• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

北海道で一番高い場所にある温泉施設 -上富良野の十勝岳温泉-

2014/7/17

十勝岳温泉

十勝岳温泉は旭川市の南部に位置する上富良野町の温泉地。凌雲閣とカミホロ荘の2つの建物が、標高1200mの高所にあります。十勝岳連峰の登山口(駐車場とトイレが併設)があり、凌雲閣と隣り合っていました。カミホロ荘はその少し下に位置しています。

▼十勝岳登山口
上富良野の十勝岳温泉

湯元凌雲閣

凌雲閣は標高1280mにある北海道で最も高い位置にある温泉宿。1963年に創業し、雲を凌ぐ宿から凌雲閣と名付けられました。露天風呂から十勝岳連峰を眺めことが出来るので、眺望が素晴らしいです。雲の上の露天風呂とパンフレットには書かれています。紅葉の季節には多くのお客さんが訪れるとか。

▼建物の外観
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

凌雲閣は2種類の泉質を持つことで有名です。1つは、酸性・含鉄(Ⅱ)-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉で、無色、透明、酸味、無臭。温泉成分の総計は1.631g(硫酸イオンが893mg)です。もう一つはカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、赤褐色、微濁、弱金気味、弱金気臭。温泉成分の総計は2.084g(硫酸イオンが943mg)です。

▼露天風呂
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

浴場には、露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジェットバスが1つ、水風呂が1つ、サウナが1つあります。まずは、露天風呂。十勝岳連峰の眺望が素晴らし過ぎます!視界を遮るものがないので、開放感も抜群ですね。10人ほどが入浴できそうな浴槽で、2層構造になっています。上段が熱いお湯、下段が温いお湯。赤褐色の温泉ですが、上段と下段で色の濃さも違いがありました。

▼湧出口
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣
▼露天風呂からの景色
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

続いて内湯。巨大な岩が置かれ、そのふもとに無色透明な温泉と赤褐色で濁った浴槽が2つあります。無色透明な温泉は岩の陰に隠れて、ひっそりとしていました。4人ほどが入浴できそうな小さな浴槽です。飲泉が可能なので飲むと、トニックウォーターのような酸っぱい味わい。私は好きな味ですね。慢性消化器病、貧血、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風に効果があるそうです。

▼内湯。酸っぱい味
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

赤褐色の温泉は8人ほどが入浴できそうな浴槽。苔むしたような岩が自然な感じを追求しています。こちらも飲泉できるので、飲んでみると土っぽい味ででした。こっちは沢山飲めない感じです。こちらは慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風に効果があるとか。その他の浴槽はお湯で、温泉ではないようでした。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。また、脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが備え付けられていました。宿泊も可能です。

▼内湯
上富良野の十勝岳温泉 凌雲閣

私が入浴した凌雲閣の雰囲気を動画で確認できます。

▼凌雲閣の様子

泉質 (1)酸性・含鉄(Ⅱ)-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉(酸性低張性温泉)
(2)カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)36.7℃
(2)53.0℃
ph (1)2.4
(2)6.2
適応症 (1)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、月経障害、動脈硬化症、きりきず、やけど
(2)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病
禁忌症 (1)急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、皮膚・粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人、その他一般に病勢進行中の疾患
(2)急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 (1)慢性消化器病、貧血、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
(2)慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
飲用による禁忌症 (1)下痢の時
(2)下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:800円。子供:600円。
営業時間 08:00~20:00
休日 無休
駐車場 15台有
電話番号 0167-39-4111
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 901 872 348*48

国民宿舎カミホロ荘

カミホロ荘は1965年に創業した老舗旅館。浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。お湯は酸性・含鉄(Ⅱ)-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉で、無色、透明、酸味、無臭。シャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
上富良野の十勝岳温泉 カミホロ荘

カミホロ荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼カミホロ荘の様子

泉質 酸性・含鉄(Ⅱ)-アルミニウム・カルシウム-硫酸塩泉(酸性低張性温泉)
源泉の泉温 29.8℃
ph 2.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、月経障害、動脈硬化症、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、皮膚・粘膜の過敏な人、特に光線過敏症の人、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、貧血、慢性胆嚢炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
飲用による禁忌症 下痢の時
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。子供:350円。
営業時間 11:00~21:00
休日 無休
駐車場 40台有
電話番号 0167-45-2970
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 901 872 452*61

宿泊施設リスト

十勝岳温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

湯元凌雲閣(Yumoto Ryounkaku)
国民宿舎カミホロ荘(Kokuminshukusha Kamihoroso)
富良野 思惟林(Furano Shiyuirin)

美瑛・富良野のページはこちら

美瑛・富良野

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment