• 食物
  • Meal
  • EasternArea

【陸別の森田屋】赤黒くテカる美味しい豚丼

2016/9/13

森田屋

森田屋は北見市の南西方面に位置する陸別町にある人気食堂。陸別町観光物産館が近いです。後藤 和美氏が店主を務め、1988年に開業しました。ミシュランガイド北海道2012特別版でビブグルマンを獲得したことで知られています。豚丼が有名ですが、丼もの、そば、うどん、カレー、定食なども提供中です。地元の方を中心に人気があります。

▼建物の外観
豚丼 -陸別の森田屋-

2階建て一軒家の1階が店舗で、そば屋など和食料理店のような雰囲気。漫画も用意されているので、地元の方のくつろぎの場ですね。カウンター席、テーブル席、小上がりがあるので、家族連れや大人数でも食事が楽しめるでしょう。

▼店内の様子
豚丼 -陸別の森田屋-

北海道の豚丼

豚丼とは丼飯の上にタレで味付けした豚肉を焼いて載せた丼料理です。帯広のぱんちょうを創業した阿部 秀司氏が生み出した豚丼が元祖と言われています。そのため、帯広がある北海道東部では有名な存在でしたが、今や全国区になりました。丼のお椀からあふれんばかりに出ている肉が特徴です。帯広近郊だけで200店舗近いお店が豚丼を販売しているとか。各店舗でこだわるのがタレと肉。帯広豚丼の標準は甘辛いタレですが、鶴橋のように苦いタレもあり、各店舗は独自の味で勝負しています。豚肉もロースやバラ、ヒレなど各種を使っているお店も多いです。記事はこちら

▼豚丼
豚丼

豚丼

私も名物の豚丼を食べるために、平日の15時頃に伺いました。中途半端な時間に訪れたので、お客さんはいません。せっかくなので、私は小上がりに座りました。豚丼を大盛でオーダー。値段は800円です。

▼豚丼を上から
豚丼 -陸別の森田屋-

約10分ほどで、豚丼が現れました。漬物と味噌汁がセットです。豚丼の赤く黒光りしたツヤのある豚肉が見た目にも美味しそうで、食欲をそそります。早速一口。うまい!豚肉の厚さは5mmくらい。よく焼かれたロースですが、柔らかいです。甘じょっぱい味がいい感じだ。薄味好きの私ですが、塩っぱくは感じませんでした。

広告

▼赤黒いテリがいい
豚丼 -陸別の森田屋-
▼厚さ5mmほど
豚丼 -陸別の森田屋-
▼ロース
豚丼 -陸別の森田屋-

お米は北海道産のものを使い、タレは創業以来継ぎ足しで使われているものだとか。お店の歴史が詰まった美味しさなんですね。素晴らしい!あと、大盛はかなりの量らしいので、食が細い人は普通盛でも十分ですよ。ごちそうさまでした!

▼ご飯と肉
豚丼 -陸別の森田屋-
▼たくあん
豚丼 -陸別の森田屋-
▼ご飯と豚肉
豚丼 -陸別の森田屋-

私が食べた豚丼とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼豚丼の様子

駐車場 6台有
営業時間 11:30~19:00
休日 日曜日
電話番号 0156-27-2888
ホームページ
マップコード 596 464 747*25

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください