• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【八雲の亀や】地物の海鮮を使った特上寿司

2015/5/1

亀や

亀や寿司は函館市の北西方面に位置する八雲町の老舗の寿司屋。1968年に創業しました。八雲駅が近いです。ミシュランガイド北海道2012特別版でビブグルマンを獲得したお店として知られます。3階建ての建物の1階に店舗があり、店内はまさに寿司屋といった雰囲気。それほど広くはありませんが、カウンター席、テーブル席、個室があるので、家族連れでも安心して、食事が楽しめるでしょう。

▼建物の外観
特上寿司 -八雲の亀や-
▼店内の様子
特上寿司 -八雲の亀や-

北海道の寿司

寿司は米飯に生の魚介類など多彩な具が使われた料理。握り寿司がよく知られ、その他に巻きずし・いなり寿司・バラ寿司・ちらし寿司・押し寿司・飯寿しなどバラエティに富みます。日本では奈良時代頃からなれずしが食べられていたそうで、多くは発酵食品として作られていました。江戸時代に握り寿司が誕生。江戸城下で大人気になったとか。当時は料理というよりもおやつという感覚だったそうです。明治時代に刺し身を使った握り寿司が普及し始め、一口サイズの酢飯をシャリに使ったものが一般的になりました。そのため、寿司と言えば握り寿司を指している場合が多いです。詳しくはこちら

▼握り寿司
寿司

特上寿司

訪問したのは平日の開店直後、11時30分。亀やには駐車場がないので、八雲駅の駐車場に車を停車することに。私が一番客です。カウンターの席に座り、メニューを見て、特上寿司をオーダーしました。値段は2100円。お茶は玉露と抹茶のブレンド茶で、これが結構美味しいです。

▼特上寿司を上から
特上寿司 -八雲の亀や-

10分ほどで、皿の上にのった寿司とお吸い物が出てきました。寿司ネタはひらめ、まぐろ、ボタンエビ、ホッキ、ズワイガニ、とびっこ、うに、巻物。内浦湾の海産物も使われているとか。見た目にも美味しそうです。早速、頂くことに。ネタも大き目で、ウマい!食べている間にご主人と会話すると、八雲のあれやこれやを教えて頂きました。ありがとうございます!

広告

▼うに
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ズワイガニ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ほっき貝
特上寿司 -八雲の亀や-
▼マグロ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ひらめ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼とびっこ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ボタンエビ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ホタテのヒモからダシがとられたお吸い物
特上寿司 -八雲の亀や-
▼干瓢巻き
特上寿司 -八雲の亀や-

さらに追加で、八雲産のアカガレイとホタテも頂くことに。特に地物のアカガレイは大きい上に甘みもあり、美味しく感じました。そして、結構お腹がきつくなります。ごちそうさまでした!

▼八雲産のアカガレイとホタテ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼アカガレイ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼ホタテ
特上寿司 -八雲の亀や-
▼玉露と抹茶のブレンド茶
特上寿司 -八雲の亀や-

私が食べた特上寿司とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼特上寿司の様子

駐車場
営業時間 11:30~14:00と16:00~22:00
休日 日曜日
電話番号 0137-63-2609
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 687 603 188*83

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください