• 自然
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

【苫小牧の樽前ガロー】苔むした岩が作る幽遠な景色

2014/7/30

樽前ガロー

樽前ガローは苫小牧市西部にある渓谷。ガローとは東北の方言で切り立った壁の間に流れる川を意味します。樽前山の噴火により堆積した岩が雪解け水などに侵食されて川が流れたため、高さ5~6mほどの両岸が切り立った地形になりました。苔の洞門や苔の回廊とともに、幻想的な光景が見られる数少ない場所で、新緑・紅葉・雪景と雰囲気を変えた景色も見どころです。川の流れと苔むした岩の様子が美しく、たくさんの写真家が訪れます。入場無料。駐車場も無料です。但し、施設は何もありません。自然だけがあります。
樽前ガローガイドマップ

▼神秘的な場所
苫小牧 樽前ガロー

写真撮影スポットととして有名なだけではなく、心霊スポットやパワースポットとしても評判です。さらに熊の出没スポットでもあるので、早朝や夜は近づかない方が良いでしょう。クリエイターの創作意欲を刺激するスポットのようで、パッヘルベル カノンの撮影も行われました。キングオブスポットの割には観光客が少ないので、観光の穴場だと思いますよ。

▼パッヘルベル カノンの様子

▼苔の絨毯
苫小牧 樽前ガロー

苫小牧の中心から約20km離れ、近くには飲食店やコンビニはありません。周辺は小沼が多く、釣りが人気のようです。近くの有名な観光地としては、錦大沼公園・インクラの滝・樽前山があります。そうそう、苫小牧の美味しいお店と言えば、香るつけ蕎麦 蕎麦花・マルトマ食堂・味の大王 総本店・味の五十番・バーベキューパーク・ブロイラーが特に人気です。私はマルトマ食堂・味の大王 総本店・味の五十番で、食べたことありますが、美味しかったですよ。

▼錦大沼
苫小牧

樽前山

樽前山は苫小牧市北西部にある標高1041mの活火山。苫小牧市のシンボルとして知られます。支笏洞爺国立公園内にあり、支笏湖の南東部に風不死岳と連なって鎮座し、風不死岳と恵庭岳とともに支笏三山の一つです。約9000年前に火山活動が始まり、1909年に噴火した際、山頂に樽前ドームと呼ばれる溶岩円頂丘(ドーム)が誕生。新しく生成された珍しい溶岩ドームのため、1967年に北海道の天然記念物に指定されました。箱根山や浅間山と同じ三重式火山として知られ、世界的にも珍しい火山と言われています。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼溶岩ドームと東山
苫小牧の樽前山

苫小牧

苫小牧市は17万人が住む北海道で5番目に大きな都市。北海道の中央部に位置し、太平洋沿岸にある工業都市。王子製紙や石油コンビナートがあります。夏も冬も北海道の他の地域に比べて温暖で、雪が少ないのも特徴。そのため、冬のスポーツである、スケートが盛んです。新千歳空港からも近く、苫小牧フェリーターミナルもあるので、交通の利便性に優れた場所でもあります。記事はこちら

▼苫小牧漁港とマルトマ食堂
苫小牧

マルトマ食堂

マルトマ食堂は苫小牧の有名な定食屋。漁港の近くにある卸売市場の中に店舗があります。1970年に創業しました。お昼時は行列が出来るほどの繁盛店です。建物の外観は古いのですが、中に入ると色紙に圧倒されます。やはり人気店なんだなーと実感できる瞬間ですね。記事はこちら

▼ほっき飯
ほっき飯 -苫小牧のマルトマ食堂-

味の大王苫小牧総本店

味の大王総本店は苫小牧市植苗にある人気ラーメン店。ウトナイ湖のすぐ近くです。1965年に創業し、北海道のカレーラーメンを作り始めた元祖として知られています。元々岩見沢で創業し、苫小牧と室蘭に分かれました。室蘭の味の大王も有名ですが、資本関係はありません。記事はこちら

▼カレーラーメン
カレーラーメン 苫小牧の味の大王総本店

味の五十番

味の五十番は、苫小牧市双葉町にある老舗ラーメン店。お店はご夫婦で切り盛りされ、30年近くラーメンを作り続けているそうです。美味しいあっさり系ラーメンのお店として知られています。平日の11:00頃に開店と同時に訪問しました。私が一番乗りです。店内はまさにラーメン屋さんという雰囲気。テーブル席が幾つかあり、家族連れでも安心できそうです。記事はこちら

▼もやし塩ラーメンこってり
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

樽前ガローの旅

高さ5mほどの渓谷は、それほど大きい訳ではありません。幅が狭い所では1mほどで、広い場所では10mほどです。苔によって幻想的な景色ができあがりました。夏には60種類以上のコケで岩の表面が彩られ、まさに緑の絨毯になるそうです。観察ポイントは3つあり、1つが樽前川に沿って上流の第2ガロウ橋の付近、2つ目は中流附近、そして3つ目が下流のガロウ橋の付近です。ただし、散策路などはありません。自然を分け入る感じです。一番上流の観察ポイントはかなり危険。渓谷の幅が1mほどで、川は激流です。高低差もあり、降りたはいいものの、登れなくなる危険も考慮しましょう。そして、景色もあまり楽しめません。ただ、苔の絨毯感はここが一番かも。

▼上流。川幅が狭く、流れが早い
苫小牧 樽前ガロー
▼落ちると危険
苫小牧 樽前ガロー
▼苔の絨毯
苫小牧 樽前ガロー

中流と下流は、川底に降りることができます。ただ、切り立った岩のため傾斜がきつく、危険も伴います。両手には何も持たずに、自由に使えるようしておいた方が良いでしょう。動きやすい靴を履いたほうが良いですが、写真を目的に行く方は、胴長(ウェーダー)を履くのがベスト。岸辺からだとアングルが限られるので、多くの方が水の中に入ってアングルを探しています。長靴でもいいんですが、川は結構深いので、油断していると水が入ってきます。上から眺めても木々が生い茂ったただの狭い渓谷にしか見えないのですが、川底に降りると幻想的な世界に心を動かされますよ。

▼中流
苫小牧 樽前ガロー
▼岩肌
苫小牧 樽前ガロー
▼上から見た
苫小牧 樽前ガロー
▼下流
苫小牧 樽前ガロー
▼下流
苫小牧 樽前ガロー

樽前ガローの雰囲気を動画で確認できます。

広告

▼樽前ガローの様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場30台 ※もしくは路肩に駐車
営業時間 24時間
休日
電話番号 0144-34-2000
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 545 411 670*84

宿泊施設

苫小牧市の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

スマイルホテル苫小牧(Smile Hotel Tomakomai )
コンフォートホテル 苫小牧(Comfort Hotel Tomakomai)
ホテルウィングインターナショナル苫小牧(Hotel Wing International Tomakomai)
苫小牧グリーンホテル(Tomakomai Green Hotel)
Booking
ホテルルートイン苫小牧駅前(Hotel Route Inn Tomakomai)
ドーミーイン苫小牧(Dormy Inn Tomakomai)
東横イン苫小牧駅前(Toyoko Inn Tomakomai)
ホテル杉田(Hotel Sugita)
Booking
ビジネスホテル モトナカノ(Business Hotel Motonakano)
グランドホテル ニュー王子(Grand Hotel New Oji)
ホテル於久仁(Hotel Okuni)
Booking
じゃらん
ビジネスホテルはちのへ(Business Hotel Hachinohe)
Booking
おやど 翔馬館(Oyado Hishokan)
HP
Booking
じゃらん
ホテル ニドム(Hotel Nidom)
じゃらん
楽天
Booking.com

苫小牧についてのページはこちら

苫小牧

支笏洞爺国立公園についてのページはこちら

支笏洞爺国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください