• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【閉店:函館の星龍軒】ミシュランガイドに評価された函館ラーメン

2014/9/5

星龍軒

星龍軒は函館市にある老舗ラーメン店。函館駅と函館朝市が近いです。1951年に創業し、現在は佐々木 由了氏が店主を務めます。函館を代表する塩ラーメンの名店の一つとして知られ、ミシュランガイド北海道2012特別版でビブグルマンを獲得しました。3階建て住宅の1階に店舗があり、店内は昔ながらの老舗食堂といった佇まい。赤、白、黒の色使いが中華料理店らしさを醸し出しています。それほど広くはありませんが、カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも食事が楽しめるでしょう。ただし、非常に込み合うので、行列を覚悟する必要があります。残念ながら2018年4月に閉店しました。以下、営業していた時の話です。

▼建物の外観
塩ラーメン -函館の星龍軒-

交通手段リスト

函館と札幌の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から函館
楽天
中央バス(Chuo Bus) 函館から札幌
楽天
北海道バス(Hokkaido Bus) 札幌から函館
北海道バス(Hokkaido Bus) 函館から札幌
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 函館駅、五稜郭、函館空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 函館駅、函館フェリーターミナル、函館空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 函館駅近くに店舗あり。
バジェットレンタカー(Budget Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワールドネットレンタカー(World Net Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワンズレンタカー(Ones Rent-a-car) 海岸町、函館フェリーターミナル、函館空港、五稜郭、湯の川温泉近くに店舗あり。

函館

函館は約26万人が住む北海道で3番目に大きな港湾都市。北海道南部エリアの拠点です。2004年に戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、亀田半島はほぼ函館になりました。人気の観光都市でもあり、年間500万人が訪れます。函館の中心部は函館山から五稜郭に向かって、砂州の上に街が広がり、両側に海がある独特の景観を持っていることが特徴。函館の中心街は函館駅や函館山周辺だと思われがちですが、実は函館市電五稜郭公園前駅周辺の方が栄えています。坂の町としても知られ、八幡坂・大三坂・基坂など19の名前がつけられた坂があり、函館山の麓は傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。気候は北海道の南部に位置しているので、他の都市よりも暖かく、雪もあまり降りません。詳しくはこちら

広告

▼函館山の眺望
函館

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

塩ラーメン

開店前に並ぶだろうと考え、営業開始11時の10分前に到着。すると、1組しか並んでいません。しかし、結局開店時間には14人が並んでいました。やっぱり人気がありますね。そう言えば、北海道はギリギリで並び始める人が多いです。私はカウンター席に着席後、さっそくお目当ての塩ラーメンをオーダー。値段は580円です。

▼シンプルな函館ラーメン
塩ラーメン -函館の星龍軒-

5分程待って、噂の塩ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、ネギ、三つ葉が盛りつけられています。透明感があるスープがとても美しいです。なんと豚骨ベースなんだそう。豚骨と言えば白濁なスープを思い浮かべますが、それで透明なのが面白いですね。

▼淡い黄金色のスープ
塩ラーメン -函館の星龍軒-

早速、スープを一口。うまい!友達から聞いていた通り、スープはあっさりしつつも、旨味があります。塩っぱいという感じがせず、塩分を旨味が包んだような印象。これがミシュランも認めたラーメンの味なんですなぁ。うめぇー。麺は出口製麺のストレート麺で、歯ごたえもあり、スープに合います。全てを飲み干した後に席を立つと、入口には14人が並んでいました。すごい人気だ。ごちそうさまでした!

▼マイルドな味
塩ラーメン -函館の星龍軒-
▼出口製麺のストレート麺
塩ラーメン -函館の星龍軒-
▼厚切りチャーシュー
塩ラーメン -函館の星龍軒-
▼メンマ
塩ラーメン -函館の星龍軒-

私が食べた塩ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼塩ラーメンの様子

駐車場 2台有
営業時間 11:00~18:00 ※スープがなくなり次第閉店
休日 日曜日、月曜日
電話番号 0138-22-0022
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 86 072 198*73

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください