• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【小樽の初代本店】ガツンと来る醬油ラーメン --

2016/1/31

初代

らーめん初代は小樽市に本拠を置く人気ラーメン店。太田 勝敏氏が代表を務める株式会社セヴァが経営し、1994年に創業しました。店名の由来は何代続こうとも味は一代限りとの思いから名付けられたそう。本店が住吉町にあり、札幌らーめん共和国と発寒に支店を構えます。

▼建物の外観
小樽ラーメン -初代-

私が訪れたのは本店。比較的南小樽駅やメルヘン交差点が近く、堺町通りから坂を一つ越えたところにあります。石蔵が店舗になっていて、歴史がある小樽にピッタリな佇まいです。店内はそこそこ広く、木がたくさん使われているので、木の温もりが感じられます。大きな梁が渡してある天井は空間が縦方向に広がり、圧迫感がないのもいいですね。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。味のある木製のカウンターテーブルも奥行きがあります。そうそう、初代のラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

堺町通りとメルヘン交差点

堺町通りとメルヘン交差点は小樽駅と南小樽駅の間にある観光名所。小樽駅の東部に位置し、距離は900mほど。中央通りを歩いて約15分で到着します。小樽運河とともに、大正時代と中世のヨーロッパ的な雰囲気を併せ持つ小樽を代表する観光地として知られ、小樽に訪れる800万人の観光客の多くが訪問する定番の観光スポットです。小樽堺町ゆかた風鈴まつりが8月上旬の2日間で開催されます。入場無料。有料駐車場があります。記事はこちら

▼堺町通
メルヘン交差点近辺

小樽

小樽市は約12万人が住む北海道で9番目に大きな港湾都市。札幌市の北西方面に位置し、電車で約30分ほどの距離です。人気の観光都市でもあり、約800万人が訪れます。坂の町としても知られ、名前のついた坂が30近くあり、傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。寿司の町として知られ、100軒近い寿司屋が営業。眼の前に広がる日本海から水揚げされた新鮮な魚介類や北海道各地で捕れた海鮮を楽しめます。気候は比較的過ごしやすく、夏は涼しくて、冬は雪が多いです。昔は雪が降ると陸上の交通機関がマヒするので、陸の孤島と呼ばれていました。詳しくはこちら

広告

▼天狗山の夜景
天狗山

醤油ラーメン

訪れたのは平日の14時15分頃。ちょうど入替えのタイミングだったのか、お客さんは1組でした。カウンターに座り、メニューを見て、醬油ラーメンをオーダー。値段は800円です。待っている間に続けざまに5組の入店。こんな時間でもこれだけのお客さんが来るのですから人気の程がわかります。

▼醤油ラーメン
小樽ラーメン -初代-

約15分ほどで、醬油ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、のり、ネギが盛り付けられています。さっそく、スープを一口。魚介系の味わいで、塩分がガツンと来ます。私には塩っぱく感じましたが、寒い時期には身体を温める効果がありそう。

▼スープ
小樽ラーメン -初代-

麺は加藤製麺の卵麺。約30cmくらいに短くカットされていて、麺にもあいますね。目を引くのがチャーシュー。かなり大きいです。私の握りこぶしよりも大きそう。量もちょうどよく、美味しく頂きました。ごちそうさまでした!

▼約30cmくらいの長さの卵麺
小樽ラーメン -初代-
▼大きなチャーシュー
小樽ラーメン -初代-
▼メンマ
小樽ラーメン -初代-
▼のり
小樽ラーメン -初代-
▼ガツンと来るスープ
小樽ラーメン -初代-

私が食べた醤油ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼醤油ラーメンの様子

駐車場 13台有
営業時間 11:00~19:00
休日 火曜日
電話番号 0134-33-2626
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 493 661 142*63

小樽についてのページはこちら

小樽

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください