• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【札幌のおやき平中】なんと!90円のハイコスパ今川焼き

2017/1/3

平中

おやきの平中は札幌市白石区菊水にある老舗おやき店。1958年に開業しました。菊水駅から徒歩10分ほどの場所にあり、観光客には不便な場所ですが、近所の人はもとより、学生さんも多く訪れます。おやきとは今川焼きのこと。長野で食べられているおやきとは餡が異なり、北海道のおやきはスイーツと言えるでしょう。こちらでは、5種類のおやきとソフトクリームを販売しています。値段も嬉しいのが特徴で、おやきは1個90円から売っています。お持ち帰りも可能ですよ。

▼建物の外観
おやき -札幌の平中-
▼店内の様子
おやき -札幌の平中-

▼平中の様子

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

おやき

私が伺ったのは土曜日の15時頃。店内はそれほど広くはありませんが、6つほどの小さなテーブルがあり、イートインが可能です。さっそくレジにて、チョコレート、クリーム、マヨチーズを購入しました。それぞれ、90円、90円、120円です。全部で300円なんですからコスパが高いですね。ちなみに、一番人気があるのは創業から親しまれたアンコだそうですよ。

広告

▼3タイプのおやき
おやき -札幌の平中-

焼き立てをいただこうと思い、待つこと15分。店内にはお客さんはいませんでしたが、その間立て続けに5組のお客さんがテイクアウトで買いに来ていました。やっぱり、人気があります。女将さんが焼き上がったおやきとお茶を運んでくれました。まずは、チョコレートを手に取ります。大きさは直径5cmほど。硬めの皮が良い歯ごたえです。皮を破るとチョコレートが溢れています。皮もチョコレートも甘さ控えめなので、甘党じゃなくてもいけちゃう感じです。

▼上から見たおやき
おやき -札幌の平中-
▼硬めな皮
おやき -札幌の平中-
▼チョコレート
おやき -札幌の平中-

続いて、マヨチーズ。マヨネーズとチーズに青のりを加え、お好み焼きっぽい感じです。もちろん、お味はしょっぱい系。イロモノ系の食べ物かと思いきや、これはアリな美味しさで、面白い味です。最後は、私のおやきの定番であるクリーム。ねっとりした甘さが疲れを癒やしますね。次回はハンバーグとアンコを食べて、全制覇を達成します。ごちそうさまでした!

▼マヨチーズ
おやき -札幌の平中-
▼クリーム
おやき -札幌の平中-
駐車場 無料駐車場2台
営業時間 10:00~18:00
休日 日曜・祝日
電話番号 011-821-2645
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 525 083*25

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください