• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【札幌のQ (キュー)】美味しい鶏白湯しおラーメン

2015/10/30

Q

Q (キュー)は札幌市中央区にある焼き鳥店兼ラーメン店。札幌時計台が近いです。昼間の時間帯にラーメンを提供し、夜の時間帯に焼き鳥を提供しています。ちなみ、昼と夜では店長も違うとか。新しい試みの店舗です。店舗はちょっと見つけづらいかもしれません。入口の前に看板が出ていて、りんどうビルの地下一階にお店があります。現在はそれぞれ店名が変更し、「ヤキトリ、ワイン、日本酒、Q」と「Japanese Ramen Noodle Lab Q」になりました。以下は店名変更前の記事です。

▼建物の外観
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼焼き鳥
焼き鳥 -札幌のQ (キュー)-
▼とろ玉
焼き鳥 -札幌のQ (キュー)-

昼の部の店長である平岡 寛視氏は元プロスノーボーダーでもあり、かつて博多ラーメンの名店として知られる一風堂でラーメンに携わっていたそうです。2014年に独立し、お店を構えました。店内は広く、オシャレの一言。ダイニングバーのような雰囲気です。昼の時間帯は全てカウンター席のような状態。店舗の真ん中に大きなテーブル席が1つとカウンター席があり、大きなテーブル席をシェアする感じです。昼時は混雑するので、家族連れや大人数だとちょっと厳しいかもしれません。

▼店内の様子
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼テーブル席
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼おしゃれトイレ
焼き鳥 -札幌のQ (キュー)-

札幌市時計台

札幌市時計台は札幌市中央区にある歴史建築。札幌のシンボルとして知られ、最も有名な観光名所の一つです。市役所・北海道新聞本社・札幌商工会議所と隣接し、大通公園やさっぽろ創世スクエアなども近くにあります。正式名称は「旧札幌農学校演武場」。1878年に建てられました。国の重要文化財に指定されています。夜にはライトアップされますよ。入場料は200円。駐車場はありません。記事はこちら

▼札幌市時計台
札幌市時計台

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

広告

▼札幌
札幌

白鶏湯しお

平日の13時頃に訪問。入口前の食券売機で、ラーメンを購入します。一番人気は清湯醤油。ですが、私は白鶏湯しおが食べたかったので、こちらを購入。値段は850円です。店内にはお客さんが7名いました。皆さん、お一人で来ている感じ。安心できる雰囲気なので、女性も入りやすそうです。実際、3名の女性客が来ていました。

▼入口前の券売機
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼鶏白湯しお
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-

大きなテーブル席に座り、待つこと約10分。鶏白湯しおが現れました。麺の上にはチャーシュー、ネギ、タマネギ、ほうれん草、糸唐辛子が盛り付けられています。ビジュアルが美しいですね。スープは新得地鶏と香味野菜からダシをとったもので、濃厚でクリーミーな感じで美味しい!刻みタマネギもいい仕事をしています。

▼鶏白湯しおを上から
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼クリーミーで濃厚なスープ
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-

そして、チャーシュー。豚肉と鶏肉のチャーシューが2枚麺の上に載せられています。豚チャーシューの柔らかさがいい!麺は須藤製麺製の平麺で、もちもち感があります。スープにも合って、いい感じだ。これは人気になりますね。ごちそうさまでした!

▼須藤製麺製の平麺
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼柔らかい豚チャーシュー
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼ほうれん草
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-
▼スープは新得地鶏と香味野菜からダシがとられている
鶏白湯しおラーメン -札幌のQ (キュー)-

私が食べた鶏白湯しおとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼鶏白湯しおの様子

駐車場
営業時間 11:00~15:00。月曜日・火曜日・水曜日 17:00~19:30。
休日 日曜日
電話番号 011-212-1499
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 522 298*03

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください