• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【閉業:斜里のウナベツ温泉】日帰り温泉とPH9.2のツルツルなお湯が楽しめるウナベツ自然休養村管理センター

2019/10/4

ウナベツ温泉

ウナベツ温泉は斜里町にある温泉地。知床半島の付け根に位置し、天に続く道が近いです。流氷を見ながらスキーが楽しめるウナベツスキー場が海別岳の麓に造られ、敷地内に3棟の建物が並びます。ウナベツスキー場スキーハウス・ウナベツスキー場ロッジ・ウナベツ自然休養村管理センターです。ウナベツ自然休養村管理センターはウナベツ温泉に建つ一軒宿で、日帰り入浴も受け入れています。残念ながら、2019年10月で営業を休止しました

▼ウナベツスキー場
斜里のウナベツ温泉
▼ウナベツスキー場スキーハウス
斜里のウナベツ温泉
▼ウナベツスキー場ロッジ
斜里のウナベツ温泉

▼冬のウナベツスキー場の様子

ここは以久科原生花園・斜里朱円周堤墓群・知床国立公園が比較的近いです。また、札幌や新千歳空港からこの場所への直通バスはありませんが、斜里と札幌の間にはイーグルライナーが運行しています。ウナベツ温泉への公共交通機関はないので、自家用車・レンタカー・タクシーなどで行かなければなりません。

高速バスリスト

斜里と札幌の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から知床行き
中央バス(Chuo Bus) 知床から札幌行き

天に続く道

天に続く道は斜里にある全長28kmの道路。天に向かってまっすぐに道路が伸びるので、そう名付けられました。天国に続く道とも呼ばれることがあるそうです。18kmと28kmの2つの説がネット上にはありますが、Google Mapで距離を測定すると全長28kmで、国道までの距離が18kmでした。昼間も気持ちの良い景色ですが、夕暮れ時も天空が赤く染まっていい感じらしく、9月中旬~下旬には道路の先に夕陽が沈む様子を見られることもあるそうです。以前はライダーさんの隠れた人気スポットでしたが、最近は訪れる観光客が増加しています。記事はこちら

▼約28kmの直線
斜里の天に続く道

以久科原生花園

以久科原生花園は知床半島の付け根に位置する斜里町にある原生花園。オホーツク海に面し、斜里駅からは約4km離れています。周りには特に何もありません。以久科とはアイヌ語で「そこを突き抜ける川」という意味です。近くに幾品川が流れているので、そのこと指しているのかもしれませんね。少し変わった原生花園で、オホーツク海に沿って海側と緑地帯側に分かれています。夏は花と雄大な知床連山の景色が楽しめ、冬は海を埋め尽くす流氷が眺められます。有名ではないので、訪れる人はほとんどいません。観光の穴場スポットと言えるでしょう。入場無料。駐車場も無料です。トイレや売店といった施設はありません。記事はこちら

▼夏の以久科原生花園
斜里の以久科原生花園

知床国立公園

知床国立公園は北海道の北東部に位置する斜里町と羅臼町にまたがる日本本土最北東端の国立公園。知床半島のほぼ北側が1964年に国立公園として指定されました。2005年には日本に4つしかない世界自然遺産として登録されています。公園内には羅臼岳・知西別岳・硫黄山・知床岳などの知床連山があり、相泊温泉・瀬石温泉・羅臼温泉・岩尾別温泉などの温泉地も点在する北海道を代表する観光地です。知床国立公園は斜里エリアと羅臼エリアに大きく分けられ、面積は約39,000ha。熊・鹿・シマフクロウなどの野生動物が生息する山深い森、海と山を隔てる100m近い断崖絶壁、鮭やクジラなどの海洋生物が泳ぐ海、密接に関連するこれらが素晴らしい自然の景観を作り上げています。知床とはアイヌ語で「地の果て」を意味するのですから、秘境と言われているのも頷けますね。記事はこちら

広告

▼知床横断道路
知床国立公園

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは、ウナベツ自然休養村管理センターです。

【閉業】ウナベツ自然休養村管理センター

ウナベツ自然休養村管理センターは2階建ての宿泊施設兼研修施設。1979年に開業しました。高台に建ち、海を眺めることができる立地です。PH9.2のツルツル温泉を楽しめることで知られ、泉質が良いと評判の穴場スポット。地元のご老人方に人気です。6~10月のみ宿泊が可能で、通年で日帰り入浴を受け入れています。日帰り入浴料は300円。1階に浴場があり、浴室入口前にはコインランドリーも設置してあります。

▼玄関
斜里のウナベツ温泉
▼浴室入口
斜里のウナベツ温泉

浴場は広くはありませんが、明るくて清潔感があります。こじんまりとした浴場には内湯が1つ。3人程が入浴できそうな大きさです。岩で形作られた温泉湧出口からは温泉が注ぎ込まれ、シトシトと浴槽から溢れていきます。その様子を見ているのも楽しいですね。源泉温度が約35℃なので、加温したお湯が使われています。

▼内湯(出典:斜里町観光協会 HP
斜里のウナベツ温泉
▼内湯
斜里のウナベツ温泉
▼温泉湧出口
斜里のウナベツ温泉
▼お湯が溢れていく
斜里のウナベツ温泉
▼いい湯だな
斜里のウナベツ温泉
▼浴槽からの眺め
斜里のウナベツ温泉

お湯はアルカリ性単純泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.505g/kgです。手触りはかなりツルツルした触感があります。残念ながら飲泉はできません。浴場内には石鹸が備え付けられています。脱衣所にはトイレがないので、事前に玄関にあるトイレで用を足した方が良いでしょう。

▼脱衣所
斜里のウナベツ温泉
▼脱衣所
斜里のウナベツ温泉

ウナベツ温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼ウナベツ温泉の様子

泉質 アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性温泉)
源泉の泉温 35.8℃
ph 9.2
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、慢性消化器病、疲労回復、うちみ、くじき、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:300円。小人:150円。
営業時間 10:00~21:00
休日 年末年始
駐車場 100台有
電話番号 0152-28-2203
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 642 622 850*85

宿泊施設リスト

ウナベツ温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

ウナベツ自然休養村管理センター(Unabetsu Nature Recreation Village) 電話:0152-28-2203

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください