• 2016/2/24
  • foods
  • Meal
  • EasternArea

【音更の藤】あっさりスープと自家製麺が美味しさを奏でる塩ラーメン

らあめん創房藤は帯広市の北部に位置する音更町にある人気ラーメン店。健康ハウス木野温泉や木野ゴルフセンターが近いです。阿部 利徳氏が店主を務め、2007年に帯広から音更に移転してきました。音更にある人気そば店の二天とは姉妹店なんだとか。

▼建物の外観
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

外観はラーメン店らしからぬカフェのようなオシャレな佇まい。広い店内は木の温もりが温かく、内装が新しい印象いです。カウンター席とテーブル席があり、家族連れのお客さんでも安心して食事が楽しめるでしょう。メニューとともにラーメン店の理念ブックも備え付けられています。

▼カウンター席
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼テーブル席
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

しおラーメン

訪問したのは平日の11時。開店前には3人が並びました。私はカウンター席に座り、メニューを見て、塩ラーメンの大盛りをオーダー。値段は900円。待っている間に理念ブックを読んで、期待を膨らませます。ちなみにお店の名前はおばちゃんの名前に由来しているそうです。

▼しおラーメン
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼理念ブック
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

約10分ほどで、しおラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、ゆで卵、のり、三つ葉のようなものが盛り付けられています。見た目もいい感じです。スープは豚骨と鶏ガラからとられたダシに地元産の食材を煮込んで作られ、沖縄の自然塩が使われた塩ダレで作られているそう。淡い色がなんとも美味しそうです。さっそく、一口。あっさりした美味しさが広がります。上川のあさひ食堂のしおラーメンを思い出せる味わいです。うまい!

広告

▼しおラーメンを上から
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼豚骨と鶏ガラからとられたダシ
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

麺は北海道産の小麦を使った白っぽい自家製麺。見た感じそうめんのような雰囲気も感じさせますね。ツルツルした食感です。うん、美味しい!スープにも合います。その他のラーメンもこだわりが詰まっているそうで、その味が気になるところです。ごちそうさまでした!

▼自家製麺
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼チャーシュー
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼メンマ
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼煮玉子
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼のり
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼三つ葉?
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-
▼あっさりした美味しさ
しおラーメン -音更のらあめん創房藤-

私が食べたしおラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼しおラーメンの様子

駐車場 8台有
営業時間 月曜日 11:00~14:30
その他 11:00~14:30、17:00~20:00
休日 火曜日
電話番号 0155-30-1010
ホームページ 無し
マップコード 124 745 191*27

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください