• 2016/4/28
  • foods
  • Sweets
  • CentralArea

【札幌のボン・ヴィバン】グラッパとミルフィーユ

ボン・ヴィバン

ボン・ヴィバンは札幌市中央区にある人気フランス菓子店。中島公園が近く、ホテルライフォート札幌が目の前です。ボン・ヴィバンとはフランス語で美食家との意味。オーナーシェフの久保 健寛氏は大阪の超有名フランス菓子店「なかたに亭」で働かれていたそうで、2010年に創業しました。ケーキ・パン・チョコレート・焼き菓子等を販売しています。

▼店舗の外観
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-

4階建て建物の1階に店舗があり、店内はオシャレな雰囲気。それほど広くはありませんが、気持ちの良い空間が広がります。イートインスペースはありません。そうそう、オンラインショッピングでボン・ヴィバンのチョコレートが売られているのを見つけたので、興味がある方はご賞味あれ。

▼ショーケース
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼店内の様子
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-

中島公園

中島公園は札幌市中央区すすきののすぐ近くにある総合公園。面積は236.295m2で、1886年に開園しました。日本都市公園100選と日本の歴史公園100選にも選ばれ、都心の中にあっても緑が豊かな公園として知られています。敷地内には、鴨々川・菖蒲池・日本庭園・豊平館・コンサートホールKitara・天文台・八窓庵・こども人形劇場こぐま座・中島体育センター・北海道立文学館・中島公園庭球場・弥彦神社・中島公園ボート乗り場などがあり、多くの人が訪れる場所です。春は桜、秋は紅葉の名所としても有名で、札幌市民の憩いの場になっています。桜の見頃ははだいたい4月下旬~5月上旬。紅葉の見頃はだいたい10月中旬~10月下旬。また、コスプレの撮影会もよく行われるようで、皆さん楽しそうに撮影しています。入場無料。駐車場はありません。記事はこちら

▼中島公園の紅葉
札幌の中島公園

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

グラッパとミルフィーユ

ケーキの造形が食欲をそそりますね。どれも美味しそうで、迷ってしまいます。そこで店員さんに人気のケーキを尋ねると、一番人気がグラッパで、二番人気がミルフィーユとのこと。その2つを購入しました。値段はそれぞれ486円です。

広告

▼ボン・ヴィバン
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼オシャレスイーツ
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-

中島公園が近いので、桜の咲き始めた中島公園に移動し、ケーキを食べることにしました。まずはグラッパ。ブランデーの1種である「グラッパ」を使用したチョコレートケーキです。なかにはふわふわのムースが入っていて、外側はビターなチョコレートでコーティングされています。全体的に甘さ控えめで、お酒の匂いも漂わす大人なスイーツです。

▼中島公園
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼グラッパ
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼ビターな味
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼ふわふわムース
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-

続いて、ミルフィーユを食べようとしましたが、カラスが執拗に絡んできます。美味しいものだとわかるんですね。悪いんですが、譲るわけにはいきません。さて、そのミルフィーユ。サクサクパイとコクのあるバターをサンドしています。赤いいちごがワンポイント。バタークリームが濃厚で、サクサクしたパイとの食感が気持ち良いです。美味しい!ごちそうさまでした!

▼カラスも狙いに来た
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼ミルフィーユ
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼ミルフィーユを上から
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼ミルフィーユとバタークリームをサンドしてある
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
▼サクサクのミルフィーユ
グラッパとミルフィーユ -札幌のボン・ヴィバン-
駐車場
営業時間 11:00~20:00
休日 月曜日・火曜日
電話番号 011-521-3433
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 463 248*33

札幌についてのページはこちら

札幌

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください