• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【苫小牧の五十番】絶妙のあっさり系人情ラーメンのもやし塩ラーメンこってり

2014/10/17

五十番

味の五十番は苫小牧市双葉町にある老舗ラーメン店。1967年に創業しました。現在は岡 登喜夫氏が店主を務め、ご夫婦で切り盛りしています。30年近くラーメンを作り続け、美味しいあっさり系ラーメンを提供しているお店として有名です。人気アイドルグループHKT48のメンバーもコンサートで苫小牧に来た際、食事を楽しんだことがあるとか。ますます人気になりますね。

▼店舗の外観
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

緑町2条通りに面した店舗は2階建て住宅の一階にあり、入口はちょっと奥まった所にあります。店内はそれほど広くはありませんが、まさにラーメン屋さんという雰囲気で、明るい印象。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。また、漫画のストックも多いので、地元の方の憩いの場にもなっているようです。

苫小牧

17万人が住む苫小牧市は北海道の中央部に位置し、太平洋に面した北海道で4番目に大きな工業都市。王子製紙・石油コンビナート・北海道最大の火力発電所「苫東厚真発電所」があります。夏も冬も北海道の他の地域に比べて温暖で、雪が少ないのも特徴。そのため、冬のスポーツであるスケートが盛んで、アイスホッケーチーム「王子イーグルス」が苫小牧を拠点にしています。新千歳空港からも近く、高速道路のジャンクションや苫小牧フェリーターミナルもあるので、交通の利便性に優れた場所です。記事はこちら

▼樽前ガロー
苫小牧 樽前ガロー

北海道のラーメン

ラーメンとは麺とスープに具材を盛り付けた麺料理。中国の中華麺がルーツと言われ、1697年に水戸黄門(徳川光圀)氏が初めて食べたとか、1488年に経帯麺を客に振る舞ったと蔭涼軒日録されているのが初めてのラーメンだとか、諸説あります。主に日本で広まったのは各地の中華街で南京そばとして提供されてから。中華街があった函館では1884年に養和軒が提供していたそうです。札幌では1922年に竹家食堂で王 文彩氏が振る舞った麺料理が札幌ラーメンの源流にあたるとか。竹家食堂の支店が旭川で芳蘭という名前で1933年に開店し、北海道三大ラーメンと言われる旭川ラーメン・札幌ラーメン・函館ラーメンの源流が生まれました。但し、当時の味が現在に引き継がれている訳ではないようです。記事はこちら

▼ラーメン
北海道のラーメン

もやし塩ラーメンこってり

平日11:00の開店と同時に訪問。私が一番乗りです。テーブル席に座り、オススメを聞くともやし塩ラーメンこってりとのこと。そちらをオーダーすることにしました。値段は860円です。

▼もやし塩ラーメンこってり
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

待つこと10分ほどで、ラーメンが現れました。麺の上にはチャーシュー、メンマ、炒めもやし、ナルト、麸、ネギが盛り付けられています。スープは炒めもやしで使われたラードでコーティングされているそうです。

広告

▼チャーシュー
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼麸
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼メンマ
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼ナルト
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼もやし
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

スープは透明感があり、とても美しいです。ご主人が言うにはかなり熱いので、ヤケドに注意すること。そして、もやしをスープの中に入れると美味しくなるとのこと。早速やってみると、もやしの香ばしい味と歯ごたえが絶妙。スープの塩加減も丁度良く、こってりとは言え、あっさりした味です。昔ながらの味を今に伝えるラーメンと言えるでしょう。これは人気になるのも頷けます。麺は北海道熊さんの縮れ麺で、噛みごたえがあり、スープにもあいますね。

▼もやし塩ラーメンこってりを上から
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼美しいスープ
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼北海道熊さんの麺
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

食べ終えて、ご夫婦と雑談させて頂きました。興味深い話にサービス券の話があります。お店ではサービス券を配布しているのですが、有効期限を設けていないのだとか。そこで、お客さんは次回来るときのために、自分でサービス券ストッカーを作るのだそう。その習慣はかなり昔から行われているようです。そのため、ストッカーの存在が一際目立ちます。表に出ているもの以外にもサービス券を自宅で保管してあるので、久しぶりに訪れるお客さんにも対応できるそうですよ。ご夫婦は非常に優しいので、五十番のラーメンは人情ラーメンという側面も持っているように感じました。ごちそうさまでした!

▼伝統のサービス券ストッカー
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-
▼丼に刻まれた五十番の文字
もやし塩ラーメンこってり -苫小牧の味の五十番-

私が食べたもやし塩ラーメンこってりとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼もやし塩ラーメンこってりの様子

駐車場 13台有
営業時間 11:00~20:00
休日 火曜日
電話番号 0144-84-1111
ホームページ お店のホームページはこちら
マップコード 113 223 447*68

苫小牧についてのページはこちら

苫小牧

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください