• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【蘭越の勝二】赤みそラーメン

2015/10/9

勝二

えぞらーめん 勝二はニセコの蘭越町にある人気ラーメン店。国道5号線に面し、ホーマックニコット蘭越店が近いです。鈴木 勝二氏が店主を務め、ミシュランガイド北海道2012特別版と2017特別版でビブグルマンを獲得したことで知られます。平屋建ての赤い建物が目立つので、見つけやすいでしょう。店内はそこそこ広く、内装には木材がたくさん使用されているので、木の温もりが感じられ、オシャレな雰囲気です。カウンター席とテーブル席があり、家族連れでも安心して食事が楽しめます。

▼建物の外観
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼店内の様子
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-

ニセコ

ニセコは札幌市の南西方面に位置する町村の総称。ニセコ町を中心に倶知安町・京極町・真狩村・喜茂別町・共和町・蘭越町・岩内町を含んで、ニセコエリアと呼ばれます。ニセコとはアイヌ語で峡谷にある川を意味するそうで、語源の川はニセコアンベツ川だとか。冬はスキー・スノーボード、夏は尻別川でラフティングが楽しめます。羊蹄山・神仙沼・大湯沼など自然も多彩なことも特徴に挙げられるでしょう。さらに、羊蹄山の自然の恵みが還元された美味しい水、美味しい食材も豊富。春は桜、夏はサマーアクティビティ・自然、秋は紅葉、冬はウィンターアクティビティが楽しめ、北海道の自然を年中満喫できる地域です。記事はこちら

▼羊蹄山
羊蹄山

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

赤みそラーメン

平日の11時15分頃に訪問。1組の先客が食事を楽しんでいました。私はテーブル席に座り、メニューを見ます。勝二定番の味と書かれた赤みそラーメンをオーダーしました。値段は780円。

▼赤みそラーメン
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-

10分程で、赤みそラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、もやし、ネギが盛り付けられています。早速、スープを一口。うまい!見た目的に味が濃そうなスープですが、飲んでみるとそれほど塩っぱくありません。コッテリしつつ、旨味があるスープです。

広告

▼赤みそラーメンを上から
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼スープ
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-

麺は須藤製麺のストレート麺で、噛みごたえがあり、スープにもあいます。旭川の製麺工場から取り寄せているんですね。食べている間に、続々とお客さんがやってきます。11時45分にはほぼ満席になりそうな勢いでした。地元の方に人気があるラーメン店です。ごちそうさまでした!

▼須藤製麺の麺
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼チャーシュー
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼メンマ
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼炒めもやし
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-
▼コクがあるスープ
赤みそラーメン -蘭越のえぞらーめん勝二-

私が食べた赤みそラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼赤みそラーメンの様子

駐車場 10台有り
営業時間 月・火 11:00~14:30、木・金・土・日・祝日 11:00~14:30と16:30~19:30
休日 水曜日
電話番号 0136-57-6172
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 398 216 333*78

ニセコについてのページはこちら

ニセコ

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください