• 食物
  • Sweets
  • EasternArea

【帯広のクランベリー本店】バランスのとれた甘さのスイートポテト

2015/12/2

クランベリー

クランベリーは帯広市にある老舗洋菓子店。1972年に創業しました。水戸部 公平氏が代表を務める株式会社クランベリーが経営しています。元の名前はアンデルセンで、こっちの名前の方が有名かもしれません。帯広市内と札内に本店と支店を展開中です。スイートポテトで名を馳せ、帯広の名物お菓子として知られています。その他に、焼き菓子・まんじゅう・チョコレートも販売し、読谷(よみたん)ソフトクリームも有名です。

▼建物の外観
スイートポテト -帯広のクランベリー-

私が訪れたのは本店。帯広中央公園が近いです。店内は窓ガラスから日光が良く入り、とても明るい雰囲気。イートインスペースがあり、こちらで食べていくことができます。

▼店内の様子
スイートポテト -帯広のクランベリー-
▼テーブル席
スイートポテト -帯広のクランベリー-

交通手段リスト

帯広と札幌・旭川の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から帯広行き
中央バス(Chuo Bus) 帯広から札幌行き
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 帯広駅と帯広空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 帯広駅近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 西5条、西18条、大通に店舗あり。

帯広

帯広市は約17万人が住む北海道で6番目に大きな商業都市。北海道東部エリアの拠点の一つで、十勝地方の中心地として栄えています。十勝全域の農業産品の集積地としても有名で、じゃがいも・ビート・小麦・長芋などが名産として知られています。夏は30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス20度近くまで低下。寒暖差が大きいのも特徴で、北海道の中で雪は少ない方です。そのため、冬はスケートが盛ん。オリンピックで金メダルを獲得した清水宏保選手を筆頭に、競技人口が多いです。記事はこちら

広告

▼ホテルボストン
帯広温泉 ホテルボストン

スイートポテト

平日の12時頃に訪問しました。お客さんが次々と訪れ、スイートポテトを購入していきます。やはり、人気がありますね。私は店内で飲食ができるスイートポテトセットをオーダー。値段は450円です。一切れのスイートポテトと飲み物のセットで、ホットコーヒーを選びました。

▼スイートポテト
スイートポテト -帯広のクランベリー-

待つこと8分程で、スイートポテトセットの登場です。表面の焼き目が食欲をそそりますね。横から見るとスイートポテト、クリーム、サツマイモの皮に分かれていることが判ります。

▼スイートポテトを上から
スイートポテト -帯広のクランベリー-

さっそく、スイートポテトを一口。うまい!スイートポテト部分は甘さ控えめで、カスタードの部分に強い甘みがあり、バランスがとれたおいしさです。お持ち帰りは大きなスイートポテトを持ち帰ることが可能。大きさが自慢のスイートポテトですから、お土産に良いかもしれませんね。ごちそうさまでした!

▼スイートポテトの断面。クリームとスイートポテトの2層に
スイートポテト -帯広のクランベリー-
▼スイートポテト
スイートポテト -帯広のクランベリー-
▼クリーム
スイートポテト -帯広のクランベリー-
▼ケーキの裏側はサツマイモの皮
スイートポテト -帯広のクランベリー-
駐車場 6台有
営業時間 09:00~20:00
休日 無休
電話番号 0155-22-6656
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 124 624 742*25

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください