• 食物
  • Meal
  • SouthernArea

【函館のあじさい本店】あっさり美味しいた塩ラーメン

2014/9/4

あじさい

函館麺厨房あじさいは函館市に本拠を置く老舗ラーメン店。1930年に創業しました。東 秀一氏が代表を務める有限会社 麺厨房あじさいが経営しています。函館ラーメンの人気店として知られ、多くのお客さんが訪れるラーメン店です。五稜郭に本店があり、支店が函館市内、新千歳空港、札幌のラーメン共和国で営業中。ワールドワイドに店舗を広げ、シンガポールにも支店があります。

▼建物の外観
塩ラーメン -函館のあじさい-

私が訪れたのは本店。五稜郭公園のスグそばにあり、市電五稜郭公園前が比較的近いです。オシャレな3階建てビルの2階に店舗があり、1階にはカフェが入店しています。店内はそれほど広くはありませんが、内装がお洒落で、カフェのような雰囲気。渋谷や恵比寿にありそうな内装でした。カウンター席やテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。そうそう、あじさいのラーメンはネットショッピングでも味わうことができるので、興味がある方はご賞味あれ。

▼あじさい本店の様子

交通手段リスト

函館と札幌の間を高速バスが運行しています。交通手段は以下を参考にしてください。レンタカー会社比較サイトという便利なサイトもあり、旅ぷらざレンタカー予約じゃらんレンタカー楽天トラベル(レンタカー)で、比較してみるのもよいでしょう。

中央バス(Chuo Bus) 札幌から函館
楽天
中央バス(Chuo Bus) 函館から札幌
楽天
北海道バス(Hokkaido Bus) 札幌から函館
北海道バス(Hokkaido Bus) 函館から札幌
ニッポンレンタカー(Nippon Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
タイムズカーレンタル(Times Car Rental) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
トヨタレンタリース(Toyota Rental Lease) 函館駅、五稜郭、函館空港近くに店舗あり。
じゃらん
日産レンタカー(Nissan Rent-a-car) 函館駅と函館空港近くに店舗あり。
オリックスレンタカー(Orix Rent-a-car) 函館駅、函館フェリーターミナル、函館空港近くに店舗あり。
駅レンタカー(Station Rent-a-car) 函館駅近くに店舗あり。
バジェットレンタカー(Budget Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワールドネットレンタカー(World Net Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ニコニコレンタカー(Nico Nico Rent-a-car) 函館空港近くに店舗あり。
ワンズレンタカー(Ones Rent-a-car) 海岸町、函館フェリーターミナル、函館空港、五稜郭、湯の川温泉近くに店舗あり。

五稜郭公園

五稜郭公園は函館駅の北東部に位置する旧城郭。函館の中心地にあり、1866年に完成した日本初の洋式城郭として知られます。長野県の龍岡城とともに日本に2つしかない五角形の城塞です。戊辰戦争の最後を迎えた場所として有名で、現在は公園として一般に開放され、多くの観光客が訪れます。北海道屈指の桜の名所で、4月下旬~5月中旬にかけて満開になり、その様子を見に来る観光客の数もハンパないです。日本各地や海外からの観光客も多いです。秋には桜が紅葉し、紅葉も美しいことで知られます。入場無料。駐車場はありません。記事はこちら

広告

▼桜が満開の五稜郭
函館の五稜郭公園の桜

函館

函館は約26万人が住む北海道で3番目に大きな港湾都市。北海道南部エリアの拠点です。2004年に戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町と合併し、亀田半島はほぼ函館になりました。人気の観光都市でもあり、年間500万人が訪れます。函館の中心部は函館山から五稜郭に向かって、砂州の上に街が広がり、両側に海がある独特の景観を持っていることが特徴。函館の中心街は函館駅や函館山周辺だと思われがちですが、実は函館市電五稜郭公園前駅周辺の方が栄えています。坂の町としても知られ、八幡坂・大三坂・基坂など19の名前がつけられた坂があり、函館山の麓は傾斜が多い土地です。そして、道が狭い場所も多いです。気候は北海道の南部に位置しているので、他の都市よりも暖かく、雪もあまり降りません。詳しくはこちら

▼函館山の眺望
函館

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

塩ラーメン

平日の17時頃に訪問しました。カウンター席に座り、店員さんにオススメを聞きました。やはり、塩ラーメンとのこと。そこで、塩ラーメンをオーダーしました。値段は750円です。

▼シンプルな函館ラーメン
塩ラーメン -函館のあじさい-

5分くらい待ったでしょうか。塩ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、シナチク、ネギ、三つ葉が盛り付けられています。スープがとても綺麗で澄んでいますね。早速、スープを一口。うまい!あっさりしつつも旨味があります。私的には塩分がちょっと濃い印象でしたが、旨味も濃いです。

▼澄んだ旨味のあるスープ
塩ラーメン -函館のあじさい-

麺は岡田製麺のストレート麺。噛みごたえもあり、スープにもあいます。結局、麺を食べ尽くし、スープも飲み干してしまいました。ごちそうさまでした!

▼岡田製麺のストレート麺
塩ラーメン -函館のあじさい-
▼厚切りチャーシュー
塩ラーメン -函館のあじさい-
▼メンマ
塩ラーメン -函館のあじさい-

私が食べた塩ラーメンとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼あじさいの様子

駐車場 8台有
営業時間 11:00~20:25
休日 第四水曜日 ※祝日の場合は翌日が休日
電話番号 0138-51-8373
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 86 165 054*00

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください