• 食物
  • Meal
  • EasternArea

【帯広のみすゞ(みすず)】懐かしテイストな醤油ラーメン

2015/11/23

みすゞ

らーめんみすゞ(みすず)は帯広市にある人気ラーメン店。広小路に面し、帯広駅が比較的近いです。有限会社みすゞが経営し、1986年に開業しました。2階にカフェテラス みすゞと言う喫茶店があり、1階にみすゞ(みすず)というラーメン店があるので、親族が経営しているのでしょうか。みすずと言えば日本人なら美鈴コーヒーを思い出しますが、それとも関係があるのでしょうかね。ちなみに看板にはUCCコーヒーと書いてあります。

▼建物の外観
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-

アーケード街に面した店舗はそれほど広くなく、喫茶店のような雰囲気。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。ただ、ご飯時は行列ができるそう。確かに、お店の外に椅子がいくつかありました。そうそう、みすゞはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

▼カウンター席
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-

高速バスリスト

帯広と札幌・旭川の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から帯広行き
中央バス(Chuo Bus) 帯広から札幌行き
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川

帯広

帯広市は約17万人が住む北海道で6番目に大きな商業都市。北海道東部エリアの拠点の一つで、十勝地方の中心地として栄えています。十勝全域の農業産品の集積地としても有名で、じゃがいも・ビート・小麦・長芋などが名産として知られています。夏は30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス20度近くまで低下。寒暖差が大きいのも特徴で、北海道の中で雪は少ない方です。そのため、冬はスケートが盛ん。オリンピックで金メダルを獲得した清水宏保選手を筆頭に、競技人口が多いです。記事はこちら

広告

▼ホテルボストン
帯広温泉 ホテルボストン

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

醤油ラーメン

訪問したのは平日の13時30分頃。5組のお客さんが食事を楽しんでいました。私はカウンターに座り、メニューを見ます。最もポピュラーなのが醤油ラーメンで、そちらをオーダー。値段は670円です。その他のお客さんも醤油ラーメンを注文しているようです。昔ながらの味わいなのでしょうね。

▼醤油ラーメン
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-

5分ほどで、醤油ラーメンが登場しました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、ナルト巻、ほうれん草、のり、ネギが盛り付けられています。早速、スープを一口。かなり黒いので、しょっぱ過ぎるのかもと思いましたが、見た目よりも塩っぱくないですね。見た感じは旭川ラーメンですが、味は釧路ラーメンに近い魚貝ダシの味がします。なんとも懐かしい味です。うまい!

▼醤油ラーメンを上から
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼見た目よりもあっさりしたスープ
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼チャーシュー
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼ナルト巻
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-

麺は保刈製麺の縮れ麺。地元の製麺会社なんですね。スープにもあいます。スルスルっとのどごしを楽しみ、美味しく頂きました。ごちそうさまでした!

▼保刈製麺の麺
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼メンマ
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼のり
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼ほうれん草
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-
▼油が多い
醤油ラーメン -帯広のみすゞ(みすず)-

私が食べた醤油ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼醤油ラーメンの様子

駐車場
営業時間 11:00~20:30
休日 不定休
電話番号 0155-23-4706
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 124 624 382*34

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください