• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

【札幌のべんべや本店】チョコレートでチョコレートを溶かすグラスオペラ

2014/11/6

べんべや

べんべやは札幌市に本拠を置く人気洋菓子店。1990年に創業しました。べんべとは弁辺村のことだそうで、創業者の出身地が豊浦町だったことから豊浦の旧名を店名に冠したそうです。株式会社ビー・リガーレが経営し、現在は土井 大輔氏がオーナーシェフを務めます。手稲星置に本店を構え、札幌市内に支店を展開中。ケーキ、焼き菓子、ソフトクリーム、アイスクリームなどのスイーツとドリンクを提供しています。

▼店舗の外観
グラスオペラ -札幌のべんべや-

私が訪れたのは本店。星置西公園が近く、2010年に建てられて建物がオシャレです。店内は白を基調にした内装で、そこそこ広く、気持ちの良い空間が広がります。焼き菓子などの販売スペースと喫茶スペースがあり、喫茶スペースには庭も用意されていて、自由に出入りすることが可能。喫茶スペースの内装や家具もオシャレで、くつろぎやすい雰囲気になっています。座席は全てテーブル席なので、家族連れでも飲食が楽しめるでしょう。

▼喫茶室
グラスオペラ -札幌のべんべや-
▼庭園
グラスオペラ -札幌のべんべや-

▼べんべやのケーキづくりの様子

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

グラスオペラ

窓際の席に座ると、メニューがお店の方より手渡されました。オススメを伺うと、喫茶室でしか食べられないメニューがいくつかあり、その中で一番人気がグラスオペラなのだそう。早速、そちらをオーダー。値段は864円です。ちなみに、この商品は11時~16時までしか販売していません。

広告

▼上から見たグラスオペラ
グラスオペラ -札幌のべんべや-

約10分ほどで、チョコで蓋をされた器のグラスオペラが現れました。見た目にはただのチョコレートしか見えませんが、中にはコーヒーのグラニータ(氷菓子)、キャラメルとナッツの自家製アイスクリーム、アーモンドスポンジ、カスタードクリーム、生クリームが入っています。一品一品パティシエがつくるそうです。

▼ソース・ショコラ・オ・キャフェをシートチョコにかける
グラスオペラ -札幌のべんべや-

食べ方は、ソース・ショコラ・オ・キャフェという温かいチョコレートをシートチョコにかけて、溶かして食べます。お店の方が温かいチョコをかけてくれるのですが、これが面白いというかビックリします。エンターテイメント性があるスイーツです。

▼シートチョコに穴が開く
グラスオペラ -札幌のべんべや-
▼上から見たグラスオペラ
グラスオペラ -札幌のべんべや-

残ったシートチョコを砕いて、中のスイーツと混ぜて食べました。味はかなりビター。苦味ばしっていますが、アイスクリームと一緒に食べるとまろやなか甘さになります。見た目にも楽しく、美味しいスイーツです。ごちそうさまでした!

▼シートチョコを割る
グラスオペラ -札幌のべんべや-
▼アーモンドスポンジ
グラスオペラ -札幌のべんべや-
▼アイスクリーム
グラスオペラ -札幌のべんべや-
駐車場 16台有
営業時間 10:00~19:00
休日 不定休
電話番号 011-685-5455
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 493 503 469*54

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください