• 2014/4/3
  • foods
  • Meal
  • EasternArea

【北海道の豚丼】帯広から世界へ羽ばたく豚丼

北海道の豚丼

豚丼とは丼飯の上にタレで味付けした豚肉を焼いて載せた丼料理です。帯広のぱんちょうを創業した阿部 秀司氏が生み出した豚丼が元祖と言われています。そのため、帯広がある北海道東部では有名な存在でしたが、今や全国区になりました。丼のお椀からあふれんばかりに出ている肉が特徴です。帯広近郊だけで200店舗近いお店が豚丼を販売しているとか。各店舗でこだわるのがタレと肉。帯広豚丼の標準は甘辛いタレですが、鶴橋のように苦いタレもあり、各店舗は独自の味で勝負しています。豚肉もロースやバラ、ヒレなど各種を使っているお店も多いです。

▼帯広のぱんちょう
豚丼 -帯広のぱんちょう-

また、十勝以外でも旭川ではさくら亭で醤油味の豚丼を食べることができたり、釧路のぶた福にはカレー豚丼があったりと地域によってもバラエティに富んでいます。さらに、豚丼は世界にも羽ばたきました。ミシュラン・ガイド北海道版2017では、帯広のとん田と恵庭の空海がビブグルマンを獲得しました。

▼豚丼
豚丼

北海道の豚丼店

私が食べに行ったお店をご紹介します。長い行列ができるところも少なくないです。

ぱんちょう

元祖 豚丼のぱんちょうは帯広市にある老舗豚丼専門店。1933年に創業しました。帯広駅が目の前です。ぱんちょうとは中国語でめし屋を意味するそうで、豚丼発祥のお店として知られています。現在は阿部 孝之氏が店主を務め、第1回と第3回 全国丼グランプリ豚丼部門の金賞を受賞しました。ランチ時は長い行列ができることでも知られています。記事はこちら

▼帯広のぱんちょう
豚丼 -帯広のぱんちょう-

とん田

ぶた丼のとん田は帯広市にある人気豚丼専門店。青葉通りに面し、マックスバリュイーストモール店が近いです。もともとは武田精肉店という肉屋でしたが、2003年に豚丼として営業を始めましました。現在は小野寺 洋一氏が店主を務めます。ミシュランガイド北海道2012特別版と2017特別版でビブグルマンを獲得したお店として有名です。行列ができるお店としても知られ、長い行列が度々見られます。記事はこちら

▼帯広のとん田
豚丼 -帯広のとん田-

さくら亭

さくら亭は旭川市緑町にある人気食堂。近文駅やイオンモール旭川西が近いです。内海 多喜夫氏が店主を務め、1988年に開業しました。豚丼の本場帯広で修行経験があるご主人が作る豚丼の評判が高く、昼時は地元の人で混み合います。豚丼以外にも丼もの・定食・カレー・ラーメンなども提供中です。盛り具合がいいのも好評だとか。記事はこちら

広告

▼旭川のさくら亭
豚丼 -旭川のさくら亭-

ぶたいち

ぶたいちは帯広市に本拠を置く炭火焼豚丼専門店。佐藤 孝尚氏が社長を務める北海道物産研究所株式会社が経営し、事業の一つとして2011年にぶたいちを始めました。帯広に本店があり、帯広、音更、東京、埼玉で支店を展開中です。記事はこちら

▼帯広の豚いち
豚丼 -帯広のぶたいち-

空海

炭焼豚丼 空海は札幌市の南東方面に位置する恵庭市の有名豚丼店。比較的島松駅が近いです。渡邊 猛氏が店主を務め、1998年に札幌で創業しました。2011年に恵庭に移転し、今に至ります。ミシュランガイド北海道2012特別版と2017特別版でビブグルマンを獲得し、人気に拍車がかかりました。昼時は行列ができているそうです。また、待ち時間も多いため、乳幼児は入店お断りとのこと。記事はこちら

▼恵庭の空海
恵庭 豚丼 -空海-

ぶた福

ぶた福は釧路市大楽毛にある人気豚丼店。釧路工業高等専門学校や大楽毛駅が近いです。豚丼と言えば、帯広や十勝が有名ですが、釧路でも本格的な豚丼が楽しめるお店として知られます。ボリュームがあり、その豪快さを求めて、地元の人を中心に観光客も訪れます。店舗は平屋建ての建物で、店内はそれほど広くはありません。カウンター席とテーブル席があるので、家族連れでも安心して食事が楽しめるでしょう。記事はこちら

▼釧路のぶた福
豚丼 -釧路のぶた福-

森田屋

森田屋は北見市の南西方面に位置する陸別町にある人気食堂。陸別町観光物産館が近いです。後藤 和美氏が店主を務め、1988年に開業しました。ミシュランガイド北海道2012特別版でビブグルマンを獲得したことで知られています。豚丼が有名ですが、丼もの、そば、うどん、カレー、定食なども提供中です。地元の方を中心に人気があります。記事はこちら

▼陸別の森田屋
豚丼 -陸別の森田屋-

いっぴん

十勝豚丼 いっぴんは帯広市に本拠を置く豚丼チェーン店。ジンギスカンのタレや焼き肉のタレを販売している株式会社ソラチが経営し、2001年に事業の一つとしてスタートしました。帯広に本店があり、札幌や台湾で支店が営業しています。記事はこちら

▼札幌のいっぴん
豚丼 -札幌のいっぴん-

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください