• 食物
  • Meal
  • CentralArea

【札幌のバル・エスパーニャ】2年連続日本一のパエリア

2016/4/14

バル・エスパーニャ

バル・エスパーニャは札幌市ススキノにあるスペインバル。ススキノ市場の近くです。2006年に開業しました。小原 章芳氏が代表を務める有限会社コンセプトが経営しています。お客さんがひっきりなしに訪れる人気店として知られ、パエリアコンクールでは日本一を2年連続で達成し、さらに世界大会で4位相当の成績を納めました。このお店の人気メニューはまぎれも無く、パエリアなんです。

▼建物の外観
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-

店内はまさにバーと言った雰囲気で、それほど広くはなく15人も入れるかという大きさです。カウンター席とテーブル席がありますが、広くはないので、家族連れや大人数だと厳しい気がします。

▼店舗内の様子
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-

札幌

札幌市は約196万人が住む北海道最大の都市。諸説ありますが、「乾いた大きな川」を意味する豊平川のアイヌ語に由来します。横浜・大阪・名古屋に次ぎ、日本で4番目に人口が多い市で、なんと北海道全体の人口のうち36%が札幌市に住んでいるとか。北海道の中心地として栄えています。面積は1,121.26km2で、香港とほぼ同じ大きさ。北海道内では7番目に面積の大きな都市で、観光都市としても有名です。約1,500万人の観光客が訪れます。気候は比較的温暖。夏は気温が25度を越えますが、湿気は少なく、カラッとしていて、肌寒いくらいです。冬はマイナス10度近くまで気温が下がり、積雪が1mを越えることも時々あります。記事はこちら

▼札幌
札幌

パエリア

今回は、元上司と元同期の3人で訪問しました。パエリアが有名ですが、その他の料理も美味しそう。まずはビールで乾杯することに。ビールは600円です。注文したのは小エビのにんにくオリーブ煮、エスパーニャ風シーザーサラダ、イベリコ豚の肩ロースステーキ、ミックスパエリアです。値段はそれぞれ、810円、760円、1000円、1430円。ちなみにパエリアですが、世界で賞賛されたのはイカスミのパエリアです。しかし、初回訪問でオススメなのはミックスパエリアだそうですよ。

▼ビール
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-

一番最初に出てきた料理は小エビのにんにくオリーブ煮。ぐつぐつと煮えたぎる小エビが美味しそうです。実際食べるとプリっプリでした。そして、バケットをオリーブオイルにつけて食べるのもまたウマい!続いて登場したのがエスパーニャ風シーザーサラダ。やはり健康のために、野菜も食べておきたいところですからね。

広告

▼小エビのにんにくオリーブ煮(アヒージョ)
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼ぐつぐつしている
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼プリップリ
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼エスパーニャ風シーザーサラダ
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-

続いては、イベリコ豚の肩ロースステーキが登場。わさびソースにグラタンのようなものもついていました。肝心のお肉ですが、柔らかくて、美味しいですね。

▼イベリコ豚の肩ロースステーキ
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼柔らかい
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-

最後に、ミックスパエリアです。だいたい1時間くらい待ったでしょうか。あつあつのパエリアの良い香りが周りに漂います。フライパンからおこげを削ぎ取りながらよそいましたが、お米に硬い部分と柔い部分があって、この歯ごたえがとても面白いんです。お味はさすがの一言。北海道にいながらにして、世界4位の味が楽しめるのですから、贅沢ですね。

▼ミックスパエリア
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼歯ごたえが良い
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼地鶏
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
▼氷も丸い!
パエリア -札幌のバル・エスパーニャ-
駐車場
営業時間 月曜日〜土曜日 18:00~27:00、日曜祝日 18:00~25:00
休日 年中無休
電話番号 011-532-0001
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 9 492 058*33

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください