテル知床、しれとこ村 つくだ荘、絶景の宿 知床夕陽のあたる家です。その他に宿泊施設としては、知床ノーブルホテル、いるかホテル、ホテル季風クラブ知床、知床温泉民宿 たんぽぽ、民宿 知床荘、知床の宿 民宿いしやま、しれとこペレケ、ボンズホームがあります。また、赤沢温泉の個人宅の湯という珍しい温泉もあるみたいですよ。

▼足湯シリエトク
斜里のウトロ温泉 足湯シリエトク

夕陽台の湯

夕陽台の湯は丘の上にあり、夏だけ営業する公衆浴場です。営業期間はだいたい6月~10月。すぐ近くには美しい夕陽が眺められることで評判の夕陽台と知床国設野営場があり、お客さんはキャンプ場利用者が多いです。特に夏休み期間はとても混み合うそう。入浴料は500円。建物内には、休憩室とコインランドリーもあります。

▼建物の外観
斜里のウトロ温泉 夕陽台の湯

浴場はそれほど広くはありませんが、清潔感があります。浴場には風呂が2つのみ。岩風呂の露天風呂と内湯です。それぞれ、5人程が入浴できそうな大きさ。露天風呂からの眺望は木々が邪魔をして、辛うじてオロンコ岩が見える程度でした。

▼露天風呂から眺める夕日
斜里のウトロ温泉 夕陽台の湯
▼露天風呂
斜里のウトロ温泉 夕陽台の湯

お湯はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、淡い黄色、透明、塩辛い味、無臭。温泉成分の総計は8.700g/kgです。手触りはツルツルした触感があります。その感触は内湯の方が強いです。飲泉も可能のようですが、飲泉所は見つかりませんでした。浴場内にはシャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレがあります。

▼内風呂
斜里のウトロ温泉 夕陽台の湯
▼内風呂からの眺め
斜里のウトロ温泉 夕陽台の湯

私が入浴した夕陽台の湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼夕陽台の湯の様子

泉質 ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 61℃
ph 7.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円、子供:250円。
営業時間 14:00~20:00
休日 10月~06月
駐車場 20台有
電話番号 0152-24-2811
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 757 540 339*76

知床グランドホテル北こぶし

知床グランドホテル北こぶしは1960年に創業した大型温泉ホテル。ウトロ港附近に建物があり、北こぶしグループが経営しています。最上階に露天風呂があり景色が良いと評判です。入浴料は1000円。西館の8階に展望大浴場「大海原」と大浴場内露天スペース「汐音」があり、西館屋上に空中露天風呂「星の湯」があります。8階と屋上は階段でつながっているので、着替えることなく移動できます。また、残念ながら浴場・脱衣所は撮影禁止です。

▼建物の外観
斜里のウトロ温泉 知床グランドホテル北こぶし

浴場には露天風呂が2つ、内湯が2つ、薬湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。お湯はナトリウム−塩化物泉で、淡い黄色、透明、塩辛い味、無臭。温泉成分の総計は10.03g/kg。シャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。宿泊も可能です。

▼大浴場内露天スペース「汐音」(出典:知床グランドホテル北こぶし HP
知床グランドホテル北こぶし
▼展望大浴場「大海原」(出典:知床グランドホテル北こぶし HP
知床グランドホテル北こぶし
▼空中露天風呂「星の湯」(出典:知床グランドホテル北こぶし HP
知床グランドホテル北こぶし

知床グランドホテル北こぶしの雰囲気を動画で確認できます。

▼知床グランドホテル北こぶしの様子

泉質 ナトリウム−塩化物泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 67.8℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(2)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:1000円。子供:500円。
営業時間 14:00~20:00
休日 なし
駐車場 120台有
電話番号 0152-24-2021
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 894 854 356*81

知床第一ホテル

知床第一ホテルは1971年に創業した大型温泉ホテル。高台の上に建物があり、第一ホテルグループが経営しています。日帰り入浴料は1250円。1階に大浴場モーレ、2階に大浴場ローシャがあり、広い大浴場が人気です。また、家族風呂があります。利用料は1時間2160円。露天風呂と家族風呂は源泉掛け流しのお湯を使っているそうです。

▼建物の外観
ウトロ温泉 知床第一ホテル

お湯はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、淡い黄色、透明、塩辛い味、無臭。シャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。タトゥーがあっても入浴できるようですね。宿泊も可能です。

知床第一ホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼知床第一ホテルの様子

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 52℃
ph -
適応症 切り傷、筋肉痛、肩こり、冷え性、神経痛、疲労回復、擦り傷、うちみ、くじき、慢性消火器病、病後回復期、痔核、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、健康増進、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 男女別の入浴。家族風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:1250円。子供:750円。
営業時間 14:00~17:00
休日 無休
駐車場 120台有
電話番号 0152-24-2334
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 540 178*63

知床プリンスホテル 風なみ季

知床プリンスホテル 風なみ季は1972年に創業した大型温泉ホテル。北こぶしグループが経営し、高台にあります。入浴料は1000円。1階に男女別の大浴場「清流」があります。露天風呂は、庭園露天風呂「星の雫」という名で、源泉掛け流しの岩風呂です。大浴場「清流」は男女入れ替えが行われます。女性専用の岩盤浴も備えられています。

▼建物の外観
ウトロ温泉 知床プリンスホテル 風なみ季
▼大浴場「清流」(出典:知床プリンスホテル 風なみ季 HP
知床プリンスホテル 風なみ季
▼庭園露天風呂「星の雫」(出典:知床プリンスホテル 風なみ季 HP
知床プリンスホテル 風なみ季

お湯はナトリウム−塩化物で、淡い黄色、透明、塩辛い味、無臭。シャンプーとボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。宿泊も可能です。

知床プリンスホテル 風なみ季の雰囲気を動画で確認できます。

▼知床プリンスホテル 風なみ季の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 63.4℃
ph -
適応症 冷え性、疲労回復、健康増進、神経痛、リュウマチ、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、病後回復期、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:1000円。子供:500円。
営業時間 15:00~20:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 0152-24-2104
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 540 315*57

国民宿舎 桂田

国民宿舎 桂田は1983年に創業した小規模温泉宿。温泉街からはちょっと離れています。源泉掛け流しの温泉が楽しめることで知られ、日帰り入浴料は600円です。浴場は広くはありませんが、露天風呂と内湯が1つづつ。どちらも3人ほどが入浴できそう大きさです。

▼露天風呂(出典:国民宿舎 桂田 HP
国民宿舎 桂田
▼浴場(出典:国民宿舎 桂田 HP
国民宿舎 桂田

冬には露天風呂からオホーツク海を眺望できる流氷露天風呂が開催されます。日帰り入浴料は1080円です。 お湯はナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉で、淡い黄色、微濁、塩辛い味、無臭。シャンプーとボディーソープは備え付けられています。また、コインランドリーもあります。宿泊も可能です。

国民宿舎 桂田の雰囲気を動画で確認できます。

▼国民宿舎 桂田の様子

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 55.3℃
ph 6.8
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、きりきず、やけど、虚弱児童、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小人:400円。
営業時間 12:00~18:00
休日 不定休
駐車場 20台有
電話番号 0152-24-2752
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 571 251*20

ホテル知床

ホテル知床は高台にある大型老舗温泉ホテル。1953年に開業しました。ウトロ温泉の中で最も歴史ある温泉宿です。知床第一ホテルグループが経営しています。開放感溢れる露天風呂が有名です。日帰り入浴料は500円。

▼露天風呂(出典:ホテル知床 HP
ホテル知床

浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、サウナが1つ。お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。コインランドリーもあります。宿泊も可能です。ペット(小型犬)と宿泊できるプランも提供しています。11月~4月下旬まで冬季閉館

ホテル知床の雰囲気を動画で確認できます。

▼ホテル知床の様子

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 -
ph -
適応症 切り傷、筋肉痛、肩こり、冷え性、神経痛、疲労回復、擦り傷、うちみ、くじき、慢性消火器病、病後回復期、痔核、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、健康増進、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(1)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:300円。
営業時間 15:00~20:00
休日 11月~4月下旬
駐車場 120台
電話番号 0152-24-2131
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 510 499*34

しれとこ村

しれとこ村は高台にある中規模温泉旅館。1985年に創業しました。温泉街からは離れていて、敷地内には本館・別館・新館・大浴場と4つの建物があります。100%天然源泉掛け流しの温泉が楽しめることで有名です。日帰り入浴料は600円です。大浴場「熊の湯」と名付けられた浴室には内湯が1つ

▼内湯(出典:しれとこ村 HP
知床村

温泉はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、淡い黄色、微濁、塩っぱい味、金気臭。温泉成分の総計は8.970g/kg。浴場にはシャンプーやボディソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーが備えられています。

しれとこ村の雰囲気を動画で確認できます。

▼しれとこ村の様子

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 61℃
ph 6.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消火器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消火器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小人:400円。幼児:300円。
営業時間 14:00~22:00
休日 不定休
駐車場 80台
電話番号 0152-24-2124
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Bookingはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 510 158*20

絶景の宿・知床 夕陽のあたる家

絶景の宿・知床 夕陽のあたる家は、高台の上にある小規模温泉ホテル。旧ユースゲストハウスで、なかなかの歴史を刻んだ建物です。現在は北こぶしグループが経営しています。夕陽台や国設知床野営場と隣接し、浴場や部屋からオホーツク海に沈む美しい夕陽が見れることで有名です。宿泊も可能で、食事は知床グランドホテル北こぶしを利用できます。日帰り入浴料は600円。

▼内湯(出典:夕陽のあたる家 HP
絶景の宿・知床 夕陽のあたる家

大浴場「夕楽湯」には、露天風呂が1つと内湯が1つ露天風呂のお湯には混じりっけなしの源泉掛け流しの温泉が使用されています。お湯はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉。コインランドリーもあります。10月中旬~4月下旬まで冬季休業

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性等張性高温泉)
源泉の泉温 -℃
ph -
適応症 切り傷、筋肉痛、肩こり、冷え性、神経痛、疲労回復、擦り傷、うちみ、くじき、慢性消火器病、病後回復期、痔核、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、健康増進、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。
営業時間 15:00~21:00
休日 10月中旬~4月下旬
駐車場 23台
電話番号 0152-24-2764
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Bookingはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 757 540 437*28

宿泊施設リスト

ウトロ温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

知床グランドホテル 北こぶし(Shiretoko Grand Hotel kitakobushi)
知床第一ホテル(Shiretoko Daiichi Hotel)
知床プリンスホテル 風なみ季(Shiretoko Prince Kazenamiki)
国民宿舎 桂田(Kokumin Shukusha Katurada)
ボンズホーム(Bons Home)
楽天
ホテル知床(Hotel Shiretoko)
ホテル季風クラブ 知床(Hotel Kifu Club Shireotko)
しれとこ村(Shiretoko Village)
夕陽のあたる家(Yuhi-no-Ataru-Ie)
しれとこペレケ(Shiretoko Pereke)
知床の宿 民宿いしやま(Minshuku Ishiyama)
知床ノーブルホテル(Shiretoko Noble Hotel)
民宿 知床荘(Minsyuku Shiretokoso) 電話:0152-24-2058
温泉民宿 たんぽぽ(Onsen Minshuku Tanpopo)
Booking
いるかホテル(Iruka Hotel)
じゃらん
お宿来羅玖(Oyado Kiraku)
Booking
じゃらん
Booking.com

知床国立公園のページはこちら

知床国立公園

Comment

Comment