• 食物
  • Meal
  • CentralArea

煮卵に思わず目がいく味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

2016/6/26

寶龍総本店は札幌市中央区すすきのにある老舗ラーメン店。1957年に創業しました。現在は全国各地に50店近いチェーン店を構え、その内、新得店と清水店がミシュランガイド北海道2012特別版に掲載される実力を持ちます。寶龍の特徴としては、基本のタレが各店舗同じですが、食材をアレンジすることにより各地域に適した味に順応させるというもの。それがミシュラン掲載に繋がったのでしょう。

▼建物の外観
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

総本店に訪れたのは、平日の13時30分頃。店内はそれほど広くはありませんが、テーブル席もあるので、家族連れでも大丈夫そうです。壁にはビッシリと有名人のサイン色紙が貼ってあるのも圧巻ですね。他にはお客さんがいませんでしたが、しばらくすると常連さんぽい人が一人入ってきました。

▼カウンター席
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼テーブル席
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼サイン色紙がビッシリと貼られている
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

私はテーブル席に座り、一番人気の味玉味噌ラーメン「黒帯」をオーダー。値段は903円です。待つこと10分ほどで、味玉味噌ラーメン「黒帯」が出てきました。味付け玉子につけられた寶龍の文字が目をひきます。

▼味玉味噌ラーメン「黒帯」
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼味玉味噌ラーメン「黒帯」を上から
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼味付け玉子が目を引く
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

さっそく、スープを一口。おー、かなりあっさりしたスープですね。自家製味噌ダレから作られたスープなんだとか。豚汁をもとに作られたのが味噌ラーメンだという話もありますが、それに近いものを感じます。昔ながらのスープということなのでしょう。私のようなあっさり好きには嬉しい限りですが、濃い味が好きな人にはちょっと物足りなく感じるかもしれません。

▼あっさりスープ
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

麺はさがみ屋製麺で特注しているようです。地下水で生地が練りこまれているのが特徴。もやしもわざわざひげをカットしているものを使っています。味付けたまごは酸味があるタイプで私は初めて食べました。各所にこだわりが深いラーメンですね。

▼さがみ屋製麺の麺
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼チャーシュー
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼メンマ
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼きくらげ
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼味付け玉子
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼もやしやたまねぎ
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-
▼スープ
味玉味噌ラーメン「黒帯」 -札幌の寶龍総本店-

私が食べた味玉味噌ラーメン「黒帯」とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼味玉味噌ラーメン「黒帯」の様子

駐車場 無し
営業時間 11:30~26:00 ※月曜日 18:30~27:00
休日 不定休
電話番号 011-511-0403
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 492 058*34

札幌の食べ物と温泉のページはこちら

札幌の食べ物と温泉

Comment

Comment