• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【札幌の月寒あんぱん本舗】濃厚な甘さをエネルギーに変え、道路を作り上げた月寒あんぱん

2014/5/18

月寒あんぱん本舗

月寒あんぱん本舗は札幌市豊平区に本拠を置く老舗菓子店。1906年に創業しました。株式会社ほんまが経営しています。恵庭に工場があり、大通ビッセスイーツに支店を構え、和菓子処 寒月を円山で展開中です。店舗名にもなった月寒あんぱんを中心に、玉ドーナツや月寒ドーナツなど和菓子や西洋菓子を販売しています。※本店は2015年に移転しました。私が訪れたのは移転前の本店です。

▼建物の外観
月寒あんぱん -札幌の月寒あんぱん本舗ほんま-

月寒あんぱんはかつて道路を作りました。と言っても、あんぱんが道路を作ったわけではありません。道路を造成する際に、作業に従事した作業員へ5個のあんぱんを毎日配ったそう。糖分を補いながら作業をしたおかげで、力がみなぎって無事完成に至りました。現在もその道路はあんぱん道路と呼ばれています。道路に商品名がつけられるほど、地元に馴染んだ商品だったんでしょうね。

▼あんぱん道路
月寒あんぱん -札幌の月寒あんぱん本舗ほんま-

▼月寒あんぱんの様子

2階建て民家の1階に本店店舗があります。店内はそれほど広くはありませんが、イートインスペースがあるので、店内でも飲食ができるでしょう。そうそう、オンラインショッピングで月寒あんぱんが売られているのを見つけたので、興味がある方はご賞味あれ。

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

広告

▼札幌
札幌

月寒あんぱん

月寒あんぱんは十勝産のこしあんをパン生地で包んで焼かれています。日本で売られている普通のあんパンよりも、あんこが大量に詰められた月餅に近い感じです。私が今回食べたのは、黒糖に蜂蜜を混ぜて作られた黒糖餡のあんぱん。値段は120円。濃厚な甘さで、私には少し甘く感じられましたが、甘いもの好きにはたまらない甘さでしょう。ごちそうさまでした!

▼月寒あんぱんを上から
月寒あんぱん -札幌の月寒あんぱん本舗ほんま-
▼断面
月寒あんぱん -札幌の月寒あんぱん本舗ほんま-
▼濃厚な甘さ
月寒あんぱん -札幌の月寒あんぱん本舗ほんま-
駐車場 3台有
営業時間 09:00~19:00
休日 年初
電話番号 011-851-0817
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 9 408 181*04

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください