• 食物
  • Meal
  • EasternArea

【弟子屈の弟子屈ラーメン総本店】摩周湖の伏流水から作られた魚介絞り醤油

2014/8/31

弟子屈ラーメン

弟子屈ラーメンは釧路市の北部方面に位置する弟子屈町に本拠を置く人気ラーメン店。菅原 憲一氏が代表を務める株式会社エフビーエスが経営し、2003年に札幌市で創業しました。2006年に店名に原点回帰するため、弟子屈に本店を移転。総本店と定め、昔ながらの弟子屈のラーメンの味を復活させるための拠点としたようです。弟子屈に総本店があり、支店を札幌、北広島、新千歳空港、福岡空港で展開しています。

▼店舗外観
魚介絞り醤油ラーメン -弟子屈-

私が訪れたのは総本店。店舗は比較的大きく、ラーメン店らしい雰囲気です。カウンター席、テーブル席、小上がりがあるので、家族連れのお客さんも食事を楽しめるでしょう。ただ、いつも結構混み合い、行列することもあるので、ご注意ください。比較的近くには摩周温泉・摩周湖・屈斜路湖などを擁する阿寒摩周国立公園があるので、観光の合間に訪れるのもありですよ。そうそう、弟子屈ラーメンのラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

▼弟子屈ラーメンの様子

摩周湖

摩周湖は阿寒湖の北東方面に位置する弟子屈町のカルデラ湖。アイヌ語で山の神の湖という意味です。阿寒摩周国立公園内に位置し、湖の周囲長は19.8km、最大水深211m。バイカル湖に次いで、世界で2番目に透明度が高い湖として知られています。川が無く、雨が降っても、湖の水位が一定に保たれている不思議な湖です。摩周湖は霧が多く発生する場所で、晴れ間が少ないことから別名「霧の摩周湖」と言われています。湖面から高さ300m~400mの断崖に摩周第一展望台・摩周第三展望台・裏摩周展望台の3つの展望台があります。ちなみに、昔は第二展望台もありましたが、使われなくなり消失してしまいました。記事はこちら

▼摩周湖
摩周湖の第一展望台

屈斜路湖

屈斜路湖は阿寒湖の北東部に位置する弟子屈町にある日本最大のカルデラ湖。約4万年前の大噴火により、現在の形になりました。それ以前は円形の今よりももっと大きな湖だったそうです。インドネシアのトバ湖に次いで、世界でも2番目に大きいカルデラ湖でもあります。阿寒摩周国立公園内に位置し、湖の周囲長は57km。最大水深は117m。湖には日本最大の淡水湖島の中島が浮いていますが、上陸は禁止されています。屈斜路湖の周囲には、藻琴山・和琴半島・美幌峠展望台・津別峠展望台・藻琴山展望駐車公園・ハイランド小清水725・和琴温泉・三香温泉・コタン温泉・池ノ湯温泉・砂湯・仁伏温泉・和琴湖畔キャンプ場・和琴キャンプ場・砂湯キャンプ場・ハイランド小清水キャンプ場などがあります。記事はこちら

▼和琴半島
屈斜路湖の和琴半島

摩周温泉

摩周温泉は釧路市の北方面に位置する弟子屈町の温泉街。大きく2つの温泉地に分かれ、釧路川沿いに弟子屈温泉があり、鐺別川沿いに鐺別温泉があって、それぞれ数軒の温泉施設と宿泊施設が建ちます。世界的にも有名な摩周湖にあやかり、1981年に総称して摩周温泉と名付けられました。道の駅「摩周温泉」があり、足湯も作られています。道の駅の近くにはなんだろう橋や水郷公園もありますよ。1990年には弟子屈駅も摩周駅に改名されました。弟子屈の中心には、飲食店・カフェ・居酒屋・スナックもありますよ。周辺の観光地としては摩周湖と屈斜路湖が特に有名で、900草原・硫黄山・キンムトーも近いです。記事はこちら

広告

▼道の駅「摩周温泉」
弟子屈の摩周温泉

阿寒摩周国立公園

阿寒摩周国立公園は北海道の東部に位置し、日本で1番目・6番目・7番目に大きいカルデラ湖である屈斜路湖・摩周湖・阿寒湖を擁する国立公園。大雪山国立公園とともに北海道で最も歴史ある国立公園で、釧路湿原国立公園の北方面にあります。公園内には雄阿寒岳・雌阿寒岳・阿寒富士・藻琴山・硫黄山・摩周岳・西別岳など個性的な活火山も多く、阿寒湖温泉・雌阿寒温泉・川湯温泉など温泉地も点在する北海道を代表する観光地です。阿寒摩周国立公園は阿寒湖エリア・オンネトーエリア・摩周湖エリア・屈斜路湖エリアの4つのエリアに分けられ、面積は91,413ha。火山の噴火後に出来た森と火山の窪地に出来た湖がつくり出す景観が見どころです。「火山」「森」「湖」が織りなした北海道の原風景があると言われています。900草原や多和平展望台など北海道の素晴らしい景色が楽しめる場所も比較的近いです。記事はこちら

▼冬の阿寒湖
釧路の阿寒湖

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

魚介絞り醤油ラーメン

14時頃に入店しましたが、店内にはお客さんが多いです。さすが人気店。私はカウンター席に座り、店員さんにオススメを聞きました。魚介絞り醤油がオススメで、人気バラエティー番組「ザ!世界仰天ニュース」でも紹介されたそうです。せっかくなので、そちらをオーダーしました。値段は800円。

▼魚介系の苦味のあるスープ
魚介絞り醤油ラーメン -弟子屈-

約10分ほどで、魚介絞り醤油が提供されました。茶道の侘び寂びの世界を思わせる器が目を引きますね。麺の上にはチャーシュー、メンマ、煮玉子、のり、ネギが盛り付けられています。早速、スープを一口。うまい!摩周湖の伏流水を使い、他店の3倍以上の豚骨を弱火で20時間煮込んだ出汁に、魚介と野菜の出汁をあわせて作られたスープは苦味がある濃厚な味わい。同じ魚介系スープでも釧路ラーメンとは全然違う味です。

▼厚切りシャーシュー
魚介絞り醤油ラーメン -弟子屈-

麺は北海道産小麦を100%使用したさがみ屋製麺の特注麺。札幌ラーメンと釧路ラーメンが掛け合わされた感じでしょうか。スープにあいますね。麺ののどごしを楽しみながら、すぐ完食してしまいました。ごちそうさまでした!

▼さがみ屋製麺の中太縮れ卵麺
魚介絞り醤油ラーメン -弟子屈-
▼メンマ
魚介絞り醤油ラーメン -弟子屈-

私が食べた魚介絞り醤油とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼魚介絞り醤油の様子

駐車場 20台有
営業時間 11:00~20:00
休日 10月~3月 月曜日 ※祝日の場合は翌日
電話番号 015-482-5511
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 462 880 210*25

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください