• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【岩見沢の三船】2種類の焼き鳥で勝負する人気店

2014/10/10

三船

やきとり 三船は札幌市の北東方面に位置する岩見沢市の人気焼き鳥店。岩見沢駅のスグそばです。現在は太田 幸一氏が店主を務め、1965年に創業しました。美唄焼き鳥で有名な三船から暖簾分けを受けたお店として知られます。友達の父が岩見沢出身で、友達も帰省した際はもつ焼きを食べるのが習わしとか。岩見沢も美唄と同じく焼き鳥が有名ですからね。よく行くと言っていたのが三船です。

▼店舗の外観
焼き鳥 -岩見沢の三船-

岩見沢の観光地と言えば、鏡沼、大正池、いわみざわ公園バラ園、北海道グリーンランド遊園地、玉泉館跡地公園、岩見沢神社、岩見沢郷土科学館、宝水ワイナリーなどがあります。温泉も湧出していて、岩見沢温泉、毛陽温泉、北村温泉などが有名です。

北村温泉

北村温泉は札幌市の北東方面に位置する岩見沢市北村の温泉地。1983年にボーリングにより温泉を掘り当てたのが北村温泉の始まりです。一軒宿の北村温泉ホテルが北海道道6号沿いに建ちます。周りは沼に囲まれ、釣りやキャンプができる中央ふれあい公園と隣接しています。その他には森林ヘルシー広場パークゴルフ場・北村農業資料館・コンビニがあります。記事はこちら

▼露天風呂
北村温泉 北村温泉ホテル

モツ焼き

営業開始は15時。暖簾が掛けられてから入店すると、カウンターには既に3組のお客さんが食事を楽しんでいました。地元の方々に愛されている証拠なのでしょう。あるお爺さんは焼き鳥食べて、かけそば食べて、おみやげの焼き鳥を受け取って、15時10分には帰っていきました。帰るのが早い!店内は古き良き昭和時代の雰囲気。それほど広くはありませんが、カウンター席・テーブル席・小上がりがあります。

▼セイ肉串とモツ串
焼き鳥 -岩見沢の三船-

私はカウンター席に座り、オーダーの仕方を聞くと、飲み物と何を焼くかをお願いするとのこと。焼き鳥は正肉串とモツ串の2種類のみ。そこで、烏龍茶と正肉串を5本、モツ串を5本オーダーしました。待っている間にしょっちゅう電話がなり、焼き鳥の注文が入ります。お店のスタッフは焼き鳥の本数を聞くと瞬時にいけるかいけないかを判断し、返事をするんですよね。大したものです。

▼上から見たセイ肉串とモツ串
焼き鳥 -岩見沢の三船-

20分ほどで、焼き鳥10本が焼き上がりました。値段は1本100円です。塩加減が調度良く、これはウマい!正肉は噛みごたえがありすぎて、顎が疲れましたが、モツ串は丁度よいですね。私は断然モツ串派です。

広告

▼歯ごたえがあるセイ肉串
焼き鳥 -岩見沢の三船-
▼バラエティに富むモツ串
焼き鳥 -岩見沢の三船-

横のお客さんはかけそばを注文して、焼き鳥をバラして、かけそばに入れていました。これがシメの食べ方かと合点が行き、同じものをオーダー。そしてモツ串を5本追加しました。これをそばに入れると確かにシメ感があります。私にはちょっと塩っぱい汁でしたが、疲れていればこれくらい食べられるのかもしれません。ちなみに全部で2010円!ごちそうさまでした!

▼本当はかけそば
焼き鳥 -岩見沢の三船-
▼自分でもつ焼きをトッピング
焼き鳥 -岩見沢の三船-
▼麺
焼き鳥 -岩見沢の三船-
▼スープは塩っぱ目
焼き鳥 -岩見沢の三船-
▼キンカン
焼き鳥 -岩見沢の三船-

私が食べた焼き鳥とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼焼き鳥の様子

駐車場
営業時間 15:00~21:00
休日 日曜日・祝日
電話番号 0126-24-1788
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 180 121 044*46

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください