• 地域
  • Little-KnownGoodSpots
  • NorthernArea

【音威子府の北海道命名の地】松浦武四郎氏が北海道命名のヒントを得た場所

2016/12/3

北海道命名の地

北海道命名の地は稚内市と名寄市の中間に位置する音威子府町にあるモニュメント。音威子府の中心から約8kmほど離れ、エコミュージアムおさしまセンターが比較的近いです。江戸時代に松浦武四郎氏がアイヌの長老からカイナーという言葉の意味を教わり、北海道という名前を考案するきっかけを得た場所として知られています。天塩川に沿った場所に記念碑が建てられている意外には何もありません。入場無料。駐車場も無料です。

▼北海道の命名之地記念碑
音威子府の北海道の命名之地

▼松浦武四郎ドラマの様子

音威子府と言え音威子府そばが有名です。村内にはいくつかのお店で食べることができます。私は日本一美味しい駅そばで有名な常盤軒で食べましたが、美味しかったですよ。温泉については、ポンピラ温泉と天塩川温泉が比較的近いです 。

常盤軒

常盤軒は音威子府駅にお店を構える人気ソバ屋。日本一ウマイ駅ソバと言われています。畠山製麺が作る黒い色と強いコシの麺が特徴。さすが80年間に渡り麺を作り続けているだけあります。駅の中に簡易テーブルがあり、そこで食べたり、駅の椅子に座って食べることができます。その他、駅内には天北線資料室が設置されていて、見学も可能です。記事はこちら

▼音威子府そば -常盤軒-
音威子府そば -常盤軒-

天塩川温泉

天塩川温泉は旭川市と稚内市の中間に位置する音威子府村の温泉地。天塩川のほとりにポツンと音威子府住民保養センターが建っています。近くには天塩川リバーサイドパークキャンプ場やパークゴルフ場があり、山深い場所には天仰の松があります。そして、天塩川温泉駅は秘境駅として、鉄道好きの方々に人気です。音威子府の中心からは約10km離れ、近くに飲食店やコンビニはありません。そうそう、音威子府には北海道命名の地がありますよ。記事はこちら

広告

▼露天風呂
音威子府の天塩川温泉 露天風呂

ぽんぴら温泉

ぽんぴら温泉は、稚内市と名寄市の中間に位置する天塩中川町の温泉地。天塩川からも近いです。見晴公園の麓に一軒宿のポンピラ・アクア・リズイングが建ちます。ナポートパーク呼ばれるオートキャンプ場と隣接し、カヌーポートも設置してあるので、カヌーが楽しめる他、周りは緑に囲まれてとても自然が豊富。釣りや森林浴もできます。ただ、カフェ・レストラン・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。記事はこちら

▼脱衣所
中川のぽんぴら温泉 ポンピラ・アクア・リズイング

北海道命名の地の様子

敷地内には「北海道命名之地」と書かれたモニュメントと説明看板がある以外は特に何もありません。しかし、釣り人が来ていたので、釣りポイントの一つなのでしょう。あと、天塩川を挟んで反対側に宗谷本線の鉄路が敷かれているので、電車を撮影することもできます。

▼天塩川
音威子府の北海道の命名之地
▼魚を釣っている人々
音威子府の北海道の命名之地
入場料 無料
駐車場 3台くらいあり
営業時間 24時間
休日 冬季
電話番号 01656-5-3039
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 684 247 307*60

宿泊施設リスト

北海道命名の地近くの宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

イケレ音威子府(Ikere Otoineppu)
Booking
じゃらん
楽天
ポンピラ・アクア・リズイング(Ponpira Aqua Rizink)
Booking
じゃらん
楽天
天塩川温泉 住民保養センター(Teshiogawa Onsen Recreation Center)
Booking
楽天

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください