• 2016/11/19
  • area
  • TouristSpots
  • SouthernArea

【知内の重内展望台】津軽海峡と重内平野の田畑が一望できる大パノラマ展望台

重内展望台

重内展望台は函館市の南西方面に位置する知内町にあるビュースポット。読み方はおもないです。津軽海峡と重内平野の田畑が一望でき、別名「大パノラマ展望台」と言います。重内神社の裏に標高50mほどの小山があり、その頂上にあるのが重内展望台です。徒歩で石階段を通って登ることができますが、車でも登ることができます。ただし、道は幅が狭く、駐車場も狭いので、ご注意ください。入場無料。駐車場も無料です。

▼展望台からの眺め
知内の重内展望台

知内には温泉も湧出し、800年の歴史があると言われる知内温泉で日帰り入浴が楽しめます。また、野湯もいくつかあるようです。

知内温泉

知内温泉は函館市の西南方面に位置する知内町の温泉地。知内の中心からは約12km近く離れた標高約50mの山の中に、一軒宿のユートピア和楽園がポツンと建ちます。残念ながら周りには、飲食店やコンビニなどはありませんが、知内ダムや重内展望台が近いです。知内温泉の歴史は古く、北海道最古の温泉と言われています。近くには25代続く北海道最古の神社として知られた雷公神社があり、大野土佐日記が残されているそうです。それによると荒木大学氏が1205年に山梨から一族郎党を従えて金鉱を探しにこの地を訪れ、1247年に薬師堂を建設して開湯したと伝えられています。確かに、北海道で1200年代の伝承や25代続く家系なんて相当珍しいですよね。Read More

▼温泉成分が析出
知内温泉 ユートピア和楽園

重内展望台の様子

太平洋に向かって一直線に伸びる道路と石階段の組み合わせがなかなかの面白さを感じさせます。210段ある不動明神の石段の先には社殿が建ち、その横に約15mほどの重内展望台が造られ、こちらも社殿のような佇まい。北から西にかけては樹々に囲まれているため景色は楽しめませんが、東から南にかけては視界が開けているので、気持ちの良い景色が楽しめます。

広告

▼石階段
知内の重内展望台
▼展望台
知内の重内展望台
▼展望台からの眺め
知内の重内展望台
▼展望台からの眺め
知内の重内展望台
入場料 無料
駐車場 無料駐車場3台有
営業時間 24時間
休日 冬季
電話番号 01392-5-7311
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 584 407 071*00

宿泊施設リスト

知内の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

知内

旅館清八(Ryokan Seihachi)
Booking
じゃらん
楽天
民宿まるた(Minshuku Maruta)
Booking
じゃらん
楽天
ビジネス民宿ユーターン(Business Minshuku U-turn)
Booking
じゃらん
楽天
竹内旅館(Takeuchi Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
横山旅館(Yokoyama Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
民宿たんぽぽ荘(Minshuku Tanpopo-so)
Booking
じゃらん
楽天
ビジネスホテル北都(Business Hotel Hokuto)
Booking
じゃらん
楽天
民宿ベガ(Minshuku Vega)
Booking
じゃらん
楽天
民宿なりさわ(Minshuku Narisawa)
Booking
じゃらん
楽天
海の宿 矢越(Umi-no-Yado Yagoshi)
Booking
じゃらん
楽天
民宿 まこちゃん(Minshuku Mako-chan)
Booking
じゃらん
楽天
海峡の宿 然(Kaikyo-no-Yado Zen)
Booking
じゃらん
楽天
小谷石海岸キャンプ場(Kotaniishi Coast Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
知内町ファミリースポーツ広場キャンプ場(Shiriuchi Family Sports Campsite)
Booking
じゃらん
楽天

知内温泉

ユートピア和楽園(Utopia Warakuen)
Booking

ところで、クラブツーリズムでは、日帰りのバスツアーから連泊のツアー旅行など様々なタイプのツアー旅行を用意しています。バスツアーなどは自分で運転しなくてもよいので、昼間からお酒を楽しむことも可能です。旅行先に選定されている観光地は利尻礼文・知床などの国立公園や富良野・美瑛など人気の観光地からハイキングや果物狩りなど季節や希望に応じて様々。ガイドさんの説明もあるので、より旅行の満足度が上がるかもしれません。自分で旅行をプランするよりも、気軽に旅を楽しみたいなら、ツアー旅行も検討する価値がありますよ。また、北海道に住んでいる方ならどうみん割も活用できるようです。興味がある方はどのようなツアーが用意されているか覗いてみてください。

コメント

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください