• 地域
  • TouristSpots
  • NorthernArea

【留萌の千望台】留萌を一望できる夕陽の名所

2016/4/9

千望台

千望台は留萌市の南部に位置する展望地。留萌の町を一望できる標高180mの高台にあります。夕日が沈む様子が美しい名所で、留萌の夕陽は日本の夕陽百選に選ばれました。夜景の名所としても有名です。周辺にはるるもっぺ憩いの森が広がり、ハイキングや遠足などをする留萌市民もいて、憩いの場所となっています。敷地内には千望台レストハウスがあって休憩出来る他、留萌港開発の父である五十嵐億太郎氏の立像が建っていますよ。入場料は無料。駐車場も無料です。

▼千望台
千望台 留萌
▼五十嵐億太郎の立像
千望台 留萌

そうそう、留萌と札幌の間には、高速るもい号と特急はぼろ号が運行しているので、比較的早く移動できます。

高速バスリスト

留萌と札幌の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から留萌行き
じゃらん
楽天
中央バス(Chuo Bus) 留萌から札幌行き
じゃらん
楽天
沿岸バス(Engan Bus) 札幌から羽幌行き
じゃらん
楽天
沿岸バス(Engan Bus) 羽幌から札幌行き
じゃらん
楽天

留萌

留萌市は約2万人が住む北海道で32番目に大きな港湾都市。北海道北部エリアの拠点の一つです。旭川市の北西方面に位置し、水産加工が盛ん。カズノコは国内生産量50%のシェアを誇ります。かつてはこの辺一帯で鰊が沢山穫れていましたが、現在は残念ながら廃れてしまいました。気候については、夏は風が弱く過ごしやすい一方、冬は強風が吹付け、雪も多めです。日本海の荒波が押し寄せる留萌の海岸は、インドのマドラスとスコットランドのウィックとともに世界三大波濤の一つとして知られ、津波ではない高さ7.6m、長さ106mの波濤が観測されたことがあり、最大波高は12.07mの記録を持ちます。冬場は特に荒れるそうですよ。記事はこちら

▼留萌駅
留萌

千望台からの景色

千望台には展望台などはなく、柵沿いに遊歩道上から眺めるスタイル。3本の電波塔が視界を遮りますが、気持ちの良い景色がひろがります。晴れていれば、天売島、焼尻島、利尻富士までも見ることができるそうです。

広告

▼留萌を一望
留萌の千望台

千望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼千望台の様子

入場料 無料
駐車場 25台有
営業時間
休日 冬季
電話番号 0164-42-0569
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 416 303 298*31

宿泊施設リスト

留萌の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ホテル神居岩(Hotel Kamuiwa)
Booking
ホテル ノースアイ(Hotel North. i)
Booking
ホテル ニューホワイトハウス(Hotel New White House)
ビジネスホテル R-inn(Business Hotel R-inn)
Booking
じゃらん
漁師の宿富丸(Ryoshi-no-Yado Tomimaru)
HP
Booking
楽天

留萌のページはこちら

留萌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください