• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【石狩の信玄花川本店】豚骨ラーメンのような味わいの信州コク味噌ラーメン

2014/11/24

信玄

らーめん信玄は札幌市の北部に隣接する石狩市花川に本拠を置く人気ラーメン店。有限会社センゴクが経営し、味噌ラーメンの評判が高いです。本店は石狩市にあり、支店がススキノで営業中。姉妹店にはらーめん影虎もあるとか。戦国大名の武田信玄氏と長尾景虎(上杉謙信)氏から名付けられたように思われるので、会社名の通り、オーナーさんは戦国時代が好きなのでしょう。

▼建物の外観
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-

私が訪れたのは花川本店。石狩手稲通りに面し、石狩消防署が近いです。店内はそれほど広くはありませんが、ラーメン店らしい雰囲気。カウンター席、テーブル席、そして小上がりがあるので、家族連れでも食事が楽しめるでしょう。ただ、昼時は行列必至の人気店のため、とても混み合うので、ご注意ください。そうそう、信玄のラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

▼らーめん信玄南6条店の様子

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

広告

▼ラーメン
北海道のラーメン

コク味噌ラーメン

開店10分前の10時50分に到着し、車の中で開店まで待っていました。待っているのは私一人。ところが、5分前の10時55分頃にはお客さんが次々と来店し始めたのです。その数8組。開店間際の瞬発力に人気店の実力を垣間見ました。私はカウンター席に座ると、一番人気の信州(コク味噌)をオーダー。値段は760円です。信州とは武田信玄の領地であった信濃国の別称で、現在の長野県のことを指します。

▼コク味噌ラーメン
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-

待つこと約10分、コク味噌ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、もやし、ネギが盛り付けられています。早速、スープを一口。50時間以上かけて作られるスープだそうで、想像していた甘じょっぱい味噌ラーメンと違います。どちらかと言えば、豚骨ラーメンのようなまろやかさ。それほど塩っぱさも気になりません。うまい!

▼コク味噌ラーメンのを上から
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-
▼とんこつラーメンのようなスープ
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-

麺は小林製麺のたまご麺で、スープにもあいます。ベーコンのような形をしたチャーシューも特徴的で、うまい!そうそうに食べ尽くしてしまいました。ごちそうさまでした!

▼小林製麺の卵麺
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-
▼ベーコンのようなチャーシュー
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-
▼メンマ
コク味噌ラーメン -石狩の信玄本店-

私が食べたコク味噌ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼コク味噌ラーメンの様子

駐車場 15台有
営業時間 11:00~21:30
休日 不定休
電話番号 0133-72-2022
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 846 633*56

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください