• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【札幌の清ちゃん】70年以上使われ続ける透明なスープが命の美味しいラーメン

2014/9/9

清ちゃん

味の清ちゃんは札幌市豊平区美園にある老舗ラーメン店。地下鉄東豊線美園駅や月寒公園が近いです。1942年に屋台からスタートしたとか。90歳を越えるおばあちゃんと息子さんの2人で営業を行い、札幌ラーメンの人気店として知られています。人気テレビ番組の天才!志村どうぶつ園にも取り上げられました。長い歴史の中では有名ホテルの料理長などもお忍びで訪ねてきたこともあったそうです。

▼建物の外観
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

建物はアパートで、1階に店舗があります。暖簾が無ければ、外観からはラーメン屋とはわかり難く、見落としがちです。店内は広くはなく、昭和な雰囲気。古き良きラーメン店が楽しめます。カウンター席、テーブル席、小上がりがあるので、家族連れでも食事が楽しめるでしょう。ただ、昼食時は混雑するので、お気をつけください。ラーメンは30食分しかないそうで、早仕舞いすることも多いとか。

▼メニュー
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

昔ラーメンの塩味

平日の14時頃に訪問しました。先客はなく、客は私一人です。とても親切なおばあさんが接客してくれ、会話も弾みます。オススメを伺うと、全てとのこと。お好きものを選びなさいと言います。思案したあげく、昔ラーメンの塩味をオーダーすることに。値段は800円です。

▼昔ラーメンの塩味
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

5分ほど待って、ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、ほうれん草、メンマ、ゆでたまご、ナルト、麩、ネギ、海苔が盛り付けられています。具材が多いですね。麩やゆで卵と盛り付け方に昔風を感じさせてくれます。透明なスープが丼になみなみと注がれているのも目を見張りますね。

▼美しい透明なスープ
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

早速スープを一口。塩分は濃い目ですが、スープの旨味で塩っぱさをコーティングしているような感覚です。うまい!ラーメンはスープが命とおばあさんが言うとおり、美しく美味しいスープでした。麺は一柳製麺の白っぽい縮れ麺を使用し、スープにもあっています。

広告

▼一柳製麺の縮れ麺
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

1940年頃に栗山に住んでいた時、札幌のホテルでシェフをしていた人からラーメンの作り方を習ったそうで、その時の教えがサラダ油のように透明なサラサラ感が重要だということ。少しでも濁ったら捨てるそうです。このスープを70年以上作り続けているそうで、夜中に行うスープ作りに気を抜けないので大変だとか。伝統ある札幌ラーメンの味が栗山を経由して守り継がれているのもスゴいの一言。ごちそうさまでした!

▼なみなみと注がれた透明感のあるスープ
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-
▼チャーシュー
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-
▼ゆでたまご
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-
▼ほうれん草
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-
▼麩
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-
▼メンマ
昔ラーメンの塩味 -札幌の味の清ちゃん-

私が食べた昔風ラーメンの塩味とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼昔風ラーメンの塩味の様子

駐車場 1台有
営業時間 11:00~17:00
休日 火曜日、第二水曜日、第四水曜日
電話番号 011-831-4147
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 406 740*22

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください