• 自然
  • TouristSpots
  • EasternArea

【豊頃のジュエリーアイス】フォトジェニックな自然の氷

2016/2/23

ジュエリーアイス

ジュエリーアイスは、帯広市の南東方面に位置する豊頃町の大津海岸で見られる氷。宝石のように美しいことから、英語学校の校長である浦島久氏が名付けました。十勝川の水が氷結し、海に流れ出た川氷が波によって十勝川河口にある大津海岸の砂浜に打ち上げられます。有名写真家の鎌田光彦氏の作品にもジュエリーアイスが登場したことで知られ、波によって磨かれた透明感のある氷が美しく、人気のスポットになりました。ニューヨーク・タイムズにも取り上げられ、世界的にも注目を集めています。この素晴らしい景色が見られるのは冬の寒い時期。1月中旬~3月上旬くらいです。

▼ジュエリーアイスが溜まっている
豊頃のジュエリーアイス

▼ジュエリーアイスの様子

ジュエリーアイスが見られるのは大津漁港近くの大津海岸です。住宅街にいくつか無料駐車場が設けられ、シーズンにはジュエリーハウスがオープンします。休憩したり、お土産を買うことが可能。仮設トイレも設置されます。近くにはきいちゃん食堂がありますが、周辺にはコンビニはありません。昆布刈石展望台が比較的近いです。

▼海岸でカメラマンが思い思いにアングルを探る
豊頃のジュエリーアイス

徒歩5分ほどで汐見橋に到着し、その先の海岸にジュエリーアイスが打ち上げられています。但し、天候や風向によって、打ち上がっていなかったり、別の場所に打ち上がっているので、素晴らしい氷が見れるかどうかは運次第です。ちなみに私が訪れた時は、京都・練馬・鹿児島ナンバーの車が来てました。全国的に注目されていることがわかります。そうそう、公共の交通手段は無いので、レンタカーかマイカーで来るしかありませんね。

▼ジュエリーアイスがそこかしこに散らばる
豊頃のジュエリーアイス

昆布刈石展望台

昆布刈石展望台は帯広市の南東方面に位置する浦幌町のビュースポット。黄金の滝やジュエリーアイスで有名な大津海岸が近いです。標高約90mの崖の上から太平洋を望むことが出来る絶景スポットとして知られます。国道336号と北海道道1038号の間に細い砂利道があり、海岸線に沿って進むことができるので、全国から訪れるライダーの穴場スポットだそうで、ホロヤカントー沼で出会ったライダーがオススメしてくれました。訪れる人も少ない、穴場の観光地なので、絶景を独り占めできるかもしれません。但し、路肩は軟弱、道の状態はあまりよくないので、安全運転でお願いします。かつて、近くにある黄金の滝で、転落死亡事故が起きました。ホント、気をつけて。入場無料。駐車場はありません。記事はこちら

▼襟裳岬を望む
浦幌 昆布刈石展望台

十勝海岸湖沼群

十勝海岸湖沼群は十勝地方南東部の沿岸部に広がる湿地帯。正確な範囲はわかりませんが、豊頃町と大樹町にまたがり、湧洞沼・長節沼・生花苗沼・ホロカヤント沼・キモントウ沼・キモントウ小沼・当縁湿原などがあります。日本の重要湿地500に選ばれました。ラムサール条約登録湿地の候補地で、野花や野鳥の楽園とも言われています。200種類以上の野鳥が観察されているそうで、私も近くの畑で丹頂鶴に会いました。観光地化されていないので、静かに自然を楽しみたい方には観光の穴場になるでしょう。ただ、残念ながら公共の交通機関はありません。それほどの穴場なんです。記事はこちら

▼丹頂鶴
丹頂鶴

流氷スポットと流氷クルージング

1月~3月の期間限定で現れる流氷。日本で唯一楽しめるのがオホーツク海沿岸と太平洋の一部です。紋別から知床半島沿岸にかけて、ビッシリと海が流氷に埋め尽くされる光景は本当に素晴らしい!一度は見ておきたい絶景と言えるでしょう。北海道には「Monbetsu」という町の名前が、紋別・伊達紋別・門別の3つありますが、流氷が楽しめるのはオホーツク海側に面した紋別で、紋別・網走・小清水・斜里・羅臼あたりに流氷が楽しめるスポットが多いです。接岸した流氷も楽しめますが、船上から流氷クルージングも楽しむことができます。最近は温暖化の影響か、流氷自体も少なくなってきたようですが、運が良ければ、流氷の上のアザラシやオオワシといった野生動物を目撃できるでしょう。記事はこちら

▼一面の流氷帯
紋別の流氷とガリンコ号Ⅱ

大津海岸のジュエリーアイス

平日の05時30分頃に訪問しました。この日の気温は氷点下13度。天気が良いので、メチャクチャ寒いです。防寒対策は万全にした方が良いですよ。まばらではありますが、そこかしこに大小様々なジュエリーアイスが転がっていて、確かにとても綺麗です。ほとんどの方がカメラを持っているので、この幻想的な画を撮りに来たのでしょう。これは見る価値がありますね。わざわざ見に来たい気持ちがわかります。

▼思いの外透明
豊頃のジュエリーアイス
▼形も様々
豊頃のジュエリーアイス
▼約20人くらいジュエリーアイスを見に来ていた
豊頃のジュエリーアイス
▼大きいジュエリーアイスと小さいジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス
▼こぶし大の大きさ
豊頃のジュエリーアイス
▼有名な写真を真似る。でも、失敗
豊頃のジュエリーアイス
▼ジュエリーアイスが溜まっている
豊頃のジュエリーアイス
▼冷たそう
豊頃のジュエリーアイス
▼一面に散らばる
豊頃のジュエリーアイス
▼色々な大きさがある
豊頃のジュエリーアイス
▼様々な画が考えつく
豊頃のジュエリーアイス
▼波に飲まれるジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス

06時10分くらいに朝日が登り始めると、周りの空気も一変します。ジュエリーアイスがオレンジ色に色づくんです。そして、朝日も美しい。この日はけあらしも発生していて、とても幻想的な雰囲気がありました。訪れるなら早朝がオススメです。

広告

▼日が登り始める
豊頃のジュエリーアイス
▼カメラマンとジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス
▼砂に埋もれている
豊頃のジュエリーアイス
▼波に打ち上げられたのがわかる
豊頃のジュエリーアイス
▼丸っこい
豊頃のジュエリーアイス
▼海とジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス
▼朝日が登り始める
豊頃のジュエリーアイス
▼朝日とジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス
▼北極か南極みたい
豊頃のジュエリーアイス
▼朝日が眩しい
豊頃のジュエリーアイス
▼北国らしい画
豊頃のジュエリーアイス
▼オレンジに彩られる
豊頃のジュエリーアイス
▼日に照らされる
豊頃のジュエリーアイス
▼夕景にも見えるけど朝景
豊頃のジュエリーアイス
▼ジュエリーアイス
豊頃のジュエリーアイス
▼太陽がおどろおどろしい
豊頃のジュエリーアイス
▼一般の観光客も増えて来た
豊頃のジュエリーアイス
▼いい感じ
豊頃のジュエリーアイス
▼若さが溢れる
豊頃のジュエリーアイス
▼幻想的だ
豊頃のジュエリーアイス
▼06時30分に撤収
豊頃のジュエリーアイス

私が見たジュエリーアイスの雰囲気を動画で確認できます。

▼ジュエリーアイスの様子

入場料 無料
駐車場 -
営業時間 24時間
休日 なし
電話番号 015-574-2216
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 511 078 144*18

アクティビティリスト

いくつかのアクティビティ会社でガイドツアーを実施中ですどのようなガイドなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

ジュエリーアイスガイドツアー

▼ジュエリーアイスガイドツアーの様子

サムライプロデュース(Samurai Produce)
旅の便利屋(Tabi-no-Benriya)
ASOVIEW
じゃらん

宿泊施設

豊頃周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

セキレイ舘(Sekireikan)
Booking
じゃらん
HOTEL TAIKI(HOTEL TAIKI)
Booking
楽天
十勝ロイヤルホテル(Tokachi Royal Hotel)
Booking
じゃらん
楽天
晩成の宿(Bansei-no-Yado)
Booking
じゃらん
楽天
晩成温泉コテージ(Bansei Onsen Cottage)
Booking
じゃらん
楽天
Booking.com
Booking.com

十勝海岸湖沼群のページはこちら

十勝海岸湖沼群

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください