• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【小樽のルタオパトス】外はカリカリで中はしっとりな小さなヴェネチアランデブー

2014/9/19

ルタオ

小樽洋菓子舗ルタオは小樽市に本拠を構える人気菓子店。1996年に開業した株式会社ケイシイシイが経営しています。鳥取の有名な製菓会社の寿スピリッツ株式会社が親会社です。ルタオの由来はオタルを逆さにしたものではなく、フランス語の「小樽の親愛なる塔(Le Tour Amitie Otaru )」の頭文字をとったのだとか。意外ですね。小樽、札幌、千歳、新千歳空港で店舗を展開し、ケーキ・焼き菓子・パンなどを提供しています。

▼店舗内
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー

ルタオ本店が建つ堺町通り沿いにLeTAO PATHOS、Nouvelle Vague LeTAO Chocolatier、Fromage Danish DANI LeTAO、LeTAO PLUSと5店舗もあります。私が訪れたのはルタオパトス。大きな建物で、1階が土産売り場と売店があり、2階がカフェレストランです。1階にはイートインスペースがあり、購入したものをその場で楽しむことができます。そうそう、オンラインショッピングでルタオの商品が売られているのを見つけたので、興味がある方はご賞味あれ。

▼ルタオの様子

堺町通りとメルヘン交差点

堺町通りとメルヘン交差点は小樽駅と南小樽駅の間にある観光名所。小樽駅の東部に位置し、距離は900mほど。中央通りを歩いて約15分で到着します。小樽運河とともに、大正時代と中世のヨーロッパ的な雰囲気を併せ持つ小樽を代表する観光地として知られ、小樽に訪れる800万人の観光客の多くが訪問する定番の観光スポットです。小樽堺町ゆかた風鈴まつりが8月上旬の2日間で開催されます。入場無料。有料駐車場があります。記事はこちら

広告

▼堺町通
メルヘン交差点近辺

小樽

小樽市は約12万人が住む北海道で9番目に大きな港湾都市。札幌市の北西方面に位置し、電車で約30分ほどの距離です。人気の観光都市でもあり、約800万人が訪れます。坂の町としても知られ、名前のついた坂が30近くあり、傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。寿司の町として知られ、100軒近い寿司屋が営業。眼の前に広がる日本海から水揚げされた新鮮な魚介類や北海道各地で捕れた海鮮を楽しめます。気候は比較的過ごしやすく、夏は涼しくて、冬は雪が多いです。昔は雪が降ると陸上の交通機関がマヒするので、陸の孤島と呼ばれていました。詳しくはこちら

▼天狗山の夜景
天狗山

小さなヴェネチアランデブー

売店で小さなヴェネチアランデブーを買いました。値段は350円。イートインスペースがあるので、すぐに食べられます。表面はキャラメリゼされていてパリパリ。内側のしっとりとしたチーズが甘すぎず、程よい感じです。うまい!外側のクッキーもカリッとしていました。ちなみに、店舗近くには駐車場はないので、提携の駐車場を利用してください。ごちそうさまでした!

▼表面はキャラメリゼされている
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー
▼高さは約3cm
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー
▼しっとりしたチーズ
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー
▼甘さは控え目
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー
▼カリッとしたクッキー
小樽のルタオパトス ヴェネチアランデブー
駐車場 無。特約駐車場あり
営業時間 09:00~18:00
休日 無休
電話番号 0134-31-4500
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 493 661 788*00

小樽についてのページはこちら

小樽

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください