• イベント
  • Good
  • Other

北海道の冬のスポーツの一つであるスキージャンプ

2015/1/17

スキージャンプとは、ジャンプ台から滑り下りて、飛距離と姿勢の美しさを競う競技。時速80~100キロの速度で35度の傾斜を滑り降り、遠くまでジャンプし、最後にはテレマークと言われるポーズで着地しなければなりません。飛んでいる最中の姿勢も審判にジャッジされ、それぞれポイントに換算。飛距離と着地・姿勢のポイントを合算して、優勝を争います。

▼ジャンプ中
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼体を安定させる
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼着地
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼テレマークが決まる
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼得点が表示される
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技

ジャンプ中の雰囲気を動画で確認できます。

▼ジャンプ中の様子

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

スキージャンプは1808年にノルウェーで生まれたと言われています。オリンピックの競技種目でもあり、ワールドカップも開催される冬の代表的スポーツの一つです。北海道には、競技場が5つ。大倉山ジャンプ競技場、宮の森ジャンプ競技場、名寄ピヤシリシャンツェ、荒井山ジャンプ競技場、朝日三望台シャンツェです。その中で、大倉山ジャンプ競技場に訪れました。

▼大倉山ジャンプ台
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼観客が集まっている
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼スタート位置
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技

選手が飛ぶ前にパッカーがジャンプ台を整備し、人力で急斜面を踏み固めていきます。その間、罫線である笹を整理したり、スプレーをかけたりの保守作業も平行して実施。笹が使われることが不思議だったので、近くのおじさんに尋ねたら、ヨーロッパが笹を使っているからだそうです。その後、テストジャンパーがジャンプをし、実際に飛べる条件かを確認。最後に選手がジャンプします。その過程はテレビでは放送されないので、ライブで見て初めてわかることでした。ジャンプ競技は多くの裏方さんが支えていることを知りました。

▼急斜面を整備するパッカー
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼ラインは笹
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼思わずガッツポーズ
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼ブレーキをかける
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼テレビの撮影
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼ゆるキャラもいる
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技
▼表彰式
スキージャンプ 札幌の大倉山スキージャンプ競技

大倉山スキージャンプの雰囲気を動画で確認できます。

▼大倉山スキージャンプの様子

Comment

Comment