• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【新冠の喜一郎】マイルドで美味しい味噌ラーメン

2015/11/21

喜一郎

らーめん喜一郎は苫小牧市の南東方面に位置する新冠町の人気ラーメン店。国道235号線沿いにあり、道の駅 サラブレッドロード新冠が比較的近いです。2012年に営業を開始しました。松本 健一氏が代表を務める松本喜一郎商店が経営しています。ラーメン店とともに喜一郎MEATという精肉店を経営しているので、鮮度の高いスープ用の豚骨やシャーシュー用のお肉をラーメンにも用いているのでしょう。行列ができる人気ラーメン店としても有名です。新冠は馬の産地として有名で、牧場がたくさんあることで知られています。地元の方はもちろん、観光で立ち寄る人も多いそう。

▼建物の外観
新冠ラーメン -喜一郎-
▼新冠の牧場銀座
新冠ラーメン -喜一郎-

建物はそれほど大きくはありませんが、内装がオシャレ。ラーメン店というよりも、カフェといった印象で、パスタや洋食が提供されてもおかしくない雰囲気。棚の上にはレゴブロックのお城が飾られていたり、漫画もあったりとくつろげる空間です。カウンター席、テーブル席、そして小上がりがあるので、家族連れでも食事が楽しめるでしょう。しかし、昼時は混み合うので、ご注意ください。

▼店舗内の様子
新冠ラーメン -喜一郎-
▼レゴブロックもある!
新冠ラーメン -喜一郎-

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

みそラーメン

早い時間からお店が開くので、開店と同時に訪問。平日でもあり、さすがにこの時間に他のお客さんはいませんでした。まずは、テーブル席に座り、メニューを見ます。一番人気はみそラーメン。早速、そちらをオーダー。値段は640円です。

▼みそラーメン
新冠ラーメン -喜一郎-

約10分ほどで、みそラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、キクラゲ、もやし、のり、ネギが盛り付けられています。大きなチャーシュー・メンマ・スープなどベージュ色系なので、緑色のネギがアクセントカラーになって目を引きます。

広告

▼みそラーメンを上から
新冠ラーメン -喜一郎-

白みそを使ったクリーミなー豚骨スープが綺麗ですね。さっそく、スープを一口。味はあっさりして、優しい味。塩っぱすぎないのが嬉しいです。うまい!

▼とんこつのあっさり味
新冠ラーメン -喜一郎-
▼チャーシュー
新冠ラーメン -喜一郎-
▼メンマ
新冠ラーメン -喜一郎-

麺は小林製麺の縮れたたまご麺。つるつると口の中におさまります。スープにもあいますね。あっさり好きには是非オススメしたいラーメンです。ごちそうさまでした!

▼小林製麺の麺
新冠ラーメン -喜一郎-
▼きくらげ
新冠ラーメン -喜一郎-
▼もやし
新冠ラーメン -喜一郎-
▼のり
新冠ラーメン -喜一郎-
▼白濁のスープが美味しい
新冠ラーメン -喜一郎-

私が食べたみそラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼みそラーメンの様子

駐車場 10台有り
営業時間 10:00~15:00、18:00~19:30 ※土曜日 10:00~15:00
休日 日曜日・祝日
電話番号 0146-47-2616
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 551 068 498*06

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください