• 自然
  • Little-KnownGoodSpots
  • CentralArea

【ニセコ共和の神仙沼】北海道を代表する紅葉の名所

2014/7/10

神仙沼

神仙沼は札幌市の西方面に位置するニセコの共和町にある神仙沼湿原最大の沼。標高約770m地点の高地にあります。紅葉が美しいことで知られ、秋には多くの観光客が訪れます。「皆が神、仙人の住みたまう所」という言葉に感銘を受けた日本のボーイスカウトの父と呼ばれる下田豊松氏により神仙沼と名付けられました。北海道道66号沿いの神仙沼駐車場には神仙沼自然休養林休憩所があり、食事や休憩ができます。営業期間は5月下旬~11月上旬。また、神仙沼自然休養林展望台とトイレもありますよ。入場無料。駐車場も無料です。
神仙沼花散歩マップ

▼神仙沼の様子

▼神仙沼の紅葉
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼観光客が多い!
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼自然休養林休憩所
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼2階にある休憩室
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼1階は売店とレストラン
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼トイレもある
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

岩内の中心からは約20km離れ、このあたりには独立した飲食店やコンビニはありません。ニセコ新見温泉とニセコ湯本温泉が比較的近いです。札幌あるいは新千歳空港から神仙沼への直通バスはありませんが、札幌と岩内の間には高速バス「高速いわない号」が運行し、比較的早く移動できます。また、札幌からはバスツアーも組まれているので、利用してみるのも良いでしょう。

ニセコ新見温泉

ニセコ新見温泉は札幌市の西南部に位置する蘭越町の温泉地。標高497mの山深い場所で、北海道道268号に沿って進むと通行止めゲート(10月下旬~5月下旬の冬季閉鎖)の直前に2軒の温泉旅館が隣あっています。新見本館と新見温泉ホテルです。周りは緑しかなく、まさに秘湯という言葉がピッタリな場所と言えるでしょう。蘭越の中心地から車で30分くらいです。そのため、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店もありません。1908年に新見直太郎氏が温泉を発見したことからその名前がつけられました。なんと直太朗氏の夢に現れた神さまのお告げによってみつけたのだとか。建物の近くには新見直太郎氏の銅像も建っています。ただ、残念ながらどちらの旅館も2016年に廃業し、2017年に新見本館が新見温泉として、リスタートを切りました。記事はこちら

▼新見本館
ニセコ新見温泉 新見本館

ニセコ湯本温泉

ニセコ湯本温泉は札幌市の西南部に位置する蘭越町の温泉地。チセヌプリの麓にある標高約560mの地点に、3軒の温泉施設・チセヌプリスキー場・ニセコ大湯沼・小湯沼・大湯沼自然展示館・湯本温泉野営場があり、夏には大湯沼で足湯も楽しめ、冬にはスキーが楽しめます。ただ山深い場所なので、レストラン・カフェ・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。記事はこちら

▼紅葉音
ニセコ湯本温泉 紅葉音

ニセコ

ニセコは札幌市の南西方面に位置する町村の総称。ニセコ町を中心に倶知安町・京極町・真狩村・喜茂別町・共和町・蘭越町・岩内町を含んで、ニセコエリアと呼ばれます。ニセコとはアイヌ語で峡谷にある川を意味するそうで、語源の川はニセコアンベツ川だとか。冬はスキー・スノーボード、夏は尻別川でラフティングが楽しめます。羊蹄山・神仙沼・大湯沼など自然も多彩なことも特徴に挙げられるでしょう。さらに、羊蹄山の自然の恵みが還元された美味しい水、美味しい食材も豊富。春は桜、夏はサマーアクティビティ・自然、秋は紅葉、冬はウィンターアクティビティが楽しめ、北海道の自然を年中満喫できる地域です。記事はこちら

▼羊蹄山
羊蹄山

神仙沼の観光地リスト

神仙沼・神仙沼湿原・大谷地フサスギナ群生地・長沼があります。私が訪れたことがあるのは以下です。

神仙沼湿原と神仙沼

神仙沼湿原は4.18haの高層湿原。中小の池が点在し、その中にある最大の沼が神仙沼です。神仙沼湿原と神仙沼の紅葉は北海道の紅葉スポットの中で、最も美しいといわれるスポットの一つです。様々な色に染まった葉が綺麗で、その様子を見るために多くの観光客が訪れます。もし、感動が欲しいなら伺ってみてください。絵画のような紅葉が楽しめるでしょう。見頃はだいたい9月下旬から10月上旬。そうそう、秋だけじゃなく夏も気持ちが良い高原です。1~2時間もあればグルッと一周できます。しかし、木道は高低差があり結構疲れるので、動きやすい靴を履いたほうが良いかもしれません。

▼白樺の木が北海道らしさを感じさせます
神仙沼
▼ムシカリの実
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

神仙沼への登山道は神仙沼自然休養林休憩所側と大谷地側の2つあります。神仙沼自然休養林休憩所側の登山道はほぼ木道が整備されていて、20分ほどで神仙沼と神仙沼湿原に辿り着ける他、途中から長沼に向かう木道も整備されています。歩きやすく楽チンでした。一方、大谷地側の登山道はかなりの難路。汗だくで30分ほどかかりました。大谷地駐車場では絶滅危惧種のフサスギナが自生する様子を見ることができます。ちなみに、大谷地駐車場には、駐車場があるのみで施設は何もありません。

▼神仙沼自然休養林休憩所側の神仙沼の入り口
神仙沼
▼順路がある。右回り
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

湿原の上には一方通行の木道が整備され、一周することが可能。湿地にはエゾカンゾウやヒオウギアヤメなどの植物が咲きます。箱庭のような湿地と低層の灌木がとてもいいですね。

▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼小池が点在
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼草原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼が見えてきた
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼展望デッキ
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

神仙沼の周囲長は約500m。最大水深は約2m。それほど大きくはありません。沼の南側に20人くらいが入れる展望デッキが建ち、ここから神仙沼を眺めることができます。秋にはアカエゾマツの紅葉に囲まれた沼が絵画のように見え、とても素敵な景色です。

▼神仙沼
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼綺麗な紅葉
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼絵画のよう
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼観光客が続々とやってくる
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼比較的大きい池
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼小沼が多い
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼美しい景色
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼ハイマツ
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼神仙沼湿原
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼
▼もみじの紅葉
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

紅葉に染まる神仙沼の雰囲気を動画で確認できます。

広告

▼神仙沼の様子

夏の神仙沼は新鮮な空気が美味しく、少し肌寒いくらいです。緑と青の景色が綺麗で、とてもリラックスできます。

▼神仙沼
神仙沼
▼神仙沼
神仙沼
▼神仙沼
神仙沼
▼神仙沼湿原
神仙沼湿原
▼ヒオウギアヤメ
ヒオウギアヤメ
▼沼
沼
▼トンボ
トンボ
▼アカエゾマツ
アカエゾマツ
▼神仙沼湿原
神仙沼湿原
▼エゾカンゾウ
エゾカンゾウ
▼木道が整備されている
神仙沼湿原
▼癒される場所
神仙沼湿原

夏の神仙沼の雰囲気を動画で確認できます。

▼神仙沼の様子

入場料 無料
駐車場 神仙沼駐車場 80台有(無料)
営業時間 24時間 ※レストハウス 09:00~17:00
休日 冬季
電話番号 0135-73-2011
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 398 551 227*37

大谷地フサスギナ群生地

大谷地フサスギナ群生地は神仙沼の東部にあります。北海道道66号沿いには大谷地駐車場があり、ここから神仙沼と大谷地フサスギナ群生地に行くことが可能です。氷河期時代の生き残りと言われ、希少なフサスギナが自生しています。この規模の群落は稀だそう。歩き続けると大沼に到着します。

▼大谷地
大谷地
▼大谷地
大谷地
入場料 無料
駐車場 大谷地駐車場 15台有(無料)
営業時間 24時間
休日 冬季
電話番号 0135-73-2011
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 398 552 170*22

長沼

シャクナゲ岳の麓、標高780mにある長沼。ひょうたんのような形です。人造湖で、貯水池として利用されています。神仙沼駐車場から30分ほど歩くと到着。地獄と天国があわさったような不思議な景色が広がる場所です。

▼シャクナゲ岳と水汲みポンプ
長沼
▼シャクナゲ岳と長沼
長沼
▼岸辺に岩が転がる
長沼
入場料 無料
駐車場 神仙沼駐車場 80台有(無料)
営業時間 24時間 ※レストハウス 09:00~17:00
休日 冬季
電話番号 0135-73-2011
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 398 520 471*26

アクティビティリスト

いくつかのアクティビティ会社で神仙沼のガイドツアーを実施しています。どのようなガイドなのか、口コミや写真などで詳しい情報を知るために、以下を参考にしてください。

ガイドツアー

北海道ライオンアドベンチャー(Hokkaido Lion Adventure)
そとあそび
ニセコアウトドアセンター(Niseko Outdoor Center)
じゃらん
そとあそび
ニセコ山小屋コテージポレポレ(Niseko Yamagoya Polepole)
ASOVIEW
そとあそび

宿泊施設リスト

神仙沼附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

五色温泉旅館(Goshiki Onsen Ryokan)
Booking
ニセコ山の家(Niseko Yama-no-Ie)
Booking
楽天
月美の宿 紅葉音(Tsukimi-no-Yado Akahane)
Booking
湯ごもりの宿アダージョ(Yugomori-no-Yado Adajo)
HP
Booking
Booking.com

ニセコについてのページはこちら

ニセコ

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください