• 食物
  • Meal
  • NorthernArea

【旭川のぎんねこ】旭川名物新子焼きと絶妙な焼き鳥

2017/5/26

ぎんねこ

焼鳥専門 ぎんねこは旭川市にある老舗焼鳥専門店。1950年に創業しました。飲み屋街5・7小路ふらりーとに並ぶ飲み屋の一つ。旭川名物の新子焼きを提供していることで知られ、地元の人や観光客が集う人気店です。日本の人気テレビ番組「秘密のケンミンSHOW」では、ぎんねこの新子焼きが紹介されました。新子とは若いを意味し、新子焼きは若鶏の半身焼きのこと。旭川市内のいくつかのお店で食べることができます。現在は久保 竜弥が店主を務め、店主は新子焼きの会の会長も担っているとか。営業時間は13時から。昼から酩酊することが可能です。

▼建物外観
新子焼き -旭川のぎんねこ-

店内は広くはなく、歴史ある焼鳥店といった雰囲気。激シブでです。カウンター席と小上がりがありますが、大人数だと厳しいかもしれません。渋い店が好きな方はぜひ伺ってみてください。そうそう、ぎんねこの新子焼きではありませんが、オンラインショッピングで新子焼きが売られているのを見つけたので、興味がある方はご賞味あれ。

▼渋いカウンター席
新子焼き -旭川のぎんねこ-

▼ぎんねこの様子

交通手段リスト

旭川と札幌・新千歳空港・北見・帯広・釧路の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から旭川行き
中央バス(Chuo Bus) 旭川から札幌行き
中央バス(Chuo Bus) 旭川から札幌
じゃらん
楽天
中央バス(Chuo Bus) 札幌から旭川
じゃらん
楽天
旭川電気軌道(Asahikawa Denki Kido) 旭川から新千歳空港
じゃらん
楽天
旭川電気軌道(Asahikawa Denki Kido) 新千歳空港から旭川
じゃらん
楽天
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 旭川から北見
北海道北見バス(Hokkaido Kitami Bus) 北見から旭川
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川
阿寒バス(Akan Bus) 旭川から釧路
阿寒バス(Akan Bus) 釧路から旭川
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 旭川駅、新旭川、旭川空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 旭川駅と旭川空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 旭川駅、旭川四条駅、忠和、東鷹栖、旭川空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 旭川駅と旭川空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 旭川駅と旭川空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 旭川駅近くに店舗あり。
バジェットレンタカー(Budget Rent-a-car) 旭川駅と旭川空港近くに店舗あり。
AGレンタカー(AG Rent-a-car) 末広近くに店舗あり。
じゃらん
ワールドネットレンタカー(World Net Rent-a-car) 旭川空港近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 旭川四条駅と旭川空港近くに店舗あり。

旭川

旭川市は約34万人が住む北海道で2番目に大きな商業都市。北海道北部エリアの中心地として栄えています。昔から木工細工が盛んで、家具の町としても知られ、水もキレイなことから、日本酒の男山酒造や合同酒精などのお酒も有名です。旭山動物園や美瑛など有名な観光地に近く、北海道北部の観光の拠点になっています。旭川は北海道最大の上川盆地にあり、夏は30度近くまで気温が上がり暑く、冬はマイナス25度近くまで下がり、寒いです。そして、豪雪地帯でもあり、雪が多いのも特徴。そのため、雪を使った冬まつりが有名です。記事はこちら

広告

▼旭川市街
旭川

新子焼き

私が平日15時頃に訪れると既に2組のお客さんが盛り上がっていました。板のカウンター席に座り、壁に架かっているメニューを見ます。まずは飲み物からと、女性店員さんに言われ、ノンアルコール飲料をオーダーしました。その後、外せない新子焼きと串モノを4本(かしわ、あずき、えんがわと豚タン)頼みました。価格は新子焼き(1200円)、かしわ(100円)、あずき(100円)、えんがわ(100円)、豚タン(120円)、お通し(100円)、ノンアルコール飲料(400円)です。新子焼きは、塩味とタレ味があり、ハーフ&ハーフという味付けも選択可能。塩味とタレ味の両方楽しめます。また、こちらは焼くのに30分ほど必要とのこと。

▼まずはお通し
新子焼き -旭川のぎんねこ-

新子焼きを待っている間、お通しと串モノが順次提供されます。さすが焼き鳥専門店だけあって、焼き鳥がうまいんです。塩加減が絶妙!車で来ていなければ、酒もはかどること請け合いでした。他のお客さんはチャップ丼をオーダーしていたので、こちらも人気があるようです。滝川のチャップ丼とは別物なんですかね。

▼かしわ
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼あずき
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼えんがわ
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼豚タン
新子焼き -旭川のぎんねこ-

しばし後、新子焼きが現れました。半分づつに別々の味付けで焼かれた鶏肉です。こちらは店員さんが切り分けてくれますが、切り分ける前に写真を撮らせてもらいました。お手を煩わせてホントすいません。さて、それでは早速頂きます。塩味はあっさりした感じ。タレはタレと鶏肉の組み合わさった旨味がいいですね。塩だけだと一羽食べるのはキツイかなと感じましたが、ハーフ&ハーフならどちらの味も食べられるので、お得です。ごちそうさまでした!

▼新子焼き
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼塩味
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼タレ味
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼店員さんが切り分けてくれる
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼タレ味の鶏肉
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼塩味の鶏肉
新子焼き -旭川のぎんねこ-
▼旭川と言えば男山!
新子焼き -旭川のぎんねこ-
駐車場 無し
営業時間 13:00~22:00
休日 月曜日
電話番号 0166-22-4604
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 79 373 112*14

旭川についてのページはこちら

旭川

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください