• 2016/4/9
  • area
  • TouristSpots
  • NorthernArea

【留萌の礼受牧場】菜の花と日本海が美しい夕陽の名所

礼受牧場

礼受牧場は留萌市の南部の日本海沿いの小高い丘にある市営牧場。敷地内から留萌市内や日本海を展望することができ、景色が良いことで知られます。牧場は現在休業中で、礼受牧場畜産館トリムのみ営業しています。中にはレストランや休憩スペースがあり、牧場ソフトクリームやオロロンラーメンが人気です。標高約50~70mの丘は風のみえる丘と呼ばれ、ウィンドファームを形成。遠くからでも目立ち、10機の風力発電機が目を引きます。5月下旬から6月中旬には菜の花が咲き、綺麗とのこと。入場料は無料。駐車場も無料です。礼受牧場畜産館は10月中旬~4月下旬で休業します。

▼礼受牧場の遠景
留萌の礼受牧場
▼礼受牧場畜産館
留萌の礼受牧場
▼ゴールデンビーチるもい
留萌の礼受牧場

▼礼受牧場の様子

そうそう、留萌と札幌の間には、高速るもい号と特急はぼろ号が運行しているので、比較的早く移動できます。

高速バスリスト

留萌と札幌の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から留萌行き
じゃらん
楽天
中央バス(Chuo Bus) 留萌から札幌行き
じゃらん
楽天
沿岸バス(Engan Bus) 札幌から羽幌行き
じゃらん
楽天
沿岸バス(Engan Bus) 羽幌から札幌行き
じゃらん
楽天

留萌

留萌市は約2万人が住む北海道で32番目に大きな港湾都市。北海道北部エリアの拠点の一つです。旭川市の北西方面に位置し、水産加工が盛ん。カズノコは国内生産量50%のシェアを誇ります。かつてはこの辺一帯で鰊が沢山穫れていましたが、現在は残念ながら廃れてしまいました。気候については、夏は風が弱く過ごしやすい一方、冬は強風が吹付け、雪も多めです。日本海の荒波が押し寄せる留萌の海岸は、インドのマドラスとスコットランドのウィックとともに世界三大波濤の一つとして知られ、津波ではない高さ7.6m、長さ106mの波濤が観測されたことがあり、最大波高は12.07mの記録を持ちます。冬場は特に荒れるそうですよ。Read More

広告

▼留萌駅
留萌

礼受牧場からの景色

標高約50mの丘からは、日本海に沿った砂浜が眺望でき、ゴールデンビーチるもいが目に入ります。青い海が気持ち良いです。綺麗な夕陽も楽しめるとか。山側には風力発電機が建ちます。ただ、近くで見るよりも、遠くから眺める方が景色として楽しめると思います。

▼ゴールデンビーチるもいが見える
留萌の礼受牧場
▼日本海。夕陽も綺麗だそう
留萌の礼受牧場
▼ウィンドファーム
留萌の礼受牧場
▼風力発電機
留萌の礼受牧場

礼受牧場の雰囲気を動画で確認できます。

▼礼受牧場の様子

入場料 無料
駐車場 50台有
営業時間 10:00~18:00 ※時期により異なる
休日 冬季
電話番号 0164-43-0964
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 416 270 517*50

宿泊施設リスト

留萌の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ホテル ノースアイ(Hotel North. i)
Booking
ホテル ニューホワイトハウス(Hotel New White House)
ビジネスホテル R-inn(Business Hotel R-inn)
Booking
じゃらん
漁師の宿富丸(Ryoshi-no-Yado Tomimaru)
HP
Booking
楽天
福広館(Fukuhirokan)
Booking
じゃらん
楽天
大東旅館(Daito Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
光陽館(Koyokan)
Booking
じゃらん
楽天
日栄会館(Nichiei Kaikan)
Booking
じゃらん
楽天
川村旅館(Kawamura Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
広見屋旅館(Hiromiya Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
黄金岬海浜公園キャプ場(Cape Ogon Seaside Park Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
沖見海浜公園キャプ場(Okimi Seaside Park Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
神居岩公園キャプ場(Kamuiwa Park Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
ホテル神居岩(Hotel Kamuiwa)
Booking

留萌のページはこちら

留萌

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください