• 2018/9/29
  • foods
  • Meal
  • EasternArea

【佐呂間の北勝水産】揚げたての帆立を使った帆立バーガー

北勝水産

株式会社 北勝水産は北見市の北部に隣接する佐呂間町に本社工場を構える水産加工会社。1979年に創業しました。国道239号に面し、サロマ湖やサロマ湖展望台が近いです。帆立・カニ・いくらなど北海道の海の幸を加工・販売していることで知られます。本社工場は直売店として営業し、観光客も訪れることが可能。店内で水産物や水産加工品が購入できるほか、帆立バーガー・鮭バーガー・帆立カレー・コーヒー・アイスクリームなどの軽食も提供しています。

▼直売所
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-

特に揚げたての帆立を使った帆立バーガーは大人気です。ライダーを中心にした観光客や地元の人々が訪れます。店内は結構広く、清潔感に溢れているので、気持ちの良い空間です。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して利用できるでしょう。そうそう、オンラインショッピングで北勝水産の帆立が売られているのを見つけたので、興味がある方はご賞味あれ。

▼いけす
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼活ホタテ
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼テーブル席
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼カウンター席
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-

サロマ湖展望台

サロマ湖展望台はサロマ湖の南側に位置する佐呂間町の展望台。標高376mの幌岩山の頂上付近に木製の展望台が建ち、サロマ湖を見渡せる唯一の場所です。駐車場とトイレがある他には何もありません。幌岩山には登山道もあり、歩いて訪れることも可能です。所要時間は約60分。サロマ湖展望台で有名なのは、素晴らしい眺望と展望台に到る危険な道路です。富武士の港と北勝水産から頂上に向かう2つのルートがあり、砂利道が5kmほど続きます。車一台が通れる幅しかない悪路ですから、運転には注意が必要。大きな車だとすれ違うのが大変かもしれません。冬季は道路が閉鎖されます。記事はこちら

広告

▼ワッカ原生花園を望む
佐呂間 サロマ湖展望台

サロマ湖

サロマ湖は北見市・佐呂間町・湧別町にまたがる汽水湖。琵琶湖と霞ヶ浦に次いで、日本で三番目に大きい湖です。幅約200~700mの砂州がオホーツク海とサロマ湖を隔て、2箇所だけ海につながっているというもの。昔は季節によって完全に海と湖を隔てていました。周囲長は87kmで、最大水深は19.6m。アイヌ語では名前がなく、ただの湖と呼ばれていたとか。牡蠣やホタテなどの魚介類が美味しいことで知られ、冬はワカサギ釣りが人気です。記事はこちら

▼サロマ湖
北見 サロマ湖

帆立バーガー

サロマ湖展望台に通ずる道の入口のすぐそばに北勝水産があるので、サロマ湖展望台に向かう前に、噂の帆立バーガーを食べるため平日の朝8時に伺いました。朝早くからやっているので、朝食に丁度良かったです。お客さんは私がだけ。券売機で帆立バーガーの2個入を購入。値段は360円です。帆立バーガーには、それ以外に3個入とBigがあります。たくさん食べたい方はBigをどうぞ。

▼包装された帆立バーガー
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-

テーブル席で10分ほど待つと、帆立バーガーが登場しました。揚げたてのオホーツクホタテ・レタス・タルタルソースがバンズに挟まれています。早速、一口。熱々のホタテがうまい!ジューシーな貝柱の厚さは1cmはあるでしょうか。なんとも贅沢な気分です。ガッツいて食べちゃいました。お腹が減っていたら、1個じゃ足りないかも。地元の漁師さん風の方々も帆立バーガーを注文していたので、地元からも愛される食べ物なんですね。ごちそうさまでした!

▼帆立バーガー
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼帆立2個入
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼厚い帆立の貝柱
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼うまい!
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
▼レタスとバンズ
帆立バーガー -佐呂間の北勝水産-
駐車場 25台位有
営業時間 08:00~17:00
休日 不定休
電話番号 01587-6-2121
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 955 058 593*78

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください