• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【泊の盃温泉】日帰り温泉と弁天島が楽しめる

2016/6/12

盃温泉

盃温泉は小樽市の西部に位置する積丹半島の西岸にある泊村の温泉地。海岸線に沿って断崖絶壁の景色が美しい地域で、1905年頃に温泉が発見されました。1975年には厳しい審査を突破し、国民保険温泉地として環境大臣から指定されています。北海道に15箇所ある国民保険温泉地の一つです。大きく2つのエリアに分けられ、国道229号線沿いに弁天島エリアと盃漁港エリアがあります。全部で6軒の宿泊施設や温泉施設がありますが、残念ながら、お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。盃温泉付近には、弁天島・盃海水浴場・もいわ観光トイレ・盃野営場があります。夏には、キャンパーや海水浴客で賑わうそうですよ。

▼盃温泉
泊の盃温泉
▼弁天島
泊の盃温泉
▼盃海水浴場
泊の盃温泉
▼もいわ観光トイレ
泊の盃温泉
▼盃温泉国民宿舎もいわ荘は更地に
泊の盃温泉

弁天島や茂岩川は釣りスポットとしても知られているようで、釣り師がたくさん訪れます。海釣りから渓流釣りまで、楽しめるようです。また、4月下旬~10月くらいまでは、盃海水浴場でさかずきテラスが営業し、スノーケリングやシーカヤッククルーズのアクティビティも楽しむことができます。カフェも併設し、パスタやカレーなどが食べることができますよ。

▼弁天島の散策路
泊の盃温泉
▼弁天島の散策路
泊の盃温泉
▼弁天島周辺は岩だらけ
泊の盃温泉
▼盃海水浴場
泊の盃温泉
▼さかずきテラス
泊の盃温泉
▼トイレ
泊の盃温泉
▼神社
泊の盃温泉

積丹半島

積丹半島は小樽市の北西部にある半島です。断崖絶壁が続く複雑な海岸線が貴重なことから、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されました。積丹の海はとても綺麗で、澄んで青く見えることからシャコタンブルーと呼ばれています。かつて積丹半島は交通が不便で、観光客がたくさん訪れることがありませんでした。知床のように現在はアクセスしやすくなりましたが、開発が進んでいないので秘境と言われています。記事はこちら

▼神威岬から島武意海岸を望む
積丹半島

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは、弁天島エリアにある温泉民宿レストハウスいわたと茂岩温泉ホテル、盃漁港エリアにある潮香荘です。その他に宿泊施設としては、弁天島エリアに民宿浅野・民宿たけい・民宿たなかがあります。

潮香荘

潮香荘は盃漁港エリアにある小規模温泉旅館。高台の上にあります。年季の入った建物はなかなかの渋さで、昭和の雰囲気を感じさせますね。盃温泉で唯一露天風呂があり、露天風呂からの眺めが素晴らしいことで知られています。日帰り入浴料は500円。宿泊することも可能で、海の幸が多いことで評判です。

▼建物の外観
泊の盃温泉潮香荘
▼浴場入口
泊の盃温泉潮香荘

タイル張りの浴場には、露天風呂が1つ、内湯が1つ、サウナと水風呂が1つづつ。大きな窓がある浴室には太陽が燦々と降り注ぎ、なんとも気持ちが良いです。内湯は10人くらいが入浴できそうな大きさ。熱めのお湯で、柔らかい印象です。

▼内湯
泊の盃温泉潮香荘
▼温泉湧出口
泊の盃温泉潮香荘
▼温泉が掛け流される
泊の盃温泉潮香荘
▼内湯からの眺め
泊の盃温泉潮香荘
▼サウナ
泊の盃温泉潮香荘
▼水風呂
泊の盃温泉潮香荘

露天風呂は10人くらいが入浴できそうな大きさ。内湯の水温に比べ、露天風呂の水温の方が温めです。屋根が無いので、開放感があります。特筆すべきはに露天風呂からの眺め。眺望が素晴らしく、盃漁港や日本海が一望できます。夕方には日本海に沈む夕陽も見られるとか。目隠しがあるので、入浴しながら景色を楽しめませんが、涼みながら景色を眺めるのもなかなか良いですよ。

▼露天風呂
泊の盃温泉潮香荘
▼露天風呂からの眺め
泊の盃温泉潮香荘
▼露天風呂からの眺め
泊の盃温泉潮香荘
▼露天風呂の湧出口
泊の盃温泉潮香荘
▼温泉が掛け流される
泊の盃温泉潮香荘
▼露天風呂からの眺め
泊の盃温泉潮香荘

お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は1.452g/kgです。サラっとした柔らかい印象。飲泉はできるようですが、飲泉施設は見つかりませんでした。

▼脱衣所
泊の盃温泉潮香荘
▼洗面台
泊の盃温泉潮香荘

浴場にはシャンプーとボディーソープが備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーが備え付けられています。トイレは脱衣所に無いので、事前に廊下にあるトイレで用を足すと良いでしょう。浴室入口には冷水タンクもあり、無料で飲むことができます。その他、ガチャガチャが充実していたり、ゲームコーナーなんかもありますよ。

広告

▼冷水も無料
泊の盃温泉潮香荘
▼休憩室
泊の盃温泉潮香荘
▼ゲームコーナー
泊の盃温泉潮香荘
▼ガチャガチャ
泊の盃温泉潮香荘

潮香荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼潮香荘の様子

泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 43.7℃
ph 7.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化、慢性皮膚病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:350円。幼児:無料。
営業時間 10:00~20:00
休日 不定休
駐車場 20台有
電話番号 0135-75-2111
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 775 069 627*06

温泉民宿レストハウスいわた

温泉民宿レストハウスいわたは弁天島エリアにある小規模温泉民宿。平日の10時頃に伺いました。しばらくご主人を見つけられませんでしたが、10分ほど探すと発見。ご主人に伺うと午後から用事があるので、今なら入浴できるということで、入浴させて頂きました。日帰り入浴料は400円です。民宿の食堂を通り抜け、靴を脱いで廊下にあがると、その突き当りに浴場があります。廊下にかざられているちょうちんが目をひきますね。宿泊も可能です。

▼建物の外観
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼食堂
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼ちょうちん
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた

浴場には浴室が2つあり、それぞれにタイル張りの内湯が1つづつあります。各々の内湯は4人ほどが入浴できそう大きさです。源泉がそのまま使用されているので、身体にも良さそう。少しツルッとした手触りで、柔らかい感じです。浴場自体も広くはありませんが、他のお客さんが来なかったので、結構ゆったりできました。

▼内湯
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼湧出口
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼浴場の様子
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼お湯は無色透明
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼内湯
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼湧出口
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼お湯は無色透明
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた

お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は1.548g/kgです。浴場にはシャンプーと石鹸が上の方に備えられています。脱衣所にはドライヤーとトイレはありません。事前に廊下にあるトイレで用を済ませた方がよいでしょう。

▼脱衣所
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼休憩場所
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた
▼休憩場所
泊の盃温泉 温泉民宿レストハウスいわた

私が入浴した温泉民宿レストハウスいわたの雰囲気を動画で確認できます。

▼温泉民宿レストハウスいわたの様子

泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 46.7℃
ph 8.0
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化、慢性皮膚病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:400円
営業時間 10:00~20:00
休日 不定休
駐車場 5台有
電話番号 0135-75-2138
ホームページ
マップコード 775 099 261*52

茂岩温泉ホテル

茂岩温泉ホテルは弁天島エリアにある温泉旅館。温泉民宿レストハウスいわたと隣接し、現在は日帰り入浴専門です。営業時間は15:00~20:00。外観も内装も昭和の雰囲気が満載で、昔を懐かしめる雰囲気です。入浴料は500円。

▼建物の外観
泊の盃温泉
▼浴場入口
泊の盃温泉

窓から太陽が燦々と入ってきて気持ちが良い浴場はタイル張りで、内湯が1つ。源泉掛け流しの温泉を使用しています。大体5人くらいが入浴できそうな大きさで、深さは30cmほど。湯船の底に温泉湧出口があり、コンコンと温泉が湧き出しています。そして、常に湯船からお湯が溢れ出し、排水口に向かって流れていきます。丁度温泉が流れる床が気持ちよく、他にお客さんがいなければトド寝が楽しめそうです。

▼内湯
泊の盃温泉
▼整理されたバス用品
泊の盃温泉
▼源泉が掛け流されている
泊の盃温泉
▼排水口にお湯が溜まっている
泊の盃温泉

地元の方の利用が多く、社交場になっています。お話を伺うと、夏はかなり熱いので、冬が気持ち良いんだよねとのこと。私の体感では43℃くらいの湯加減で、確かに長湯は厳しい感じでした。ただ、夏場は加水されることもあるそうです。それでも、柔らかい感じのお湯で、なんとも気持ち良い入浴でした。

▼内湯
泊の盃温泉

お湯はカルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は1.459g/kgです。飲泉はできるようですが、飲泉場所は見つけられませんでした。脱衣所にはトイレが無いので、事前に廊下にあるトイレで用を足す方が良いでしょう。また、洗面台は廊下にあります。全体的に掃除が行き届き、気持ちの良い空間です。

▼脱衣所
泊の盃温泉

私が入浴した茂岩温泉ホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼茂岩温泉ホテルの様子

泉質 カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 46.9℃
ph 8.3
適応症 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫、運動麻痺、胃腸機能の低下、軽症高血圧、糖尿病、軽い高コレステロール、軽い喘息、肺気腫、自律神経不安定症、痔の痛み、睡眠障害、うつ状態、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、末梢循環障害、冷え症、皮膚乾燥症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘
設備 内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円
営業時間 15:00~20:00
休日 不定休
駐車場 8台有
電話番号 0135-75-2106
ホームページ
マップコード 775 099 261*37

宿泊施設リスト

盃温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

温泉民宿レストハウスいわた(Onsen Minshuku Rest-House Iwata)
Booking
じゃらん
楽天
盃温泉 潮香荘(Sakazuki Onsen Chokoso)
Booking
民宿浅野(Minshuku Asano) 電話:0135-75-2719
民宿たけい(Minshuku Takei) 電話:0135-75-2651
民宿たなか(Minshuku Tanaka) 電話:0135-75-2601

積丹半島のページはこちら

積丹半島

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください