• 2016/9/14
  • nature
  • FamousSpots
  • EasternArea

【網走卯原内のアッケシソウ群生地】赤い絨毯が楽しめるサンゴ草群生地

卯原内アッケシソウ群生地

卯原内アッケシソウ群生地は網走市の西部に位置する能取湖の南岸にある観光地。日本で一番大きなアッケシソウ群生地として知られ、毎年9月上旬にアッケシソウが紅葉し、湖岸が真っ赤になります。一時期は土壌改良の影響により、絶滅寸前と言われていましたが、現在は見事に復活しました。オホーツク国道(国道238号)から卯原内漁港に到る道沿いの湖岸が群生地として整備されています。入口が分かりづらいので、卯原内アッケシソウ群生地の眼の前にある能取の荘 かがり屋を目印にすると良いでしょう。敷地内には食堂・トイレ・駐車場が建っています。見頃は9月上旬~中旬。入場無料。駐車場も無料です。9月上旬の土日には能取湖さんご草祭りが開催されます。

▼卯原内園地
網走卯原内のアッケシソウ群生地

▼卯原内アッケシソウ群生地の様子

▼トイレ・食堂・駐車場
網走卯原内のアッケシソウ群生地

アッケシソウは椙山清利氏により1891年に厚岸町の牡蠣島で発見され、著名植物学者の宮部金吾氏が地名をとってその名を付けました。高さ10~20cmの一年草です。別名であるサンゴ草の方が有名で、葉の様子がサンゴに似ているのでサンゴ草と呼ばれているそうです。北海道、岡山と香川の一部に自生する希少な植物と言われ、北海道では能取湖・サロマ湖・コムケ湖などで見ることできます。希少なため採取は出来ませんが、ヨーロッパでは野菜として食べられているそうですよ。普段は緑色ですが、秋に赤くなります。また、瀬戸内海と北海道のサンゴソウはDNA的には異なるとか。

▼紅葉したアッケシソウ
網走卯原内のアッケシソウ群生地

卯原内は網走の中心から約15km離れ、周辺には網走市鉄道記念館・コンビニ・スーパー・カフェがあります。能取岬・網走湖・サロマ湖も比較的近いです。

能取岬

能取岬は網走市の北西部にある岬。美岬牧場と隣接し、能取湖の近くです。40~50mの断崖絶壁の上に高さ21mの能取岬灯台が建ち、航海の安全を守っています。景色が良い場所として知られ、夏には青い空・緑の牧草・青い海が美しい場所。冬には大量の流氷が押し寄せ、流氷を楽しめるスポットです。そうそう能取岬に到る道路も海に続くように見え、フォトスポットになっています。敷地内には駐車場と公衆トイレがあります。入場無料。駐車場も無料です。公衆トイレは冬季閉鎖されます。Read More

▼能取岬
網走の能取岬

ところで、札幌と網走の間には高速バス「ドリーミントオホーツク号」が運行しているので、比較的早く移動できます。網走駅でレンタカーも借りることが可能です。

交通手段リスト

網走と札幌の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から網走行き
中央バス(Chuo Bus) 網走から札幌行き
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 網走駅近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 網走駅近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 大曲に店舗あり。
じゃらん
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 網走駅近くに店舗あり。
ワンズレンタカー(Ones Rent-a-car) 網走駅近くに店舗あり。

網走

網走市は約4万人が住む北海道で20番目に大きな観光都市。北海道東部エリアの拠点の一つです。オホーツク海に面した水産都市でもあり、水揚げされるカニ・キンキ・クジラ・鮭が名産としてよく知られています。夏は涼しく、気温は25度を越えればよい方で、冬は積雪が少なく、気温も-5度くらいです。北海道の中では比較的温暖な気候と言えるでしょう。流氷が接岸することでも知られ、冬の観光地としても有名です。市内は網走川河口附近の旧市街地と駒場附近の郊外地区に大きく分かれ、近年は郊外地区の方が発展しています。飲食店などは郊外地区の方が多いそうですよ。Read More

広告

▼網走の流氷
網走の鱒浦 流氷

卯原内園地のアッケシソウ

群生地の上には長さ約110mほどの木道、長さ約25mの木道、長さ約15mの木道が建てられ、木道には4つほど展望スペースが設けられています。アッケシソウ全体を見て回ることはできませんが、靴が汚れることなく、比較的近くに寄ってアッケシソウを眺めることが可能です。近くで見るとスギナっぽい感じでした。やはり、遠目に湖岸が赤く染まる風景の方が感動的です。赤い絨毯と呼ばれるのも納得の情景ですね。所要時間は30~60分もあればじっくり見て回れます。

▼赤い!
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼木道がある
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼成長には塩気が必要
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼スギナみたい
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼赤さが充実
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼木道の上から駐車場を見る
網走卯原内のアッケシソウ群生地
▼サンゴ草ことアッケシソウ
網走卯原内のアッケシソウ群生地

卯原内アッケシソウ群生地の雰囲気を動画で確認できます。

▼卯原内アッケシソウ群生地の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場200台有
営業時間 24時間
休日 春季・冬季
電話番号 0152-47-2301
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 525 359 220*42

宿泊施設リスト

網走の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

網走

網走ロイヤルホテル(Abashiri Royal Hotel)
ホテルルートイン網走駅前(Hotel Route-Inn Abashiri Ekimae)
網走セントラルホテル(Abashiri Central Hotel)
ドーミーイン網走(Dormy Inn Abashiri)
北海ホテル(Hokkai Hotel)
Booking
網走ホテル オホーツク・イン(Abashiri Hotel Okhotsk Inn)
Booking
東横インオホーツク・網走駅前(Toyoko Inn Hokkaido Okhotsk Abashiri Ekimae)
網走グリーンホテル(Abashiri Green Hotel)
じゃらん
網走流氷の丘ユースホステル(Abashiri Ryuhyou-no-Oka Youth Hostel)
じゃらん
楽天
ホテルサンアバシリ(Hotel Sun Abashiri)
民宿ランプ(Minshuku Lamp)
能取の荘 かがり屋(Notoronoso Kagariya)
わしのとまり木(Washi-no-Tomarigi)
Booking
じゃらん
ビジネスホテル ファミリー(Business Hotel Family)
Booking
じゃらん
楽天
千葉旅館(Chiba Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
ビジネス旅館 みゆき(Business Ryokan Miyuki)
Booking
じゃらん
楽天
民宿 かもめ荘(Minshuku Kamome-so)
Booking
じゃらん
楽天
やすらぎの宿 B&B あばしり(Yasuragi-no-Yado B&B Abashiri)
Booking
じゃらん
Sea Side Stay(Sea Side Stay)
じゃらん
あら鷲(Arawashi)
Booking
いもだんご村(Imodango Village)
北海道立オホーツク公園 てんとらんど(Tent Land)
Booking
じゃらん
楽天
レイクサイドパーク・のとろ(Lakeside Park Notoro)
Booking
じゃらん
楽天

網走湖畔温泉

温泉旅館もとよし(Onsen Ryokan Motoyoshi)
Booking
網走観光ホテル(Abashiri Kanko Hotel)
北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート(Hokuten-no-Oka Abashiriko Tsuruga Resort)
ホテル網走湖荘(Hotel Abashirikoso)
オーベルジュ 北の暖暖(Auberge Kita-no-Dan-Dan)
天都の郷 ホテル本陣網走湖(Tento-no-Sato Hotel Honjin Abashiriko)
ペンション わにの家(Pension Wani-no-Ie)
ビジネスホテル 幸楽(Business Hotel Koraku)
Booking
アニマの里(Anima-no-Sato)
楽天
旧国鉄保養所 鉄ちゃん&鉄子の宿(Techan&Tetsuko-no-Yado)
Booking
呼人旅館(Yobito Ryokan)
HP
Booking
呼人浦キャンプ場(Yobitoura Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com

網走のページはこちら

網走

北海道の紅葉についてのページはこちら

北海道の紅葉

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください