• 温泉
  • TouristSpots
  • SouthernArea

源泉掛流のアート温泉 -乙部温泉-

2014/7/21

いこいの湯

いこいの湯は函館市の西北部に位置する乙部町の公衆浴場。源泉掛け流しの温泉で知られています。2015年に外観がリニューアルされて、光林荘と一つになりました。館浦温泉公園と隣接し、テニスコートやゲートボール場があります。光林荘の敷地内には館浦温泉守護神社が建っているので、昔は館浦温泉と呼ばれていたようです。また、乙部町の工芸家 中川真一郎さんの作品が建物の内外に展示されているのも特徴でしょう。

▼光林荘
乙部温泉 いこいの湯
▼工芸家 中川真一郎さんの作品
乙部温泉 いこいの湯
▼館浦温泉公園 素足のこみち
乙部温泉 いこいの湯
▼館浦温泉守護神社
乙部温泉 いこいの湯
▼アートギャラリー
乙部温泉 いこいの湯

浴場には4人くらいが入浴できそうな露天風呂が1つ、10人くらいが入浴できそうな内湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。浴室はそれほど広くはありませんが、絵画や彫刻が展示されていて、ちょっと変わった趣が楽しめるでしょう。そして、内湯のお湯はシャキッとする熱さです。露天風呂は目の前に庭があり、森林浴をしながら温泉が楽しめるスタイル。内湯よりも温いので、長風呂にはよさそうです。

▼内湯
乙部温泉 いこいの湯
▼露天風呂
乙部温泉 いこいの湯

お湯はナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で、淡黄色、微濁、弱塩味、無臭。温泉成分の総計は5.839g。浴場にはシャンプーやボディソープは備え付けられていないので、持参する必要があります。脱衣所には、トイレと無料のドライヤーが設置されています。光林荘で宿泊可能です。

▼脱衣所
乙部温泉 いこいの湯
▼脱衣所
乙部温泉 いこいの湯
泉質 ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 74.5℃
ph 7.2
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔病、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、やけど、きりきず、動脈硬化症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。貸切風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:400円。小学生:200円。幼児:100円。
営業時間 11:00~21:00
休日 月曜日
駐車場 30台有
電話番号 0139-62-3264
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 482 812 074*11

宿泊施設リスト

乙部温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

>
バリアフリーホテルあすなろ(Hotel Asunaro)
Booking
光林荘(Korinso)
Booking
じゃらん
楽天

Comment

Comment