• 食物
  • Meal
  • EasternArea

【帯広のなると】健康を意識したあっさりうま味ラーメン

2014/9/25

なると

らーめんキッチン なるとは帯広市清流にある人気ラーメン店。帯広工業高校が近いです。2009年に開業しました。建物はラーメン屋らしからぬ外観で、イタリアンのお店のような雰囲気。横には製麺工房を備えます。店内はそこそこ広く、明るい印象です。漫画も豊富で地元の人のくつろぎの場にもなっている模様。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめそうです。

▼店舗の外観
なると醤油ラーメン -帯広のなると-

高速バスリスト

帯広と札幌・旭川の間を運行する高速バスは以下を参考にしてください。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から帯広行き
中央バス(Chuo Bus) 帯広から札幌行き
拓殖バス(Takushoku Bus) 旭川から帯広
拓殖バス(Takushoku Bus) 帯広から旭川

帯広

帯広市は約17万人が住む北海道で6番目に大きな商業都市。北海道東部エリアの拠点の一つで、十勝地方の中心地として栄えています。十勝全域の農業産品の集積地としても有名で、じゃがいも・ビート・小麦・長芋などが名産として知られています。夏は30度近くまで気温が上がり、冬は気温がマイナス20度近くまで低下。寒暖差が大きいのも特徴で、北海道の中で雪は少ない方です。そのため、冬はスケートが盛ん。オリンピックで金メダルを獲得した清水宏保選手を筆頭に、競技人口が多いです。記事はこちら

広告

▼ホテルボストン
帯広温泉 ホテルボストン

なると醤油

平日の17:30頃に伺いました。2組のお客さんが家族で食事を楽しんでいます。カウンターに座り、メニューを見ます。評判が高いなると醤油をオーダーしました。値段は750円。お水はセルフサービスなので、自分で用意してください。

▼なると醤油を上から
なると醤油ラーメン -帯広のなると-

10分程で、なると醤油が登場しました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、ゆでたまご、ネギ、のりが盛り付けられています。早速スープを一口。見た感じ味噌ラーメンのようですが、そうではありません。鶏白湯と魚介系スープをブレンドし、さらにえび風味とは珍しいスープです。とてもマイルドで、鶏と魚介系のダシが調和していました。しかも化学調味料を使わっていないそう。ウマイ!あっさり好きにはたまらないでしょう。

▼とり白湯と魚介系スープのブレンド。美味い
なると醤油ラーメン -帯広のなると-

麺は合成保存料着色料を使わない自家製縮れ麺で、モチモチ感もあり、スープに合います。うまい!チャーシューも大きく、いい感じだ。健康にも配慮され、かなりこだわりが詰まったラーメンですね。ごちそうさまでした!

▼自家製麺
なると醤油ラーメン -帯広のなると-
▼厚切りチャーシュー
なると醤油ラーメン -帯広のなると-
▼メンマ
なると醤油ラーメン -帯広のなると-
▼ゆでたまご
なると醤油ラーメン -帯広のなると-

私が食べたなると醤油とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼なると醤油の様子

駐車場 5台有
営業時間 11:30~14:30、17:00~20:00 ※スープがなくなり次第、営業終了
休日 日曜日
電話番号 0155-47-5415
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 124 443 640*72

帯広についてのページはこちら

帯広

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください