• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【小樽の桑田屋本店】カリカリの小樽名物ぱんぢゅう

2015/5/14

桑田屋

桑田屋は小樽市に本拠を構えるぱんじゅう店。2000年に開業しました。桑田 裕氏が代表を務める株式会社 桑田屋が経営しています。色内の小樽運河ターミナルに本店があり、札幌市内に支店を展開中です。ぱんじゅうとは今川焼きとたこ焼きを合わせたようなお菓子。小麦粉を焼いた生地に餡やクリームなどが入っています。三重の伊勢と栃木の足利とともに、北海道でも銘菓として知られ、小樽・札幌・夕張にぱんじゅう屋さんがあります。ぱんじゅうはマレーシアでも評判が高いそうで、出店計画もあるのだそう。海外の方にも人気のお菓子です。ぱんじゅうの他に、スイートポテト、クレープ、まんじゅうやドリンクも販売しています。

▼小樽運河ターミナル内
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-

私が訪れたのは本店。小樽運河や堺町通りが近いです。1922年に三菱銀行小樽支店として建築された小樽運河ターミナルはギリシャ・ローマ建築風の建物で、歴史的な雰囲気があります。建物の中にはイートインスペースがあり、自由に利用することが可能。家族連れでも飲食が楽しめるでしょう。

▼店舗の外観
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-

小樽運河

小樽運河は小樽市の中心附近にある運河です。小樽駅の東部に位置し、距離は700mほど。中央通りを歩いて約10分で到着します。小樽を代表する観光地として知られ、小樽に訪れる800万人の観光客の多くが訪問する定番の観光スポットです。隣接する北のウォール街と呼ばれた色内地区には、明治時代の華やかな雰囲気が感じられる日本銀行・旧日本郵船・旧三菱銀行・旧安田銀行・旧北海道拓殖銀行など歴史的建造物が建ち並びます。石造りの運河が町並みに溶け込み、大正浪漫が感じられる観光地です。入場無料。有料駐車場があります。記事はこちら

▼小樽運河
小樽運河

堺町通りとメルヘン交差点

堺町通りとメルヘン交差点は小樽駅と南小樽駅の間にある観光名所。小樽駅の東部に位置し、距離は900mほど。中央通りを歩いて約15分で到着します。小樽運河とともに、大正時代と中世のヨーロッパ的な雰囲気を併せ持つ小樽を代表する観光地として知られ、小樽に訪れる800万人の観光客の多くが訪問する定番の観光スポットです。小樽堺町ゆかた風鈴まつりが8月上旬の2日間で開催されます。入場無料。有料駐車場があります。記事はこちら

▼堺町通
メルヘン交差点近辺

小樽

小樽市は約12万人が住む北海道で9番目に大きな港湾都市。札幌市の北西方面に位置し、電車で約30分ほどの距離です。人気の観光都市でもあり、約800万人が訪れます。坂の町としても知られ、名前のついた坂が30近くあり、傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。寿司の町として知られ、100軒近い寿司屋が営業。眼の前に広がる日本海から水揚げされた新鮮な魚介類や北海道各地で捕れた海鮮を楽しめます。気候は比較的過ごしやすく、夏は涼しくて、冬は雪が多いです。昔は雪が降ると陸上の交通機関がマヒするので、陸の孤島と呼ばれていました。詳しくはこちら

広告

▼天狗山の夜景
天狗山

ぱんじゅう

平日の14時頃に訪れました。ぱんじゅうソフトドリンクセットをオーダー。値段は450円です。8~9種類あるぱんじゅうの中から3つとソフトドリンクを選択します。店員さんにオススメを聞くと、クリームが人気とのこと。そこで、クリーム、抹茶あん、桜あん、そして、コーラを選びました。

▼ぱんじゅうを上から
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-

粉や小豆の原材料は北海道産のものを使用。高さは4cmくらいで、ピストルの弾丸のような形です。カリカリの皮の厚さは3mmほど。中の具材はシットリしていて、なかなかのお味でした。各種類によりデコレーションも違うのが楽しいです。ごちそうさまでした!

▼桜あん味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼桜あん味を下から
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼桜あん味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼抹茶あん味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼抹茶あん味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼クリーム味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
▼クリーム味
スイーツ ぱんじゅう -小樽の桑田屋-
駐車場
営業時間 09:00~19:00
休日 火曜日
電話番号 0134-34-3840
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 493 690 321*45

小樽についてのページはこちら

小樽

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください