• 食物
  • Meal
  • CentralArea

新鮮なネタに北海道の美味しさを実感 -札幌のすし屋のさい藤-

2017/3/23

すし屋のさい藤は、札幌市中央区すすきのにある人気寿司店。2000年に開業しました。平日の17時30分に先輩とともに伺いました。店内は約10席ほどのカウンター席とテーブル席がいくつかあり、こじんまりとした雰囲気です。

▼建物の外観
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-

我々はカウンター席に座り、メニューを見ます。まずは飲み物を選ばなければならないので、飲み物のメニュー見ました。とりあえず、ビールを頼むことに。確か値段が書いて無かったので、ちょっとドキドキしましたね。その後、華コースでオーダー。値段は一人10800円です。※正確にはおごってもらったので、私は払っていないんですがね。こちらのコースは、お通し、酒肴、小鉢、お造り、焼き物、握り、香物、汁物が順次提供されます。目の前では若い板さんが客の食べ具合に応じて、ちょうどいい間合いで料理を出してくれるので、我々の会話も弾みみました。

▼カウンター席の様子
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼一人分のお膳
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼まずはビール
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-

1品目は、お通しのおひたし。小松菜なのかな?何か忘れましたが、丁度良い歯ごたえでした。2品目は、刺身。カンパチ、マグロ、ホタテ、ホッキ、シャコです。マグロは北海道は渡島半島の函館戸井で水揚げされるらしく、こちらのお店のオススメでもあります。私はコリコリのホタテに感動。鮮度が高いんですね。うまい!先輩はホッキ貝に感動していました。

▼おひたし
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼新鮮なネタ
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼カンパチの刺身
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼マグロの刺身
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼コリコリのホタテ
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼ホッキ貝
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼シャコ
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-

3品目は、カニ身とカニみそとあん肝の小鉢。さらに、アワビの燻製なのかちょっとわかりませんが、弾力があって美味しいものでした。4品目はアスパラの焼き物。味噌っぽいソースをつけて食べます。5品目は、箸休め的な切り身の小鉢です。

▼カニ身とカニみそ
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼男山とあん肝
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼弾力のあるアワビ
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼アスパラ焼き
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼切り身
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-

6品目はお寿司。カンパチ、マグロ、イカ、カニ、ニシン、イクラ、ウニを板さんがつくってくれました。特に、ニシンの寿司は珍しく、北海道でもあまり食べられるものでは無いようです。先輩も喜んでいました。最後に、ふのりの汁物を頂いて、終了。だいたい1時間~1時間30分くらいで食べ切ることができます。ふのりの汁物もそうですが、北海道の海産物を色々堪能できるのが嬉しいですね。道外や海外の方に喜ばれそうで、人気があるのも納得です。

▼カンパチの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼マグロの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼目の前で寿司が作られる
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼イカの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼カニの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼ニシンの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼イクラの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
▼ウニの寿司
寿司 -札幌のすし屋のさい藤-
駐車場 無し
営業時間 11:00~14:00、17:00~24:00
休日 不定休
電話番号 011-513-2622
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 492 057*88

札幌の食べ物と温泉のページはこちら

札幌の食べ物と温泉

Comment

Comment