• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【小樽の正福屋】伝統の味を受け継いだぱんじゅう

2015/5/15

正福屋

正福屋は小樽市稲穂にある人気ぱんじゅう店。小樽駅や小樽運河が近いです。佐藤 正一氏が店主を務めます。小樽の有名ぱんじゅう店「田中のぱんじゅう」と札幌の有名ぱんじゅう店「十八番」のぱんじゅうの味を継承し、2007年に札幌で営業を始め、2014年に小樽に移転しました。ぱんじゅうとは今川焼きとたこ焼きを合わせたようなお菓子。小麦粉を焼いた生地に餡やクリームなどが入っています。三重の伊勢と栃木の足利とともに、北海道でも銘菓として知られ、小樽・札幌・夕張にぱんじゅう屋さんがあります。

▼建物の外観
ぱんじゅう -小樽の正福屋-

ぱんじゅう以外にも、ベビーカステラ・ソフトクリーム・かき氷・バラエティグッズなどを販売しています。外観は賑やかな雰囲気。店内はそれほど広くはなく、売り場スペースがあるのみ。イートインスペースはありません。ちなみに、店内は撮影禁止です。

小樽運河

小樽運河は小樽市の中心附近にある運河です。小樽駅の東部に位置し、距離は700mほど。中央通りを歩いて約10分で到着します。小樽を代表する観光地として知られ、小樽に訪れる800万人の観光客の多くが訪問する定番の観光スポットです。隣接する北のウォール街と呼ばれた色内地区には、明治時代の華やかな雰囲気が感じられる日本銀行・旧日本郵船・旧三菱銀行・旧安田銀行・旧北海道拓殖銀行など歴史的建造物が建ち並びます。石造りの運河が町並みに溶け込み、大正浪漫が感じられる観光地です。入場無料。有料駐車場があります。記事はこちら

▼小樽運河
小樽運河

小樽

小樽市は約12万人が住む北海道で9番目に大きな港湾都市。札幌市の北西方面に位置し、電車で約30分ほどの距離です。人気の観光都市でもあり、約800万人が訪れます。坂の町としても知られ、名前のついた坂が30近くあり、傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。寿司の町として知られ、100軒近い寿司屋が営業。眼の前に広がる日本海から水揚げされた新鮮な魚介類や北海道各地で捕れた海鮮を楽しめます。気候は比較的過ごしやすく、夏は涼しくて、冬は雪が多いです。昔は雪が降ると陸上の交通機関がマヒするので、陸の孤島と呼ばれていました。詳しくはこちら

▼天狗山の夜景
天狗山

ぱんじゅう

平日の15時頃に伺いました。店内にはおきゃくさんはいません。抹茶味・チョコレート味・クリーム味・こしあん味・つぶあん味・ごまくるみ味と計6種類のぱんじゅうを提供し、1つ70円です。せっかくなので、6種類全てオーダーしました。値段は420円。

広告

▼ぱんじゅうを上から
ぱんじゅう -小樽の正福屋-

店内にはイートインスペースがないので、路上で食べることに。ぱんじゅうの直径は約3~4cmで、高さは3cmほど。形はたこ焼きに近い形で、皮は外面がカリカリしつつ、内側はしっとりしている感じです。中の具材は甘さが強く、さすがに6個を一気に食べるのは大変でしたが、伝統の味を味わうことができました。ごちそうさまでした!

▼ぱんじゅうを下から
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼抹茶味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼チョコレート味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼クリーム味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼こしあん味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼つぶあん味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
▼ごまくるみ味
ぱんじゅう -小樽の正福屋-
駐車場
営業時間 10:15~18:30
休日 月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日が休日
電話番号 0134-26-6910
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 493 690 451*50

小樽についてのページはこちら

小樽

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください