• 2017/8/2
  • nature
  • Little-KnownGoodSpots
  • NorthernArea

【上川の浮島湿原】島が浮いてる高層湿原

浮島湿原

浮島湿原は大雪山国立公園の北側に位置し、上川町と滝上町の間にある標高870m地点に広がる高層湿原。浮島ICがとても近いです。面積約22haの湿地に大小合せて約70個の沼が点在し、エゾヒツジグサ・モウセンゴケ・チングルマ・ウメバチソウなどの植物が自生します。野鳥を見るために訪れる方もいるようですよ。しかし、ほとんど観光客が来ないので、大自然を独り占めすることも可能。観光の穴場ですね。そうそう、自然豊かな場所ですから、熊も出るので、ご注意ください。また、蚊やアブもうるさいので、虫よけもしていくと良いでしょう。入山できるのは、だいたい6月下旬~10月くらい。駐車場にはトイレがあります。入場無料。駐車場も無料です。

▼月型の沼
上川の浮島湿原

▼浮島湿原の様子

▼駐車場とトイレ
上川の浮島湿原

上川の中心から約30km近く離れ、この近くには飲食店やコンビニはありません。上川の中心には大雪森のガーデン・北海道アイスパビリオン・北の森ガーデンクマ牧場・エスポワールの鐘などがあります。上川の美味しいお店としては、フラテッロ・ディ・ミクニとあさひ食堂が特に人気です。私はあさひ食堂でラーメンを食べましたが、美味しかったですよ。

あさひ食堂

あさひ食堂は旭川市の東部に位置する上川町のラーメン店。友人からラーメンが美味しいと聞いていたので、伺いました。平日の11時30分に訪問すると先客は3組ほど。しかし、次から次へとお客さんが入店してきました。やはり人気があるんですね。店内は地元に根ざした食堂といった雰囲気。テーブル席がいくつかあるので、家族連れでも安心できます。ちなみに大雪山の雪解け水を使ったスープと麺を使った自慢のラーメンであることから、上川町は日本一ラーメンがおいしい町であると標榜しています。Read More

▼幻の塩ラーメン
幻の塩ラーメン -上川のあさひ食堂-

大雪山国立公園

大雪山国立公園は北海道の中心部に位置する日本最大の国立公園。面積は226,764haです。1934年に国立公園に指定されました。阿寒摩周国立公園と共に北海道最古の国立公園です。大雪山という名前の山は無く、北海道の最高峰の旭岳・黒岳・愛別岳・トムラウシ山と言った標高2000m級の山々がある一帯の総称で、これらは北海道の屋根と言われています。活火山・大規模な柱状節理・樹海・永久凍土など北海道の中でもなかなかお目にかかれない大自然の宝庫です。250種の高山植物が見られる他、ヒグマ・シマフクロウ・オショロコマ・ギンザンマシコなどの生き物も棲息しています。そうそう、正しい表記は「だいせつざん」ですが、地元の人は「たいせつざん」と呼ぶことが多いです。Read More

▼旭岳
東川の旭岳の紅葉

浮島湿原の旅

浮島湿原にある沼には名前の由来となった浮島が浮かんでいます。浮島は湿原草の根に土が堆積して出現したものらしく、風が吹くと移動するそうです。そして、この浮島自体も珍しいもので、とても貴重な自然だと言われています。入口から行って帰ってきて、だいたい3時間くらいです。

▼浮島湿原入口
上川の浮島湿原
▼熊にも気をつけて!
上川の浮島湿原
▼入山届箱
上川の浮島湿原

湿原へは1.6kmの遊歩道を歩かなければなりません。私は約40分ほどかかりました。遊歩道ですが、登山道みたいな感じで、泥道もあります。そのため、汚れても大丈夫な靴を履いていったほうが良いでしょう。また、高低差があるので、ちょっと疲れるかもしれません。

▼浮島湿原に続く遊歩道
上川の浮島湿原
▼ドロドロの道も
上川の浮島湿原
▼もう少しで浮島湿原
上川の浮島湿原

湿原内には大小様々なアカエゾマツが点々と生え、いかにも高層湿原という雰囲気。湿地の上には木道が完備しているので、とても歩き易いです。だいたい1時間もあれば周遊できるでしょう。空気も澄んでいて、美味しいですよ。

▼浮島湿原
上川の浮島湿原
▼空が近い
上川の浮島湿原
▼東ノ沼
上川の浮島湿原
▼沼に雲が映る
上川の浮島湿原
▼木道に沿って進む
上川の浮島湿原
▼木道
上川の浮島湿原
▼アカエゾマツ林
上川の浮島湿原
▼沼
上川の浮島湿原
▼木道を進む
上川の浮島湿原
▼タチギボウシ
上川の浮島湿原

木道沿いにいくつか大きな沼があり、それぞれ東ノ沼・東大沼・北大沼・北ノ大沼・中ノ沼・森沼・大沼・南沼・南大沼と名付けられています。しかし残念ながら、南沼と南大沼への木道は閉鎖中。もう一つの入口への木道も閉鎖されていました。

広告

▼東大沼
上川の浮島湿原
▼沼
上川の浮島湿原
▼気持ち良い景色
上川の浮島湿原
▼小さい沼
上川の浮島湿原
▼浮島湿原
上川の浮島湿原
▼木道に沿って進む
上川の浮島湿原
▼中沼
上川の浮島湿原
▼空もキレイ
上川の浮島湿原
▼山々が見える
上川の浮島湿原
▼案内図
上川の浮島湿原
▼木道を行く
上川の浮島湿原
▼浮島湿原
上川の浮島湿原
▼北ノ沼
上川の浮島湿原
▼木道
上川の浮島湿原
▼アカエゾマツと小沼
上川の浮島湿原
▼小沼群
上川の浮島湿原
▼北大沼
上川の浮島湿原
▼いい景色
上川の浮島湿原
▼北大沼
上川の浮島湿原
▼浮島湿原
上川の浮島湿原
▼中沼
上川の浮島湿原
▼沼の形がかっこいい
上川の浮島湿原
▼ワタスゲ
上川の浮島湿原
▼中ノ沼
上川の浮島湿原
▼木道と沼
上川の浮島湿原
▼新しい浮島が生まれる
上川の浮島湿原
▼入り組んでいるのがかっこいい
上川の浮島湿原
▼木道
上川の浮島湿原
▼南沼への木道は閉鎖中
上川の浮島湿原
▼自然だなー
上川の浮島湿原
▼いい景色
上川の浮島湿原
▼アカエゾマツ
上川の浮島湿原
▼空気が美味しい
上川の浮島湿原
▼木道を行く
上川の浮島湿原
▼森沼
上川の浮島湿原
▼森沼
上川の浮島湿原
▼ジャンクション
上川の浮島湿原
▼いい感じの景色
上川の浮島湿原
▼浮島湿原
上川の浮島湿原
▼見晴らしの良い場所
上川の浮島湿原
▼トキソウ
上川の浮島湿原
▼浮島のある沼
上川の浮島湿原
▼浮島
上川の浮島湿原
▼エゾヒツジグサ
上川の浮島湿原
▼新しい浮島が誕生中
上川の浮島湿原
▼タチギボウシ
上川の浮島湿原
▼なぜかカレイの半身
上川の浮島湿原

浮島湿原の雰囲気を動画で確認できます。

▼浮島湿原の紅葉の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場8台有
営業時間 24時間
休日 11月上旬~6月中旬
電話番号 050-3160-5745
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 911 085 288*63

宿泊施設

上川の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

上川

民宿やまびこ(Minshuku Yamabiko)
Booking
じゃらん
楽天
池乃屋旅館(Ikenoya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
民宿上川荘(Minshuku Kamikawaso)
Booking
じゃらん
楽天
民宿さつき荘(Minshuku Satsukiso)
Booking
じゃらん
楽天
民宿岡田屋(Minshuku Okadaya)
Booking
じゃらん
楽天
ミニホテル くうねるたにぐち(Mini Hotel Kuneru-Taniguchi)
Booking
楽天
旅荘 望岳園(Ryoso Bogakuen)
Booking
じゃらん
Cafe&Stay with dog りんご村(Cafe&Stay with dog Apple Village)
Booking
じゃらん
楽天
フラテッロ・ディ・ミクニ ヴィラ(FRATELLO DI MIKUNI Villa)
Booking
じゃらん
楽天
層雲峡オートキャンプ場(Sounkyo Automobile Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
上川ファミリーオートキャンプ村(Kamikawa Family Automobile Camp Village)
Booking
じゃらん
楽天

層雲峡温泉

層雲閣グランドホテル(Sounkaku Grand Hotel)
ホテル大雪(Hotel Taisetsu)
層雲峡観光ホテル(Sounkyo Kanko Hotel)
朝陽亭(Choyotei)
朝陽リゾートホテル(Choyo Resort)
ホテルノーザンロッジ(Hotel Northern Lodge)
Booking
湯元銀泉閣(Yumoto Ginsenkaku)
民宿とだて(Minshuku Todate)
Booking
じゃらん
楽天
層雲峡ユースホステル(Sounkyo Youth Hostel)
Booking
楽天
ホテル雲井(Hotel Kumoi)
マウントビューホテル(Mount View Hotel)
リゾートペンション 山の上(Resort Pension Yama-no-Ue)
ペンション銀河(Pension Ginga)
Booking

大雪高原温泉

大雪高原山荘(Taisetsu-Kogen-so)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください