• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【札幌の佐藤洋菓子店】甘さ控え目で見た目がカワイイまっちゃんとプリン

2014/11/19

佐藤洋菓子店

佐藤洋菓子店は札幌市南区にある人気洋菓子店。2008年に開業しました。澄川の住宅街に店舗があり、ピンク色の木壁が目印です。佐藤 智樹氏がオーナーパティシエを務め、焼き菓子・ケーキ・クッキー・タルト・プリンなどを提供しています。

▼建物の外観
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-

店内はそれほど広くはありませんが、販売スペースの横には喫茶室が設けられ、ナチュラル雑貨店のような雰囲気。テーブル席とカウンター席があるので、家族連れでも飲食が楽しめるでしょう。店内には工芸家の作品が飾られ、個展会場としても使われているようです。

▼店内の雰囲気
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

まっちゃんとプリン

平日の14時頃に伺いました。店員さんにオススメを伺うと、季節的にモンブランとかぼちゃプリンとのこと。それも美味しそうだったのですが、見た目で気になったのがまっちゃんとプリン。自分の勘を信じて、それらとホットコーヒをオーダーしました。値段はまっちゃんが300円、プリンが320円、コーヒーがセット価格の350円です。

▼まっちゃんとプリンを上から
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-

テーブル席に座り、待つこと5分ほどで、ケーキとコーヒーが現れました。皿の上にケーキが綺麗に盛り付けられています。こういう配慮も嬉しいですね。さて、まずはカワイイ顔がのった抹茶ケーキのまっちゃんから頂くことに。スポンジが柔らかく、サクッとフォークが入ります。甘さも控え目で、抹茶クリームの苦味が調度良い感じです。うまい!

広告

▼皿まで盛りつけ
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼かわいいクリーム
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼柔らかい
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼残酷なシーン
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-

続いて、プリン。計量カップのようなカワイイ容器に入っています。卵の味が濃厚で、甘さも控え目。底にはキャラメルソースもありました。こちらもうまいです!この容器は底に穴を空けて、鉢入れにも使えるとか。面白い!

▼計量カップのような器
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼バニラビーンズ?
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼プルプルしてます
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼濃厚な卵の味
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
▼底にカルメラソース
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-

こちらのケーキは子供を楽しませるアイデアがふんだんに取り入れられています。恐らく子供に対する親の愛情が深いんでしょうね。そういえば、お店のロゴは娘さんが描かれたとのこと。微笑ましい家族の様子が想い浮かびます。ごちそうさまでした!

▼娘さんの描いた絵がロゴに
まっちゃんとプリン -札幌の佐藤洋菓子店-
駐車場 3台有
営業時間 09:00~18:30
休日 火曜日
電話番号 011-832-0306
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 9 314 764*00

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください