• 食物
  • Sweets
  • NorthernArea

【風連のもち米の里☆名寄】甘くてモチモチしたソフト大福

2014/6/8

もち米の里なよろ

道の駅「もち米の里☆なよろ」は旭川市の北部方面に位置する名寄市風連の道の駅。ソフト大福を販売していることで有名です。ソフト大福とは大福餅のこと。風連はもち米の生産量が北海道一で、伊勢の赤福餅や岡山のきび団子の原料を供給している地域として知られています。使われているもち米ははくちょうもち。時間が経っても硬くならないのが特徴とのこと。ソフト大福にはピッタリの素材ですね。

▼ショーケース
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里

もち米の里なよろには、特産品販売スペース・農産物直売所・レストラン「風の寄り道」・売店・休憩所・トイレがあり、イートインスペースは内と外に備え付けられています。駐車場が広いので、訪れる人も多いです。そうそう、ふるさと納税でソフト大福が返礼品としてもらえるので、興味がある方は御覧ください。

交通手段リスト

名寄と札幌の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

広告

中央バス(Chuo Bus) 札幌から名寄行き
中央バス(Chuo Bus) 名寄から札幌行き
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 光明幼稚園近くに店舗あり。
じゃらん

名寄

名寄市は人口約3万人が住む北海道で24番目に大きな商業都市。稚内市と旭川市の中間に位置し、北海道北部エリアの拠点の一つです。アイヌ語で川のそばの国を意味し、市街地は名寄川と天塩川に挟まれています。2006年に合併した風連はもち米で知られ、作付面積は日本一を誇るとか。名寄は盆地のため、夏には30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス30度近くまで下がります。寒暖差、60度という厳しい自然環境が特徴です。そのため、サンピラーやダイヤモンドダストといった自然現象が楽しめます。すぐ隣にはマイナス41.5度という日本一寒い温度を記録した美深町があり、北海道の中でも極寒地域の一つです。記事はこちら

▼名寄公園
名寄

ソフト大福

ソフト大福には18種類の味があります。値段は1つ、126円。今回はハスカップとチーズを購入しました。外にあるイートインスペースで食べることに。外側のもちは弾力があり、もちもちした食感。あんこの甘さが濃厚。私にはちょっと甘すぎましたが、私の周りにもファンが多いです。甘党にはもってこいのお菓子ですね。ごちそうさまでした!

▼18種類のソフト大福
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
▼上から見たソフト大福
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
▼チーズ味
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
▼黄色の餡
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
▼ハスカップ味
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
▼紫味の餡
チーズ味とハスカップ味のソフト大福 名寄のもち米の里
駐車場 約80台有
営業時間 09:00~18:00
休日 1月1日
電話番号 01655-7-8686
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 272 440 183*63

名寄についてのページはこちら

名寄

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください