• 温泉
  • TouristSpots
  • NorthernArea

【礼文島温泉】日帰り入浴が楽しめる礼文島温泉 うすゆきの湯

2015/10/22

礼文島温泉

礼文島温泉は北海道の北部に位置する礼文島の温泉地。香深フェリーターミナルから約200mの場所に礼文島温泉 うすゆきの湯が建ちます。このあたりは礼文の中心で、飲食店・カフェ・お土産屋さん・居酒屋・スナックもあります。観光地として知られた北のカナリアパークと桃岩展望台も比較的近いです。また、礼文で美味しいお店としては、炉ばた ちどり・あとい食堂・海鮮処 かふかが特に人気があります。私は、海鮮処 かふかと、それ以外に、双葉食堂で食べましたが美味しかったですよ。

▼北のカナリアパーク
礼文島の北のカナリアパーク

礼文島

礼文島は周囲72kmの日本最北にある南北に細長い島。本州の3000m級の山でしか見ることができない高山植物を礼文島では標高0mで見ることが可能。レブンアツモリソウを始め約300種類の花が咲き、別名「花の浮島」とも呼ばれています。礼文の観光はトレッキングと島内の周遊がメインです。島内はフェリーポートがある香深の南部地区と北部地区の2つに大きく分けることができ、南部地区には北のカナリアパーク・桃岩展望台・元地海岸があります。北部地区にはスコトン岬・ゴロタ岬・澄海岬・久種湖が有名です。記事はこちら

▼礼文島
利尻礼文サロベツ国立公園

海鮮処かふか

海鮮処かふかは礼文島にある海鮮レストラン。香深漁協が経営し、香深港の近くにあります。新鮮な海鮮が食べられることで人気です。私は平日の11時頃に訪問しました。入店すると、まず焼き物を焼くかどうか聞かれます。ウニやホッケの焼き物を食べたい場合は炉端の部屋に案内されるそう。ただ、私は丼ものだけを食べたかったので、レストランに案内されました。店内は広く、テーブル席が多いので、家族連れでも安心できそうです。記事はこちら

▼いくら丼
いくら丼 -礼文のかふか-

双葉食堂

双葉食堂は礼文北部に位置する船泊にあります。1960年に創業した老舗食堂です。ラーメン、そば、カレーライス、丼ものなどフルラインナップで提供しています。観光客のためのレストランという訳ではなく、地元の方々が訪れる地元民のための食堂という雰囲気。そのため、開店時間も特に決まっている訳ではなく、お客さんとの会話から12時30分くらいにお店を開けたりしているようでした。そんな町の食堂のラーメンが美味しいと聞き、平日の13時30分頃に伺いました。記事はこちら

▼ラーメン
礼文ラーメン -双葉食堂-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは礼文島温泉 うすゆきの湯です。

▼香深フェリーターミナル
礼文島

礼文島温泉 うすゆきの湯

礼文島温泉 うすゆきの湯は2009年に開業した日帰り入浴施設。源泉掛流の温泉に入浴できるので人気があります。香深港も近いので、フェリーを待つタイミングで入浴するのも良いかもしれません。日帰り入浴料は600円。貸切風呂もあり、別途50分1000円で提供中。

▼浴場入口
礼文温泉 うすゆきの湯

2階にある浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、水風呂とサウナが1つづつ。タイル張りの浴室はそれほど大きくはありませんが、窓が大きいので、太陽の光が燦々と降り注ぎ、気持ちの良い空間です。窓越しに利尻富士が見えるのが良いですね。大きい内湯は12人くらいが入浴できそうな大きさで、水温は41℃。小さい内湯は6人くらいが入浴できそうな大きさで、水温は38℃です。どちらも天然温泉を使用しています。

▼浴室の様子(出典:礼文島温泉 うすゆきの湯 HP
礼文島温泉
▼内湯の様子(出典:礼文島温泉 うすゆきの湯 HP
礼文島温泉
▼浴場の様子
礼文温泉 うすゆきの湯
▼お湯は無色透明
礼文温泉 うすゆきの湯
▼良い湯加減
礼文温泉 うすゆきの湯
▼温泉湧出口
礼文温泉 うすゆきの湯
▼ジャグジー・水風呂・サウナ(出典:礼文島温泉 うすゆきの湯 HP
礼文島温泉
▼サウナ。こじんまりとしている
礼文温泉 うすゆきの湯

石造りの露天風呂は4人くらいが入浴できそうな大きさで、天然源泉掛流の温泉を使用しています。壁に囲まれ、屋根があるので、残念ながら開放感は乏しいです。しかし、利尻富士が見えるので、眺望を楽しむことができます。フェリーの出入りも眺められますよ。

▼露天風呂(出典:礼文島温泉 うすゆきの湯 HP
礼文島温泉

温泉はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は1.364g/kg。残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレとドライヤーが設置されています。休憩室が広いので、ゆったり過ごせるのが良いですね。

▼脱衣所
礼文温泉 うすゆきの湯
▼脱衣所
礼文温泉 うすゆきの湯
▼休憩スペース
礼文温泉 うすゆきの湯
▼休憩所
礼文温泉 うすゆきの湯
泉質 ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 50.8℃
ph 8.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消火器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、慢性胆のう炎、胆石症、糖尿病、痛風、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小学生:無料。
営業時間 04月~09月 12:00~22:00、10月~03月 13:00~21:00。
休日 不定休
駐車場 16台有
電話番号 0163-86-2345
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 854 171 664*44

宿泊施設リスト

礼文温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

三井観光ホテル(Mitsui Kanko Hotel)
Booking
ホテル礼文(Hotel Rebun)
Booking
花れぶん(Hana Rebun)
Booking
旅館桜井(Ryokan Sakurai)
Booking
じゃらん
素泊まり花文(Sudomari Kabun) 電話:0163-85-7890
旅館かもめ荘(Ryokan Kamomeso)
Booking
じゃらん
楽天
旅館うきしま(Ryokan Ukishima)
Booking
じゃらん
楽天
旅館一番館(Ryokan Ichibankan)
HP
Booking
ペンション う~に~(Pension Uni)
Booking
民宿山光(Minshuku Sanko)
HP
Booking
楽天
民宿なかむら(Minshuku Nakamura)
Booking
じゃらん
楽天
民宿さざ波(Minshuku Sazanami)
Booking
じゃらん
楽天
民宿香栄丸(Minshuku Koeimaru)
Booking
じゃらん
楽天
民宿やざわ(Minshuku Yazawa)
Booking

礼文島のページはこちら

礼文島

Comment

Comment