• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【函館の一文字総本店】彩りが美しく美味しい辛味噌ラーメン

2015/5/2

一文字

函館麺や 一文字は函館市に本拠を置く人気ラーメン店。本店が湯の川温泉にあり、函館市内と七飯町で支店が営業しています。私が訪れたのは本店。函館熱帯植物園が近く、松倉川や太平洋を眺めながら食事をすることができる立地です。2階建ての建物の1階に店舗があり、ファミレスのような雰囲気。そこそこ広く、カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。但し、昼時は混み合い、行列することもあるので、ご注意ください。

▼建物の外観
辛味噌ラーメン -函館の一文字-

そうそう、一文字のラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

交通手段リスト

函館と札幌の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から函館
楽天
中央バス(Chuo Bus) 函館から札幌
楽天
北海道バス(Hokkaido Bus) 札幌から函館
北海道バス(Hokkaido Bus) 函館から札幌
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 函館駅、五稜郭、函館空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 函館駅、函館フェリーターミナル、函館空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 函館駅近くに店舗あり。
バジェットレンタカー(Budget Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワールドネットレンタカー(World Net Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワンズレンタカー(Ones Rent-a-car) 海岸町、函館フェリーターミナル、函館空港、五稜郭、湯の川温泉近くに店舗あり。

湯の川温泉

湯の川温泉は函館市の東側にある温泉街。温泉の湧出量が豊富で、毎日7000トンが湧き出します。年間180万人の観光客が訪れ、定山渓温泉と湯の川温泉とともに、北海道三大温泉地の一つです。函館の奥座敷と呼ばれていますが、函館駅から車で15分ほど、函館空港から車で5分ほどとアクセスしやすいのも人気の理由なのでしょうね。市街地にこれだけ大きな温泉街があるのは、恐らく北海道では湯の川温泉だけでしょう。記事はこちら

広告

▼竹葉新葉亭
函館の湯の川温泉

函館

函館は約26万人が住む北海道で3番目に大きな港湾都市。北海道南部エリアの拠点です。2004年に戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、亀田半島はほぼ函館になりました。人気の観光都市でもあり、年間500万人が訪れます。函館の中心部は函館山から五稜郭に向かって、砂州の上に街が広がり、両側に海がある独特の景観を持っていることが特徴。函館の中心街は函館駅や函館山周辺だと思われがちですが、実は函館市電五稜郭公園前駅周辺の方が栄えています。坂の町としても知られ、八幡坂・大三坂・基坂など19の名前がつけられた坂があり、函館山の麓は傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。気候は北海道の南部に位置しているので、他の都市よりも暖かく、雪もあまり降りません。詳しくはこちら

▼函館山の眺望
函館

辛味噌ラーメン

休日の13時頃に訪問しました。先客が1組並んでいましたが程なく、入店。ほぼ満席で、あちこちにガイドブックを手に持ったお客さんがいたので、とても人気があるお店なんだと実感しました。私はカウンターの席に座り、店員さんにオススメを伺います。店員さん曰く、塩ラーメンがオススメとのこと。ただ、常連さんには辛味噌ラーメンとチャッチャ系正油らーめんが支持されているんだとか。そこで、辛味噌ラーメンをオーダーしました。値段は810円です。

▼辛味噌ラーメンを上から
辛味噌ラーメン -函館の一文字-

10分程で、辛味噌ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、煮玉子、炒めもやし、のり、ネギ、糸唐辛子が盛り付けられています。鮮やかな配色で、淡く赤いスープの真ん中に白いネギが盛り付けられ、その上に振りかけられた糸唐辛子がアクセントになっています。見た目にも美しいです。早速、スープを一口。お味はまさに、担々麺。南茅部産の昆布と比内地鶏、豚骨で10時間に煮込まれたダシを用いたピリ辛のスープに胡麻の風味が合います。これはウマイ!

▼配色が素晴らしい
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼ピリ辛スープが美味しい
辛味噌ラーメン -函館の一文字-

麺は自家製のちじれ麺で、噛みごたえもあり、スープにも馴染みます。人気になるのも納得の味ですね。スープを飲み干すと、ラーメン丼の底には「たかがラーメン。されどラーメン。店主」の文字。ご主人のラーメン愛を感じます。ごちそうさまでした!

▼ラーメンは自家製麺
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼チャーシュー
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼メンマ
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼煮たまご
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼のり
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼もやし炒めも入っている
辛味噌ラーメン -函館の一文字-
▼丼の底には「たかがラーメン。されどラーメン。店主」
辛味噌ラーメン -函館の一文字-

私が食べた辛味噌ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼辛味噌ラーメンの様子

駐車場 3台有
営業時間 11:00~01:00
休日 不定休
電話番号 0138-57-8934
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 86 079 629*05

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください